いじめ暴行で重体、市や同級生らに1億円超の賠償命じる

同級生からのいじめで集団暴行を受け、今も寝たきり状態で喋ることもできずに生命装置を繋げられた子の親が、相手の生徒と市に対して、損害賠償請求を求め、約1.5億円の支払いが命じられました。しかしいくら支払ってもらおうと子供が元の姿に戻る保証はありません。こんな状態になるまで暴行を加えた生徒はもちろん、それを知りながら何も対応をせず容認していた学校や市に対しても怒りが収まりませんね。こうしていじめにより自ら命を絶ってしまう子供たちもたくさんいます。なぜ、そうなる前に何かできなかったのかと後悔が残らないように、今回のことが教訓となればいいのですが…。

埼玉県川越市で2012年、当時市立中学2年生の男子生徒が同級生にいじめられ、暴行を受けて意識不明の重体になったとして、生徒と保護者が、同級生3人とそれぞれの保護者、市を相手取り、介護費用など計約3億9千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、さいたま地裁川越支部で言い渡された。野口忠彦裁判長は市の安全配慮義務違反も認め、同級生と保護者、市で連帯して総額約1億4873万円を生徒と保護者に支払うよう命じた。

訴状などによると、生徒は12年1月5日、市内の公園で3人に殴られたり蹴られたりして意識不明の重体になった。原告側は訴状で、生徒は入学直後から3人に日常的にいじめを受けていたと指摘。学校はいじめを把握していたのに、その場限りの指導だけで放置し、生徒への安全配慮義務を怠った、と主張していた。

裁判で市側は「いじめと認識していなかった」と反論していた。同級生3人は傷害容疑で逮捕され、少年院に送致された。

原告側によると、生徒は今も意識が戻らず、胃ろうなど生命維持措置が必要で、目を開け寝たきりのまま、意思表示ができない状態。小さな頃に聴かせた音楽を耳元で流すと、目に涙を浮かべるなどの反応があるという。

シェアする

フォローする