“凄腕ガンマン”に称賛の声 男児襲ったナイフ男の凶行、食い止めた銃弾4発

日本の警察は銃を持っていても使用しないというイメージがあったのですが、実際に犯人に対して威嚇発砲や、実際に手傷をわせることもあるんだなと、このニュースを見て驚きました。今話題になっている凄腕ガンマンは、犯人に対して4発発砲し、すべての弾丸を足にヒットさせたようです。容疑者も命に別状はなく、他に犠牲者も出なかったので、この件で一気にヒーローになってしまいました。しかし外国のように誰でも発砲できる国にはなって欲しくないのが本音ですね。

IMG_9885

やはり男は、殺すつもりで警察官に向かってきていた。京都市北区で11月29日夜、刃物を持った男が母子を襲撃した事件。12月8日に殺人未遂容疑で再逮捕された同区衣笠開キ町、無職、小西威規(たけのり)容疑者(27)は、京都府警北署の取り調べに「殺そうと思って警察官にナイフを振り回した」と供述したという。そんな殺意を秘めた男と相対した30代の巡査部長は冷静だった。威嚇射撃の後、男に向けて放った4発すべてを足に命中させ、男の凶行を食い止めたのだ。

「撃ち合いをしている」「いや包丁を振り回している」…。緊迫した状況と物々しい雰囲気。付近の住民らは何事が起きたのかと不安を募らせていたという。現場近くに住む女性(41)は買い物から帰る途中で事件に遭遇した。たくさんのパトカーが集まり、ただ事ではない様子に驚いたが、何が起きているかは知らなかった。やがて、警察官が「やめろ」と叫ぶ声が聞こえた。

「声の方を見ると、男が右手に刃物を持って、振り上げていた」

男はパーカーのような服を着ていてがっちりした体格に見えた。やがて、「パーン」と乾いた音が響いたという。一方、自宅にいた主婦(55)は「刃物を捨てなさい」と警察官が呼びかけているのを聞き、窓の外を見た。

「刃物を持った犯人は、警察官に『捨てろ』と言われた後に何かわめき散らしていた。その後、そこから立ち去ったようだが、2、3発、パン、パンと音が聞こえた」

事件に気付いたタイミングの問題なのか、銃声を3発程度と認識していた近隣住民は少なくない。

「道路を歩いていると発砲音が1発聞こえて、警察官から危ないからと退避させられた。発砲音は全部で3発」(20歳の男子大学生)

「家で洗い物をしていたら、すごい発砲音が聞こえた。缶をたたくみたいな。3発以上は聞こえた」(45歳の女性会社員)

実際に巡査部長が撃ったのは、空に向けての威嚇射撃1発を含む5発だった。

事件は11月29日午後7時10分ごろ、同区鷹峯旧土居町の路上で発生。小西容疑者は、同区に住む母親(40)と妹(3)と3人で歩いて帰宅中だった男児(6)に、自宅から持ち出した食事用ナイフ(刃渡り約9センチ)でいきなり襲いかかった。

男児は頭を3カ所切りつけられて10日間のけが。かばおうとした母親も頭をナイフで刺されて軽傷だった。小西容疑者と母子らに面識はなかったという。通り魔事件は、無差別だった可能性がある。事件直前、小西容疑者に関連するとみられる110番や通報が相次いでいた。午後7時ごろ、現場近くの女性から「男が玄関ドアをたたき、殺すぞと言っている」という110番が入った。

午後7時10分ごろには、ミニバイクで付近を走行していた男性が停止した際に、近づいてきた男に素手でヘルメットの上から1発殴られたとして110番。同じ頃、通行中の乗用車が歩いてきた男を避けようと路肩に停車したところ、助手席側の後部ドアを男に蹴られ、にらみつけられたと、警察官に申告した。

「子供をナイフで突き刺し、殺そうと思って警察官にナイフを振り回した」

事件直後に銃刀法違反容疑などで現行犯逮捕され、後に男児らに対する殺人未遂容疑で再逮捕された小西容疑者は、取り調べにこう供述したとされる。北署の30代の巡査部長は、殺意を持った小西容疑者と遭遇したが、終始落ち着いていた。空に向けて1発威嚇射撃すると、小西容疑者の両足に向けて4発発砲。両足に2発ずつ命中した。

一方、捜査関係者によると、命中した4発の銃弾はすべて貫通していた。弾が貫通した直後は痛さもあまり感じず、動くことができるとされる。実際、小西容疑者もまず足を1発撃たれたのだが、ナイフを持ったまま「殺してやるぞ」などと巡査部長に向かってきたといい、巡査部長は続いて拳銃を発砲したという。

巡査部長は小西容疑者から3~4メートルの距離で発砲したようだ。ただ、動いている対象に銃弾を命中させるのは難しい。捜査関係者は「威嚇射撃をし、その後全部を命中させており、巡査部長は非常に冷静だった」と指摘。インターネット上でも「冷静ですごい腕前」「普通の警官が緊急事態の発砲で両足に命中ってすごいな。訓練されているんだなあ」と称賛する声が相次いだ。

事件の現場と小西容疑者の自宅はさほど離れていない。近所の住民によると、小西容疑者は母親と2人暮らし。約1年半前に引っ越してきたが、小西容疑者の近所づきあいは少なかったらしい。ある女性は「家の表札には男女の名前があったが、母親らしき人の姿しか見たことがない。男性が住んでいたなんて知らなかった」と語る。

だが、付近では少しずつ、異変が起きていた。40代女性は「1カ月前から、不審な男の目撃情報があった」と振り返る。「私が見たのはそれから2~3週間後。誰かの家を探すような素振りをしていた。近所では『目がイッた感じの男がいた』と噂にもなっていた」別の主婦は「娘が事件の数日前から、小西容疑者宅の方向から男性の大声が聞こえたと話していた」と打ち明けた。

近くの男性は、事件当日の日中、小西容疑者宅から男女の言い争う声を聞いた。そのうち「出て行け!」という男性の怒鳴り声がし、女性が自転車に乗って走っていったという。北署によると、小西容疑者の母親は「外出して夕方に帰宅したら(小西容疑者)の姿が見えなかった」と説明しており、関連があるのかもしれない。北署によると、小西容疑者は精神疾患で通院歴があるといい、同署は慎重に調べを進めている。

シェアする

フォローする