話題 一覧

前園泰徳被告 元大学准教授“嘱託殺人”で懲役3年6か月

えええ~。本当に嘱託殺人なの?だったら遺書とかあるんじゃないの?いや、自分でそう頼むなら何かしら残すと思うよ!しかも薬で苦しんでいたっていうじゃん、助けてやりなよ。妻子がいるのに教え子と・・・本当のこと話して欲しいよね。絶対疑われるんだから、もしそうなら隠しカメラでもセットしておけば良かったんだよ。でもこれが嘱託殺人ではないとしたら、本当のことを洗いざらい話してきちんと罪を償って欲しいね。

前園泰徳被告(44)

10 10

赤とんぼの研究で知られる元大学准教授の男が、教え子の女子大学院生を殺害したとして殺人の罪に問われている裁判で、福井地裁は被害者に頼まれて殺したとする嘱託殺人を認め、懲役3年6か月の実刑判決を言い渡した。

この裁判は、福井大学大学院の元特命准教授、前園泰徳被告(44)が去年3月、福井県勝山市内の路上にとめた車の中で、教え子の大学院生、菅原みわさん(当時25)の首を腕で絞めて殺害したとして殺人の罪に問われているもの。前園被告は殺害を依頼されたと「嘱託殺人」を主張している。

裁判は「菅原さんの本心に基づく殺害依頼があったかどうか」が最大の争点となったが、29日の判決公判で、福井地裁の入子光臣裁判長は「睡眠薬を飲んでいたとはいえ、被害者に正常な判断能力がなかったとは言えず、本心に基づく殺害依頼がなかったとは言い切れない」などと弁護側の主張を認めて、嘱託殺人罪を適用し、前園被告に懲役3年6か月(求刑:懲役13年)の実刑判決を言い渡した。


寺内樺風被告 少女「無期懲役に」監禁2年の思い明らかに

こわいこわーい。中学生の頃から女の子を誘拐したかったの!?結婚して子どもを産んで育てればよかったんじゃないの?女の子と遊びたいなら誘拐なんてしなくても・・。しかも自作のドラック!?恐ろしい。怖すぎでしょ。そこまでして監視していない?よく言うわ!って感じですな。ホントこの少女が言うように無期懲役が妥当やね。

寺内樺風被告(24)

10

10

埼玉県朝霞市で、当時中学1年生だった少女を誘拐し、2年にわたり監禁した罪などに問われている男の初公判が開かれた。少女は2年間、どのような思いで過ごしてきたのか。裁判で、その一端が明らかになった。

【事件概要】

■寺内樺風被告(24)は、大学生として普通の生活を送る裏側で、異常な犯罪に手を染めていた。

■寺内被告は、2014年3月、埼玉県・朝霞市で当時中学1年生だった少女を誘拐し、約2年間、千葉市や東京・中野区の自宅に監禁。少女に重度のPTSD(=心的外傷後ストレス障害)を負わせた罪などに問われている。

■2016年3月、寺内被告の自宅から逃げ出した少女が、公衆電話で助けを求め、逮捕につながった。

■寺内被告は「中学生の頃から、女の子を誘拐したいという願望があった」と異常な誘拐願望を語っていた。

【初公判…「監視していた意識ない」】

■逮捕から約半年がたった27日、さいたま地裁で、初公判が開かれた。

■裁判長から、起訴内容について問われると、寺内被告は「誘拐して数日から数週間は監視していましたが、それ以降の2年間は、外出もしていたので、監視していた意識はありません」と、はっきりした口調で、一部を否認した。

■さらに、外出する際、内側から開けられないようドアに付けていた鍵については「接着剤で簡易的に取り付けていた程度で、簡単に取り外せるものでした」と語った。

【臓器売買ちらつかせ―】

■一方、検察側は、冒頭陳述で、犯行は計画的だったと主張した。

■当時、千葉市で1人暮らしをしていた寺内被告。計画を実行に移したのは、自宅から約50キロ離れ、土地勘もない埼玉県・朝霞市だった。偽造ナンバープレートを車に取り付け、下見を繰り返したという。

