「思い出品」探しに支援の手=被災者「心の整理ついた」―糸魚川大火

糸魚川市で置きた大火災により、住むところも奪われ思い出の品も奪われてしまった多くの人たちを支援するために、焼け跡の現場で少しでも思い出の品が残ってないか捜索する活動が起きているようです。大切にしていた故人の思い出など、やはり目で見て形に残っているものが恋しくなるものです。常に心の中、記憶の中にいると分かってはいても、私たちの記憶は常に正常に働くとは限りません。思い出は思い出のままでいつの間にか思い出せなくなってしまったり、記憶が書き換えられてしまうようなこともあるかもしれません。何か一つでもいいから形に残ったものがあれば、残された人の希望となってくれることでしょう。

新潟県糸魚川市で起きた大規模火災から1週間となった29日、地元企業を中心とした被災者支援の人たちが、焼け跡の現場で本格的な活動を始めた。

家屋を失った被災者は支援者の手を借り、焼け残った「思い出の品」がないか、がれきの中を探していた。

同市社会福祉協議会によると、NPO法人や重機を持つ地元企業の社員ら約50人が、品物を探す支援に駆け付けた。

全焼したそば店「泉家」店主の山下晶弘さん(61)と妻典子さん(62)は店舗の焼け跡に入った。支援に来た建設作業員の男性が、探しやすいよう重機で大きながれきを横に寄せた。

山下さんらは軍手でがれきを払いのけ、店を守っていた七福神の布袋像を見つけた。典子さんは「これが見つかっただけでもよかった」と両手でなでるようにすすを払った。

製麺機の刃は壊れ、毎年振る舞う年越しそばを今年は作れない。山下さんは「心の整理がついた気がする」。典子さんは続々と励ましに訪れる常連客を相手に「小さくてもいいから、またこの場所で再開します」と誓った。

支援に参加した同市の菱川知春さん(74)は「年の瀬に被災して心が沈む方に、少しでも笑顔になってもらえたら」と話した。

シェアする

フォローする