保育園で白湯に“塩素”2時間の間に混入か

大切な我が子を預けている保育園の白湯から塩素が検出されました。幸いポットのお湯を飲んだ1歳の幼児3人には健康被害がでなかったようですが、何者かがポットの中に混入したという事でしょう。保育園と言えど、場所によっては部外者が簡単に入れてしまうところもあるでしょう。もちろん身近な人間が犯行に及んだ可能性もありますが、少しでも早く原因が解明されればいいですね。安心して子供を預けることができないという事は、仕事にも支障が出てしまうかもしれません。

IMG_9714

東京・江東区の区立保育園で1歳の幼児3人が飲んだ白湯(さゆ)から高濃度の塩素が検出された問題で、塩素は2時間ほどの間に混入したとみられることが分かった。

この問題は今月19日の午後5時頃、江東区辰巳第三保育園で1歳の幼児3人が飲んだ白湯から1600PPMという高濃度の「塩素」が検出されたもの。白湯を飲んだ1歳児3人に健康被害はなかった。

江東区によると当日午後3時頃に、ポットから白湯を飲ませた際に異常はなく、塩素は午後5時頃に再び白湯を飲ませるまでの2時間ほどの間に混入したとみられている。

保護者「やっぱり心配ですよね。危険なものだと思うので、信頼して(子どもを)預けているのでしっかり原因を解明していただいて」

保育園は警視庁に被害届を提出していて、22日夕方に臨時保護者会を開き詳しい経緯を説明する方針。

シェアする

フォローする