日本の女性が、下着をはくようになった理由とは?

最近では女子用の「ふんどし」も流行っているようですね。ふんどしは風通しもよく、締め付けないので、女性の下着としても良い!という話。プレゼントとしても喜ばれるようです。それにしても日本の女性は、いつから現代のパンツのような下着をはくようになったのでしょうか? 今回は、そんなエピソードです。

着物から洋服へと変わっていった、日本人の服。
明治に入って洋服を着る人が少しずつ増えたものの、1つだけ、なかなか定着しないものがありました。
それは……「下着」です。

江戸時代まで、男性は下着としてふんどしを着けていました。
では、女性は?というと、実はパンツのような下着ははいていなかったと言われています。
腰巻や襦袢は巻いていたものの、あとは何もつけず。
それが当たり前だったのです。

明治に入っても、西洋風の下着は存在したものの、なかなか浸透しませんでした。
体を締め付けるし、今までどおり何もつけないほうが快適だったのかもしれません。
ですが、あるとき、日本女性が下着を身に着けようと決心する、決定的な事件が起こります。

それは、昭和7年に起こった「白木屋の火事」。
かつて東京市の日本橋にあった日本橋白木屋百貨店……後の東急日本橋店(1999年に閉店)で、歳末の大売り出しの時期に、大きな火災が起きたのです。

逃げ惑う従業員やお客たち……。
若い女性たちもロープや命綱を使って建物の上から降りて来ましたが、風が吹くと着物がめくれ、下半身があらわになってしまいます。
それを必死に片手で抑えているうち、片方だけでは体重を支えきれなくなり、地上に転落してしまったのです。
下着をはいていないため、着物がめくれる羞恥心から負傷したとも言われた女性たち。
このことは、世間に大きな衝撃を与えました。

有事のときのために、下着ははいておくべきだ。
そんな教訓が、この火災をきっかけに叫ばれ、下着は重要だと考えられるように。
その後、日本女性に定着するようになったのだそう。

意外な事件から広まった西洋風の下着。
どんなことにも、きっかけというものはあるんですね。

(TOKYO FMの番組「シンクロのシティ」11月17日放送より)


「死ね」「うぜーよ!」新潟日報幹部が「壇宿六」の名で連発した暴言 地元弁護士批判してネットでバレて謝罪

ツイッター上で新潟県内の弁護士に誹謗中傷する投稿を繰り返していた人物が、地元有力紙「新潟日報」の現役社員であることが分かった。

この社員は相手の名前を呼びに捨てにして「弁護士の仕事やめろ」などと暴言を繰り返したほか、一般ユーザーにも「死ね」といった言葉を何度も書き込んでいた。

■「あなたは、Twitterにはまって人生をしくじる」と挑発も

誹謗中傷を受けたのは、新潟水俣病訴訟で原告の弁護団長を務める高島章氏。2015年11月20日夜、「壇宿六(闇のキャンディ-ズ)」と名乗るアカウントから突然、「高島、うぜーよ!ヘサヨ!」(原文ママ)という投稿が寄せられた。

壇宿六はさらに

「弁護士やめればいいのに。FXで儲けてるらしいから」
「こんな弁護士が新潟水俣病三次訴訟の主力ってほんとかよ…。テさ呆れるやら、患者さんがかわいそうやら…」(原文ママ)

などと侮辱する内容を繰り返した。「あなたは、Twitterにはまって人生をしくじる。悪いこといわないからやめなさい」と挑発する投稿もあった。

高島弁護士はJ-CASTニュースの取材に、暴言が寄せられるようになった直接のきっかけは分からないとした上で、「ツイッター上に『はすみリスト』に批判的な内容の投稿をしたからではないか」と説明した。

「はすみリスト」とは、「そうだ、難民しよう」などの文言が物議を醸した、はすみとしこさんのイラストに、フェイスブック上で「いいね」を押した人などの名前や勤務先の個人情報をまとめたもの。ネット上では、こうしたリストを作ってアップすることに批判的な意見が少なからずあった。

一方の壇宿六は、直接のつながりは分からないものの、ヘイトスピーチへの反対などを主張する集団「しばき隊」に同調するツイートを繰り返しており、リスト作成にも賛同していたとみられる。

