<75歳以上免許保有者>10年で倍増 最多の495万人余

高齢社会になっているので当たり前のことかもしれませんが、75歳以上で免許を保有している人口が10年で倍増したようです。免許書を返納することもできますが、高齢になればなるほど、自分の運転に自信を持っているというアンケート結果も出ています。今まで無事故無違反だったりすると余計、自分は大丈夫という安心感を持ってしまうのでしょう。いつ手元や足元の操作が狂うのかわからない、急な持病や脳梗塞により運転が不能になる危険性も考えなければならない、こういったことを想うと年齢を決めて免許の返納を行った方がいいような気がしますね。

IMG_9891

◇今年6月末現在、警察庁のまとめ

75歳以上の運転免許保有者数が10年で倍増し、今年6月末現在で過去最多の495万人余りに達していることが警察庁のまとめで分かった。全交通事故のうち75歳以上の高齢者が加害者となる事故の割合も10年前の倍になり、自主返納を促す取り組みも広がっている。しかし、都道府県別で比較すると、地方ほど免許を保有する割合が高く、生活の足として不可欠になっている姿が浮かぶ。識者からは返納とは別の対策を求める声が上がる。

国は来年3月から、75歳以上を対象に免許更新や交通違反時に実施する検査で認知症が疑われれば、専門医の受診を義務付けるなどの対策強化に乗り出す。このため、高齢者(65歳以上)のうち75歳以上の免許取得状況などを調べた。

警察庁によると、2015年末現在の75歳以上の免許保有者は477万9968人。05年末(236万5533人)から10年で2倍超になった。最新のデータ(今年6月末現在)ではさらに増え、過去最多の495万3912人。全免許保有者に占める75歳以上の割合は05年末に3.0%だったが、15年末は5.8%、6月末には6.0%になった。NPO法人高齢者安全運転支援研究会(東京)の浦上克哉理事=鳥取大教授=は「20年代半ばには、マイカーブームを支えた団塊世代がすべて75歳以上になり、増加に一層拍車がかかる」と話す。

一方、15年1年間の交通事故件数は約51万件で、05年の88万3730件から4割超減った。ただ、75歳以上が過失の重い「第1当事者」となった事故の割合は、3.2%(05年)から6.5%(15年)に倍増。重大な事故も相次ぎ、昨年11月に福岡県みやま市で93歳女性の車がバイクに衝突し、乗っていた高校2年の男子生徒が一時重体に。今年10月には横浜市で87歳男性の軽トラックが登校中の児童の列に突っ込み、小学1年の男児が死亡した。

全免許保有者に占める75歳以上の割合を都道府県別に比較すると、長野が9.3%と最も高く、宮崎と島根が8.8%、高知と山形が8.7%と続き、全国平均(6.0%)を上回る自治体のほとんどは人口の少ない地域だった。一方、東京(3.4%)、大阪(4.1%)、神奈川(4.4%)など都市圏では軒並み低率だった。

松永勝也・九州大名誉教授(交通心理学)は「高齢ドライバーは身体的な衰えから状況に気付くまでの時間が長くなり、出合い頭の事故が多い。しかし、地方は車なしでは生活できない環境だ。自主返納ありきではなく、安全運転教育で事故を減らす取り組みが必要だ」と話す。【青木絵美】

◇地方ほど返納厳しく

全免許保有者の中で75歳以上が占める割合は九州・山口・沖縄では、沖縄、福岡を除く7県で全国平均を上回った。全国2番目の高率だった宮崎県警の担当者は「免許を返納してしまったら、買い物や病院に行く代替の交通手段がなくなってしまうと悩む高齢者の声をよく聞く」と話した。【松本光央】

シェアする

フォローする