■誘拐直後には、自分で作った臓器売買に関する音声データを聞かせた上で「両親は借金があり、あなたの臓器を売ろうと考えている。そこで、私が保護する」という作り話をしたという。その後、約2年にわたり “監禁”生活が続いた。

【自作のドラッグ飲ませる】

■寺内被告とたびたびドライブに出かけていた大学の同級生は、日本テレビの取材に対し「小さい女の子がいた時に、それに対して、『ちょっと連れて帰りたいな』という発言はありました。軽く注意はしたんですけど」と語った。

■その時にはすでに、誘拐を実行に移していた寺内被告。検察側は初公判で、寺内被告が少女の洗脳を試みていたと主張した。

■寺内被告は「君は家族から見放されている。帰るところはない」と繰り返し言い聞かせると共に、洗脳が進むよう、幻覚作用のある薬物に似たドラッグを自分で作り、少女に飲ませたという。

【“自分探す両親の姿”心の支え】

■法廷では、少女が監禁中に書いたメモも読み上げられた。

■「家族と過ごしたり、友達と笑い合っていた元のように戻りたい。早く寺内を捕まえて。私の生活を返してよ。早く。早く」

■実は少女は、誘拐の翌月、2度、部屋から脱出し、公園にいた人に助けを求めたといいう。しかし、「忙しいから無理」などと言われ、全く話を聞いてもらえず、ショックを受けて絶望したという(供述調書より)。

■そんな少女の支えになったのは、パソコンで見た記事だった。そこには、自分を探し続ける両親の姿があった。「両親の記事を読み、涙が出てきました。両親は、受けいれてくれる、大丈夫だと思いました(供述調書より)」

【少女「無期懲役にしてほしい」】

■そして、2016年3月、寺内被告のもとから逃げ出し、無事に両親との再会を果たした少女。寺内被告に対しては「一生刑務所から出てこられない無期懲役にしてほしい」と供述調書にあるという。

■一方、弁護側は冒頭陳述で「寺内被告は、中学でいじめを受け、社会からの疎外感を感じた」などと、事件につながる過去について述べた上で「被告は事件当時、統合失調症だった可能性が高い」と主張した。

■弁護側は今後、精神鑑定を行うという。


松見謙佑被告 わいせつ東大生、法廷で語った身勝手な動機

裸にしてあつあつカップ麺をかけたってひどすぎでしょ。陰部にドライヤーの熱を当てるとか本当最低だね。被害者の女性かわいそうに。誰もたすけてくれんかったのかな?法廷の場で同じことされればいいのに。大学デビューみたいだけど、せっかく希望の大学に入れたのに調子にのりすぎでしょ!親はきっと号泣だね。

松見謙佑被告(22)

10

10

21歳の女性を裸にした上で、集団でわいせつな行為をした罪などに問われた東大生の男の裁判で、検察側は懲役2年を求刑した。法廷に立った男は「被害者を軽んじる気持ちが強くなった」などと身勝手な犯行の動機を述べた。
10
■今年5月、飲み会に参加していた21歳の女子大学生を裸にし、胸を触ったりするなどで強制わいせつの罪などに問われている東大生の松見謙佑被告(22)。

■松見被告は、共犯の東大生4人と共に犯行に及び、熱湯入りのカップラーメンの麺を女性の胸元に落としたり、ドライヤーの熱風を陰部に当てるなど卑劣な行為を繰り返したという。

■5日に開かれた被告人質問で、松見被告は「被害者を軽んじる気持ちが2次会から強くなって、行為がエスカレートしていったと思います」「そういった状況で、このようなことをしても許されるのではないかという愚かな思い、一緒にいた先輩たちを盛り上げようという幼稚な思いがありました」「お酒の影響もありました」などと述べ、犯行当時、罪の意識を感じていなかった様子をうかがわせた。

■前回の初公判で読み上げられた被害女性の供述調書には「笑いながら誰も止めようとしなかった」「やったことが最低なので、許せない」など、被告に対する怒りが記されていた。

■「東京大学誕生日研究会」というサークルを運営していた松見被告。事件前日、サークルのツイッターには、コンパを呼びかける書き込みがあり、女性は、その2次会で被害にあったという。