壇宿六は11月21日未明にかけて高島氏のほか、一般のツイッターユーザーにも「お前は馬鹿」「この低脳。はよ、死ね」「アニメアイコンはクソなんだから死ね」などと暴言を連発。高島氏がツイッターで要請した電話でのやり取りも拒否していた。

しかし、11月23日になって流れが一変した。フェイスブックなどの情報から壇宿六の正体が新潟日報の社員ではないかと憶測が出たのだ。高島氏はすぐに壇宿六へ事実確認するツイートを送った。

 

「当方はアルコールを飲んでツイートしてしまい……」

 高島弁護士によると、11月23日13時ごろ「壇宿六」から直接電話がかかってきた。自分が新潟日報の記者で、上越支社の報道部長であることを認め、投稿に関して謝罪があったという。

壇宿六のツイッターでもその直後に、

「高島章弁護士に対して暴力的次ツイートに関して高島弁護士に正式に謝罪いたします。当夜、当方はアルコールを飲んでツイートしていたところ、高島氏があ私に関してツイートをしていることに腹を立て、高島氏を侮辱するツイートしてしまいました」(原文ママ)

とし、訴訟に関する事実誤認があったことなども認め、謝罪した。

高島氏によれば、この社員は新潟日報の役職者と訪問し、直接謝罪があったことなどから、同社員の謝罪を受け入れたという。

ネット上では、この「壇宿六」が過去に書いたとされる政府関係者やレイシストを誹謗する投稿が次々に公開され、新潟日報に対する批判も起きている。

新潟日報として社員への処分はどうするのか、紙面やサイトで声明などを出すのか。J-CASTニュースの取材に同社は

「このたびの事案に関する経緯や事情を本人等から聴取し、調査を進めている。社として対処すべきことがあれば、適切に対応していく」

と回答した。

 


客の顔から免許証まで晒した「セブン-イレブン」店員 「殺害予告」で警察沙汰、ツイッターは大炎上

大手コンビニ「セブン-イレブン」のアルバイトの30代男性店員が雑誌などを立ち読みした客をツイッターで罵倒したうえで、顔や免許証などを晒していたことが分かった。コンビニ側がこの店員を特定し、店員はツイートを削除して店を辞めていた。

この店員は、神奈川県内のフランチャイズ店舗に勤めており、「悪い店員」というツイッターアカウントを2013年5月に開設し、大量に客の悪口を書き込んでいた。

■アカウント名「悪い店員」で「デブ」「キモヲタ」と罵倒

「雑誌を買わずに読み散らかす輩って、田畑を食い荒らす害虫と同じだよね。 売り物の価値を一瞬で無にしやがる」

例えば、2015年8月27日のこのツイートでは、コンビニ店内で立ち読みしている男性客2人が特定できるような横顔の画像をアップしていた。手前にはドリンクが見えるため、冷蔵ケースの奥から撮影したとみられている。

また、カウンターのレジ越しに客を撮った画像もあったほか、防犯カメラの映像からとみられるものもあった。立ち読みしている客については、「デブ」「キモヲタ」「糞ニート」などと罵倒しており、名前や住所、職業なども晒していた。

2月1日には、「店員怒らすとここまでやられる」として、客の顔なども分かる免許証の写真を投稿していた。電子マネーの署名を晒したケースもあった。

さらに、店員は、自ら客の殺害予告をしたり、客を誰かが殺すように呼びかけたりもしていた。

13年5月13日には、客の名前と職業、車のナンバーを明かしたうえで、次回も同じことをした場合、「殺すから覚悟してろよ?」とつぶやいた。また、14年8月5日には、客の画像をアップしたうえ、殺したら自腹で5万円を支払うなどと書き込んでおり、同様なツイートはいくつもあった。

ネット上では、2015年11月18日ごろから一連のツイートが話題になり、疑問や批判が相次ぐ炎上状態になった。

 

8年前から?ブログや2ちゃんにも書き込み

 「言ってる事わからないでもない」と立ち読み非難には理解する向きもあるが、「客情報ばらしたらアカン」「これ大問題じゃね?」といった書き込みが相次いでいる。

この男性店員の情報もネット上で次々に暴かれ、店員がほかのツイッターアカウントやブログ、2ちゃんねるでも客の悪口を書き込んでいた疑いが出てきている。他のコンビニなども含め、同じような行為は8年ぐらい続けられたのではないかともいう。

