タイタニック沈没に新説? =原因は「氷山でなく火災」―英

映画タイタニックは誰もが見て感動した大作です。私もこの作品は何度見たことか数えきれません。確か当時はビデオテープで購入したと思います。次に何のセリフがくるか覚えてしまうくらい見ていた記憶があります。タイタニックの沈没は氷山にぶつかってしまったことで、船体に傷がつき、そこから海水が浸入し沈没に至ったとされていましたが、実際の沈没原因は火災だったという新しい説が浮上しているようです。このタイタニックは実話をもとにした映画なので、もしもこの火災説が正しければ、映画の根本から覆されてしまいますね。

IMG_0094

1912年に大西洋で1500人以上が死亡した豪華客船タイタニック号の沈没事故について、英国の研究者が「元の原因は氷山衝突ではなく、火災だった」との新説を唱え、話題となっている。

英紙インディペンデント(電子版)が1日伝えた。

この説を主張したのは、沈没の謎を30年以上追ってきたセナン・モロニー氏。タイタニック号が4月の出航前、ボイラー室で火災を起こしたことは指摘されてきたが、新たな写真資料から「右舷が約9メートルにわたって黒く焦げていた」点を突き止めた。もろくなった損傷部分に氷山で穴が開き、惨事につながったと説明している。

タイタニック建造元は乗組員に、火災について決して乗客に知らせないよう厳命していたという。モロニー氏は「火災、氷山、(火災後に出航させた)過失が重なった」ことが沈没を引き起こしたと結論付けた。

シェアする

フォローする