ビル窓清掃中に転落、81歳男性死亡 大阪

ビルの清掃中に転落して死亡してしまった男性の年齢が81才だったことに驚きました。こんな高齢者がビルの上で何をやっているんだ!?というのが初めに思ったことです。自営業という事なので、昔から手慣れた仕事だったのかもしれませんが、バリバリ働ける年齢でない方が4階のビルの上で作業していたら、見ているこちらがヒヤヒヤしてしまいます。こういった高所の作業現場も年齢制限などがなければ危険が多くありそうですね。

30日午前9時半ごろ、大阪市西区江戸堀の路上で、男性が倒れているのを通行人が見つけ、110番した。男性は道路脇の4階建てビルで窓の清掃作業をしていた兵庫県伊丹市鈴原町の自営業、秦重人さん(81)で、搬送先の病院で約2時間後に死亡が確認された。大阪府警西署は作業中に転落したとみて詳しい原因を調べている。

同署によると、秦さんはこの日、ビル屋上からロープでつるした板の上に乗り、一人で窓の清掃作業をしていた。屋上側に結束させていたロープの一部が外れたような形跡があるといい、同署は秦さんが結束の外れた衝撃でバランスを崩し、転落した可能性もあるとみている。

シェアする

フォローする