中学教諭「100人の女子生徒盗撮、前任校でも」 熊本

教師たる者、常に生徒のお手本とならなければならないという言葉をよく聞きますが、確かにやり過ぎだろ言うというような責任まで押し付けるのはどうかと思いますが、盗撮に関しては100%この教師に非があったと思います。自分だけで楽しむのならまだしも、流出させてしまうという手口があくどいですね。たくさんの人の目に触れられることに快感を覚えるのでしょうか。性の対象を女子高生くらいの若い女の子に向けるような方は教職員は向いていないと思います。というよりもたいていの方は理性でストッパーが聞いている訳なのですが、どうやらこのブレーキ部分が故障してしまったのでしょう。

熊本県大津町教育委員会は23日、町立中学校の男性教諭(33)が授業中に女子生徒をタブレット端末で盗撮していたと発表した。関係者によると、教諭は「異動前からやっていた。これまでに100人ほど撮った」といった趣旨の説明を学校にしているという。

発表などによると、教諭の動作を不審に思った複数の女子生徒が15~16日に学年主任に相談。学校が16日に確認すると、教諭が盗撮を認めたという。私物の端末には複数の生徒の胸元などが映った動画7本があった。端末は授業で生徒のノートや資料をモニターに映し出すのに使っていた。

関係者によると、教諭は学校の聞き取りに「動画はパソコンに保存していたが、流出させてはいない。いけないと思ったが、やめられなかった」と説明。以前の赴任先でも同様の盗撮をしていたことを明かしたという。

教委の通報を受け、県警は教諭から任意で事情を聴き、提出を受けた端末やパソコンを調べている。教委は処分を検討する。(森田岳穂)

シェアする

フォローする