入浴剤飲み49人死亡、ロシア都市が非常事態宣言

どうして入浴剤なんか飲むの?と思いましたが、以前アルコール中毒者の番組で同じような事象を見たことがありました。手元に酒がなくなり、酒を手に入れるためのお金もなくなると、例え飲料で着るものでなくてもアルコールが入っている物だったら何でも飲んでしまうようです。例えそれが薬品だったり、ガソリンであっても、お酒に近いものがあればいいようで、こういったことが今回の大量死亡事故につながったのでしょう。本来の使用目的とは違った方法で体に取り入れ起こった事故ですが、こんなにも多くの人が入浴剤を口にしていたとは驚きですね。

IMG_9663

【AFP=時事】ロシア・シベリア(Siberia)地方のイルクーツク(Irkutsk)市は19日、人体に有害なメタノール入りの入浴剤を安い酒代わりに飲んだ住民49人が死亡したことを受け、非常事態宣言を出した。

メタノールは不凍剤などに用いられるアルコールの一種。問題の液体は、サンザシの香りの入浴剤と表示され、ボトル1本が40ルーブル(約76円)で販売されていた。地元検察当局者の話では、同製品を飲んだ人は判明しているだけで57人おり、うち49人が死亡、残る8人も重症だという。

ロシア連邦捜査委員会はこの問題の捜査に乗り出し、数人の身柄を拘束。ドミトリー・メドベージェフ(Dmitry Medvedev)首相は、主に化粧品との名目で飲用に適さないアルコール製品が貧しい人々に販売されている問題について対策を講じるよう、閣僚らに命じた。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする