ノロウイルス怖くて「餅つき中止」広がる…素手作業多く、感染が心配

お正月の恒例行事であるお餅つきが、ノロウイルスを危険視する声の広がりで中止する場所が増えているようです。確かにノロウイルスは恐怖ではありますが、こういった昔からの行事が徐々になくなってしまうのはとても寂しいです。我が子の幼稚園では臼で突く用の餅と食べる用の餅を分けていました。食べる方は専用の餅つきの機械で作っていたので、外気に触れず衛生面でもクリアしていました。こういった工夫をとりいれながら、どうにか続けて行ってほしいですね。

IMG_9717

ノロウイルスが全国的に猛威を振るう中、集団食中毒の恐れがあるとして、餅つき大会を中止する動きが広がっている。「やむを得ない」と理解を示す声がある一方で、「地域の伝統文化を守りたい」との考えから、ついた餅と違うものを提供するなど、工夫して伝統行事を続けるケースもある。

「やめた方が…」と保健所

国立感染症研究所が20日発表した定点調査の速報によると、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者数は、直近1週間(5~11日)で、1医療機関当たり19・45人。13都県で同20人を超える警報レベルに達した。近年では2006年、12年に次ぐ規模の流行という。

千葉県木更津市の郷土博物館は、23日に開催予定だった餅つきの開催を見送った。10年からほぼ毎年行っていたが、ノロウイルス対策を理由に中止するのは初めてだ。

地元の保健所から、「流行のピークなのでやめた方がよい」と助言されたという。同館は「昨年は子どもからお年寄りまで150人ほどが来場した。万一の時はたくさんの人が感染してしまう」と理解を求める。

岡山市の岡山聖園(みその)幼稚園も、年末恒例の餅つきを今年は中止した。「子どもが伝統文化に触れ食育にもなっていたが、子どもの健康が第一」と説明する。川崎市の武蔵小杉駅前の商店街や愛知県豊川市の豊川市民病院も、同様に取りやめた。

餅つきは手返しや切り分け、味付けなど、手で触れる工程が多く、手指についたノロウイルスから感染が広がりやすい。熊本県南小国町の保育園では、8日の餅つきが原因とみられる食中毒が発生し、園児や保護者など計52人が嘔吐(おうと)や下痢を訴えた。

感染しても発症しない人もいる。気付かないまま、多くの参加者が集まる場で感染を拡大させることも想定され、餅つきの開催に慎重になっている。

「つく用」と「食べる用」分けて…工夫し決行も

ノロウイルス怖くて「餅つき中止」広がる…素手作業多く、感染が心配

読売新聞社拡大写真

一方、感染防止策に取り組み、例年通り開催するところもある。東京都世田谷区の上町児童館では18日、餅つきが行われた。調理スタッフは全員マスクと手袋を着用し、子どもたちには消毒を徹底した。親子で参加した近くの主婦、三浦明子さん(40)は「餅つきは家庭ではできない体験。実施できて良かった」と話す。

シェアする

フォローする