■このサークルの実態について、松見被告は「女性を誘って、合コンのような飲み会をしようと。そこでお酒飲んだ結果、同意の上でいやらしいことをできたらという思いがありました」と述べた。

■検察側は論告で「他人の気持ちに対する想像力が欠如しており、全く同情すべきものはない」と厳しく指摘し、松見被告に対し懲役2年を求刑した。松見被告は、事件後は毎日、被害者への謝罪の気持ちなどを、日記に記しているという。

■弁護側は、執行猶予付きの判決を求めた。判決は、今月20日に言い渡される。


淵純子容疑者 福岡4児死亡事件から1週間 母親に何が

本当に不可解な事件ですね。なんでネットのトラブルで子どもも殺して自分も死ぬとかっていう選択肢が出てくるのか。しかも育児とか関係ないんでしょう?本当に意味わかりませんね。しかも自分は手首ちょこっと切っただけらしいじゃん。全く死ぬ気ないよね。抵抗も出来ない小さな子ども惨殺のおそろしい犯人だね。確かに魔女みたいなかおしてるわ。

 

淵純子容疑者(41)

10

福岡県須恵町の住宅できょうだい4人の遺体が見つかり、母親が逮捕された事件から1週間がたった。優しく、おとなしい母親の印象と事件とのギャップに、周囲からはいまだに困惑の声があがっている。

この事件は今月22日、須恵町須恵の住宅で、この家に住むきょうだい4人が遺体で見つかったもの。死亡したのは、小学5年の長男・淵俊介君(10)、双子で、小学1年の長女・美唯ちゃん(6)と二女の美菜ちゃん(6)、そして、三女の美桜ちゃん(3)。
10
このうち長女の美唯ちゃんの首を電気ケーブルで絞めて殺害したとして、母親の淵純子容疑者(41)が逮捕された。純子容疑者は容疑を認め、「全員、同じケーブルで首を絞めた」などと、ほかの3人の殺害もほのめかしている。
10
この家でいったい何があったのか-。純子容疑者を知る近所の人は、普段の印象を次のように話している。

近所の人「(純子容疑者の性格は)優しくておとなしい感じ。(子どもの)髪の毛もきれいにしてあげたりしててね。服装もかわいい色違いを着せたりさせてたから」

「自分も子どもも死ななければならない」-現場に駆けつけた警察官に対し、こう話したという純子容疑者。捜査関係者によると、動機に関し、「インターネットの交流サイトでの書き込みを巡るトラブルがあった」などと供述しているが、その内容は、家庭や育児とは関係がないという。

近所の人「かわいそうですよ。かわいい子どもさんだったですもん。信じられない。怖いですね」

事件直前の今月19日と20日には、警察に思い込みとみられる通報をするなど、最近は、精神的に不安定な様子がみられたという純子容疑者。警察は引き続き、慎重に調べを進める方針。

 


岩埼友宏被告 女子大生刺傷、男を起訴「責任能力に問題なし」

この事件は何度記事を目にしても痛ましい。おそろしい事件ですよね。いくら身近だったとしてもアイドルとファンの関係というのがあっただろうにね。責任能力は問題ないでしょ。だってさー、きちんと電車に乗って富田さんが来る時間をめがけて待ち伏せしていたのだから・・・。ひぇー。本当にもう二度と出てきてほしくないけど、どうなるんだろ。

岩埼友宏被告(27)

10

10

東京・小金井市で芸能活動をしていた女子大学生がファンの男に刺された事件で、東京地検立川支部は「男の責任能力に問題はなかった」と判断し、26日、殺人未遂などの罪で起訴しました。

起訴されたのは、群馬県伊勢崎市の無職・岩埼友宏被告(27)です。起訴状などによりますと、今年5月、小金井市で、芸能活動をしていた大学生の冨田真由さん(20)の首などを殺意を持ってナイフで多数回刺し、殺害しようとした殺人未遂などの罪に問われています。

警視庁の取り調べに対し、岩埼被告は、「プレゼントを送り返されて恥をかかされた」「冨田さんと結婚したかった」などと供述。東京地検立川支部が岩埼被告を鑑定留置し、刑事責任能力を調べていました。


