日体大・秋山、2年連続区間新の秘訣はカルボナーラ?

お正月になると必ず見てしまう箱根駅伝。毎年同じような大学の名前が並びます。やはり力を入れているだけに足に自信のある若者が集まってくるのでしょう。脱水症状などで痙攣を起こしてしまったり、フラフラになりながらも次にタスキをつなげようと必死になって走る姿は、画面越しですがこちらにも力が入ってしまいます。最近では水分補給場所でなくても、水分を渡すことができるので、こういった危険な場面もなくなりましたが、ちょっと前にマラソン中に倒れてそのまま亡くなった生徒のニュースも報道されていたので、脱水症状はとても怖いですね。

IMG_0092

(3日、箱根駅伝復路 7位日体大)

復路の流れを決める山下りの6区で、日体大の秋山(4年)が2年連続の区間新記録。「去年の自分を超えなければと緊張したけど、区間新ペースだと沿道や監督から聞き、ラスト3キロは自信を持って走れた」。4キロを登った後、高低差約860メートルを一気に下る難コースを軽快なピッチで攻め抜いて13位から7位へ。前年の記録を8秒更新した。チームは2年連続の7位に入り、後輩にシード権の置き土産を残した。

元日の夕食から、パスタのカルボナーラを5食連続で食べて備える独自の調整法を2年連続で取り入れ、結果を出した。卒業後は、男子マラソンの元日本最高記録保持者、児玉泰介監督率いる愛知製鋼に入り、マラソンで世界を目指す。

シェアする

フォローする