大みそかに7億円相当の宝石盗難 NY、周辺では警官7000人が警備

大晦日という大イベントを狙って7億円相当の宝石を盗むという、まるでリアルルパン三世のような奴がどこかにいるんですね。盗んだ宝石の使い道はわかりませんが、厳重に警備されているにもかかわらず、捕まらずに盗んで逃げきることができるという事は、ち密に計算され、大みそかを狙っての犯行だったのでしょう。こうして窃盗事件を起こしても、未だに犯人が見つからずに、未解決事件となるケースもあるわけですから、盗む側も絶対的な自信を持って犯行に及ぶのでしょう。

【AFP=時事】米ニューヨーク(New York)のマンハッタン(Manhattan)で昨年の大みそかに、600万ドル(約7億円)相当の宝石が盗まれる事件が発生していたことが分かった。現場に近いタイムズスクエア(Times Square)周辺では当時、毎年恒例の年越しカウントダウンイベントが催され、警官約7000人が警備に当たっていた。

被害に遭ったのはミッドタウン(Midtown)にあるインド系の宝石卸売業者KGKホールディングス(KGK Holdings)の事務所。警察の報道官がAFPに述べたところによると、昨年12月31日午後10時(日本時間今年1月1日正午)ごろ、窃盗犯とみられる3人組が建物に立ち入る様子が監視カメラの映像から確認されている。

3人は6階にあるKGKホールディングスの事務所にハンマーとバールを使って侵入。「指輪やイヤリング、ブレスレット、ネックレスの入った金庫2つを盗んだ」(報道官)という。

当時、建物の近くでは、年越しを祝おうとタイムズスクエアに詰め掛けた人たちの警備などのため、総勢およそ7000人の警官が配置されていた。

報道官によると、新年の60秒前から巨大なボールが落下し始め、日付が変わった瞬間に大量の紙ふぶきが舞う伝統行事「ボールドロップ」を大勢の人々が祝う中、午前0時を回って新年を迎えた直後に、3人組は盗品を持って現場から逃走したという。

容疑者は見つかっておらず、警察は3日現在も捜索を続けている。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする