ナイスな発想!成田空港に大量ガチャ 両替できなかった小銭が土産に変身 日本らしさ重視、売り上げ3倍強

成田空港になぜ大量のガチャガチャが現れたのか?それは両替できなかった高価を余らせている人向けに設置されたものでした。これが見事にヒットし、以前よりも3倍の売り上げを伸ばしているそうです。今のガチャガチャは子供だけでなく、大人もハマってしまう程高性能で、小さな部品まで精密に再現されたミニチュア版も出ているので、ついつい手が伸びてしまいますよね。また何が出るのかわからないワクワク感はいくつになっても同じです。買ったところでそれをどうするかと、目的を聞かれると分からなくなってしまうのですが、その場の衝動は抑えられないんですよね。

IMG_9686

硬貨を入れてハンドルを回せば商品が出てくる「ガチャ」。成田空港に大量設置された画像が、ツイッター上で話題になっています。訪日外国人が帰国する際、両替できなかった日本の硬貨を持ち帰るぐらいなら、ガチャを回してお土産にしてもらおうという狙いのようです。「あまった小銭をオモチャに!」を合言葉に、外国人ウケしそうな171台を設置したのはタカラトミーアーツ。詳しく話を聞きました。

171台を設置

第2旅客ターミナル本館の地下1階に設置された171台のガチャ。「JAPANESE CAPSULE TOY GACHA」と書かれた説明書きがあり、「あまった小銭をオモチャに!」「なぜか日本で売れてます」といった文字が、日本語だけでなく英語や中国語などで書かれています。

タカラトミーアーツによると、設置したのは今年の7月29日。当初は9月末までの期間限定だったそうですが、好評だったため現在も継続しているそうです。両替できなかった硬貨を持ち帰るぐらいなら、お土産としてガチャを回すのに使ってもらおうというユニークな取り組みです。

今月5日、大量に並んだガチャの画像がツイッターに投稿されると、「うまいこと考えたなぁ」「これを思いついた人は商売上手」などと話題になり、リツイートは8800を超えています。

9月末までの予定が

どういった経緯で大量に設置することになったのか? タカラトミーアーツの担当者に話を聞きました。

――設置されているガチャの台数は

「7月にスタートした時は190台(380アイテム)でしたが、現在は171台(342アイテム)です」

――当初は9月末までの期間限定だったそうですね

「イベントが盛況だったので、継続して展開することになりました」

――日本らしさを重視した商品が多いようですが

「その点は意識して展開しています。成田空港限定の商品はありませんが、売り上げを見ながら、海外の方のウケがいいものを中心に展開しています」

シェアする

フォローする