11月24日放送のフジテレビ系情報番組「直撃LIVE グッディ!」では、この騒ぎを取り上げ、実際に悪口を言われた客へのインタビューを紹介した。

店員から13年1月2日に万引き常習犯だとして自宅への放火を呼びかけられた男性は、万引きを否定し、店員とトラブルになったこともないと告白した。公共料金の支払いのときに個人情報を取られたのではないかといい、警察に相談するかもしれないとした。男性はまた、ツイートに怒りながらも、「何のためにそんなことをしているのか」と疑問を口にしていた。

別の男性も、名誉棄損などの罪で24日にも警察に告発したいと話したという。

セブン&アイ・ホールディングスでは、20日に外部からの指摘を受け、調査した結果、男性店員と確認したとJ-CASTニュースの取材に答えた。店のオーナーが聞いたところ、店員はツイートした事実を認め、画像などを削除したうえで、20日のうちにアルバイトを辞めたという。今後は、警察と連携を取りながら、対処したいとしている。

店員は、この店に4年間勤めていたが、特にトラブルはなかったという。コンビニ側は、ツイートについて、これまで分からなかったとした。

客の立ち読みについては、「どの店でもありますが、困っているという話やトラブルなどは聞いていません」という。

店員がここまで異常なツイートを繰り返してきた理由については、まだよく分かっていないと言っている。


偽シャネルをネットで販売容疑、4人逮捕

有名ブランド「シャネル」の偽物の衣服をインターネットオークションで販売したとして、京都府宇治市の30代の女ら4人が逮捕されました。

商標法違反の疑いで逮捕されたのは、インターネット衣類販売業を営む京都府宇治市の前田美津子(34)容疑者ら4人です。

警察によりますと、前田容疑者らはインターネットのオークションサイトで今年3月、シャネルのTシャツの偽物1着を2180円で販売し、6月にはシャネルのキャミソールの偽物1着を1280円で販売した疑いがもたれています。

前田容疑者らは警察の調べに対し、「偽物を売っていたのは間違いない」と容疑を認めているということです。

前田容疑者らが管理する京都市伏見区の倉庫からは、シャネルなどブランド品の偽物、約180点が見つかっていることから、警察は、余罪を含め調べを進めています。


ホストクラブ帰りにタクシー料金踏み倒す 女逮捕

ホストクラブ帰りにタクシー料金をたびたび踏み倒していた女を逮捕した。
飲食店従業員・金澤 ちなみ容疑者は10月15日未明、東京・新宿区でタクシーに乗り、世田谷区内で運転手に、「わたしここに住んでいるんですよ。彼氏と同棲しているんです。お金取ってくるから待って」などとうそをついて降り、タクシー料金5,770円を支払わずに逃げた疑いが持たれている。
調べに対し、「ホストクラブにつぎ込んで金がなかった」と容疑を認めている。
周辺では、2015年7月から9件、同じ手口の犯行があり、警視庁は余罪を追及している。


<西武学園文理>学園長の流用が5000万円以上に

西武学園文理小学校(埼玉県狭山市)校長で、同校を経営する学校法人文理佐藤学園の学園長を兼務していた佐藤仁美氏(44)が学園費を私的流用していた問題で、流用額が5000万円以上に上ることが学園関係者への取材で分かった。佐藤氏は9月に校長と学園長を懲戒解雇されていたことも判明した。佐藤氏は問題発覚以降、体調不良で入院を続けているという。

佐藤氏の私的流用問題に関する調査委員会は9月、過去4年間で1000万円以上の流用があったと発表していた。その後の調査で、過去6年間で佐藤氏が小学生の修学旅行に同行した際などに使った経費が1億円に上り、流用額は5000万円以上になったと結論付けた模様だ。

同学園は9月、佐藤氏に役職からの辞任と私的流用分の返納などを求めていた。同学園は返納の有無や具体的な流用内容などについて、26日に記者会見を開いて説明するとしている。


1 78 79 80 81