3800年前のジャガイモを発見、先住民が栽培 カナダ

遥か昔に作られたジャガイモが発見されたようです。以前映画の話ですが、別の惑星に行って食物を育てることに成功するのですが、その時に育てる作物もジャガイモでした。やはりどんな環境でも育てやすい強い作物ということでしょう。今でも国をとわずに親しまれて、主食としても生活の役に立っています。今は美味しいモノが色々あるので何も感じなくなって島がちですが、断食後初のじゃがいもは、芋本来の甘みがあって最高に美味しく感じます。まるでサツマイモのような糖度を感じられるので、食べ物のありがたみを再確認するためにも定期的な断食はお勧めです。

IMG_9925

【AFP=時事】カナダ西部・太平洋岸のブリティッシュ・コロンビア(British Columbia)州で、少なくとも3800年前のジャガイモが多数発見され、北米大陸の先住民が作物を育てるために「畑」を作っていたことを示す初めての証拠となった。米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」12月号に掲載された論文で明らかになった。

論文を執筆したタンジャ・ホフマン(Tanja Hoffmann)氏とサイモンフレーザー大学(Simon Fraser University)率いる考古学者のチームは、当時の先住民が野生のジャガイモの収穫量を増やすために湿地帯を手入れし、整地していたと結論付けた。

今回の調査では、先住民ケイツィー(Katzie)が代々暮らす土地から、3768個の塊茎類に加え、成長中のジャガイモの近くに石を敷き詰め「畑の境界線」を作っていたことや、土を掘る道具だったとみられる木のかけら150片も発見された。ジャガイモは10月から翌年2月までが収穫期で、冬の時期におけるでんぷんの重要な供給源だった。

論文では「発見されたジャガイモは濃い茶色や黒色に変色し、多くはさや、または皮だけとなっているが、一部にはでんぷんが残っていた」と説明している。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする