レアポケモンで被災地・石巻に10万人、経済効果も20億円

もう沈静化したポケモンGOでしたが、まだまだ隠れたファンが存在したようです。石巻でレアポケモンのラプラスが現れたという情報で約11日間の間で10万人もの観光客が訪れたようです。全てがポケモンGOのためとは思いませんが、それでもこの影響は凄まじいモノがありますね。たかが携帯のゲームで交通費や時間を費やしてでも見つけにいきたいというその気持ちが凄い!私には到底考えられない行動力です。これも月日がたてば、何をあんなにも夢中になっていたのだろうと、自分でもわからなくなるのでしょう。

IMG_9666

宮城県は19日、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO」のレア(希少な)ポケモン「ラプラス」が同県石巻市などに出現した11月11日から21日までの11日間に、10万人の観光客が同市に訪れ、約20億円の経済効果があったと発表した。

岩手、宮城、福島の東日本大震災の被災3県と、今年4月の地震に遭った熊本県は、開発・運営主体の米ナイアンティック社と連携し、ポケモンGOを活用した被災地の観光復興を企画。宮城県が石巻市で11月12日に同社と協力して開催したイベントには1万人が来場した。

このイベントと前後した11日から21日までの11日間に同市内では「ラプラス」が大量に出現。多くの人がこのレアポケモンを求めて同市を訪れた。本来はラプラスの大量出現は23日までの予定だったが、22日に福島県沖を震源とする地震が発生したため、21日で終了となった。

県の担当者は「石巻付近にかなりの人出があり、想像以上だった。ナイアンティック社と新たなイベントについて打ち合わせを進めていきたい」としている。

シェアする

フォローする