【SMAP検証】芸人以上に笑いに厳しかった5人

お笑い芸人以上にお笑いに真剣だったといわれているSMAP。アイドルとしての活動よりもバラエティ路線で生き残るために、どんなつらいことでも引き受けて真剣に打ち込んでいたようです。当時はそのことで稲垣五郎さんが爆発し、中居君がカバーすることもあったようで、色々なことを乗り越えてきたSMAPだからこそのチームワークも見れたことでしょう。初めての5人旅も見ることができましたが、本当に仲がいいんだろうなと見ていることらが温まるような映像が盛りだくさんです。いつまでも見ていたいチームですが、もうないと思うと寂しいですね。

IMG_9887

【SMAP解散企画・SMAPとバラエティー】

「俺たちは、こういうこともやってかなきゃいけねーんだよッ」“聖地”西武園ゆうえんちでのバラエティー番組収録前、身体を張って笑いをとる企画への不満を、ヘアブラシを床に投げつけることで爆発させた稲垣吾郎に対し、リーダーの中居正広はこう言って一発、殴ったのだという。

「あのときの部屋、まだあったね」と20周年記念イベントのステージで懐かしんだ中居。「ジャニーズの歴史の中でも本当にすごかった」「あれこそ社会現象だった」と中居自ら分析する光GENJIの「次は俺たち」とデビューするも、各局に1~2本あった歌番組が激減。SMAPはバラエティー番組に活路を見出すことを余儀なくされた。

とは言え、芸人の森脇健児やバラドルと呼ばれた森口博子と共に『夢がMORIMORI』(フジテレビ系)に出ていた頃はまだ何をすればいいのかわからず、オチが決まらなかったり、リアクション一つにも遠慮が見られたものだ。が、その頃からである。「SMAPは番組が終わってから、再集合して反省会をやっているらしい」という噂が業界に広まった。「若手芸人でも最近はやらなくなったのに」と大物タレントらが彼らを評価し始めたのだ。

共演が多かった明石家さんまがいまだに若手芸人に話すエピソードがある。それは、ビートたけしらと大型特番に出ていた際、SMAPのヒット曲『がんばりましょう』の一節を合図に共演者らがリアクションをとることになった。さんまが「ここに振りはないんか」と聞くとSMAPからは「ないです」との答えが。しかし、わずか20分の休憩を挟んで収録が再開され、また『がんばりましょう』の一節が流れると、彼らは即興で考えた派手な振りでその場を盛り上げ、さんまもたけしもSMAPに追随。コーナーはおおいに盛り上がったという。

中居、草なぎ剛、香取慎吾の3人は『笑っていいとも!』でタモリからも笑いを教わった。3人の伝説の舞台『スマシプ』でのコントは、客いじりなどというユルイことは一切せず、絶妙の間とメリハリ、なりきりぶりだった。

芸人と同じか、それ以上に笑いに厳しかった5人。いまでは当たり前になったアイドルのバラエティー出演の道筋を彼らが示してくれたことは間違いない。

(放送作家・山田美保子)

シェアする

フォローする