「なりヤン狩り」の少年ら逮捕=川に飛び込み強要容疑―警視庁

「なりヤン狩り」と言って若い青年に無理矢理裸にさせて川で泳がせたり、暴力を振うなどして15歳と16歳の少年が逮捕されたそうです。同年代位の男の子であるにもかかわらず、こういったことをするのは、もしかしたら僻みや妬みからくるものなのかもしれません。それでもターゲットになった少年たちからしたら溜まったモノではありませんね。なりきれていないヤンキーの省略のようですが、そもそもヤンキーになんてならなくてもいいのです。ヤンキーだから偉いなどと錯覚しているようでは、まだまだ半人前ですね。

「なりヤン狩り」と称し、高校1年の男子生徒(16)を全裸にさせ隅田川(東京都荒川区)に飛び込ませたなどとして、警視庁少年事件課などは21日までに、強要容疑で東京都台東区の男子中学生(15)と文京区の無職少年(16)を逮捕した。

男子中学生らは「ヤンキーになりきれていない中途半端な連中」という意味で「なりヤン」と呼び、複数の傷害事件を起こしていたという。

逮捕容疑は8月7日午後10時~8日午前2時ごろの間、荒川区東尾久の隅田川に面する遊歩道に男子生徒を呼び出し、顔を殴るなど暴行。全裸で土下座させた上、川に飛び込ませた疑い。

同課によると、男子生徒にけがはなかった。男子中学生らは別の傷害事件で逮捕され、携帯電話に男子生徒が川に飛び込まされる動画が保存されていたことから、事件が発覚した。

シェアする

フォローする