寺内樺風容疑者 埼玉・朝霞市女子中学生監禁事件 「どこの生徒か決めて探した」

なぜ誘拐なんてしたかったのでしょうか。事前に誘拐する場所や通学している学校を決めてから誘拐するとは、一般人の僕たちには到底理解できない思考を持っていそうですね。それにしても少女は無事に帰ってくることが出来てよかったですね。勇気をもって家を飛び出してよかった!この犯人はもう外に出てこなくていいよ。

 

10

埼玉・朝霞市の少女が誘拐され、2年ぶりに保護された事件で、逮捕された23歳の男が、「どこの学校の生徒を誘拐するか決めて、相手を探した」と供述していることがわかった。
寺内樺風(かぶ)容疑者(23)は、2年前に朝霞市で、当時中学1年の少女を誘拐した疑いが持たれている。
寺内容疑者は、「インターネットで誘拐する場所を探していたところ、朝霞市が田舎すぎず、都会すぎず、いい場所だと思った。中学校から1人で帰る少女のあとをつけ、少女のことを調べて誘拐した」などと供述しているが、その後の調べで、寺内容疑者が「どこの学校の生徒を誘拐するか決めて、相手を探した」と話していることが、新たにわかった。
寺内容疑者は「中学生のころから、女の子を誘拐したい願望があった」と話していて、事前に下見をするなど、周到に準備して、少女を誘拐したとみられている。
また、少女は監禁されている間、「自分が使えるパソコンも与えられていたが、寺内容疑者に閲覧制限をかけられていた」などと話していることがわかった。
少女は、「逃げるときのために、生徒手帳と、部屋で見つけた500円玉を隠し持っていた」とも話していて、厳しい監視下に置かれていた中で、隙を見て逃げ出したとみられている。

寺内樺風(かぶ)容疑者(23)

10

10

10


小保方晴子氏 小保方氏を参考人聴取、ES細胞窃盗容疑で刑事告発

本当に一番最初に記者会見かなにかで見たときは若いのに研究頑張ってすごい人だね、などと話題になったりもしましたが、もう一気に疑惑の人だよね。本も出したりしているけど、一体何がしたいのか正直わからない。誰かに仕組まれたとか言ってるみたいだけど、こんな調べたらすぐわかるもの堂々と自分たちの研究の成果っていえるものかね?

 

容疑を疑われている小保方晴子氏

00

STAP細胞をめぐる問題で新たな展開です。小保方晴子氏の研究室から見つかったES細胞が別の研究室から盗まれたとする刑事告発を受け、兵庫県警が17日までに小保方氏から参考人として任意で事情を聴いていたことが、JNNの取材でわかりました。

小保方晴子氏が開発したと発表したSTAP細胞をめぐっては、理化学研究所の調査委員会が、ES細胞が混入した可能性が高いという調査結果をまとめていました。

去年1月、理研の別の元研究員が「ES細胞は、別の研究室で作られ、何者かによって盗まれたものだ」として、窃盗容疑で兵庫県警に告発状を提出し、去年5月に受理されました。捜査関係者によりますと、兵庫県警は16日、東京都内の警察の施設で小保方氏から参考人として任意で事情を聴いたということです。

u‚r‚s‚`‚o×–Ev‚ðŠJ”­‚µ‚½¬•Û•û°Žqƒ†ƒjƒbƒgƒŠ[ƒ_[‚Q‚W“úŒßŒãA_ŒËŽs’†‰›‹æ‚Ì—Œ¤”­¶EÄ¶‰ÈŠw‘‡Œ¤‹†ƒZƒ“ƒ^[

理研の調査を受けて、小保方氏はこれまで、ES細胞の意図的な混入について否定し続けています。

「STAP細胞はあります!」(小保方晴子氏 2014年4月)

おととし4月、生物界の常識を覆すとまで言われた万能細胞「STAP細胞」の存在を涙ながらにあくまで主張した小保方氏。しかし、その後、小保方氏が所属していた理化学研究所は、STAP細胞は存在せず、ES細胞という別の万能細胞だった可能性が高いと結論づけました。小保方氏の実験サンプルからES細胞とみられる細胞が見つかったというのです。そして、去年1月、小保方氏の研究室で見つかったES細胞は、別の研究員が作ったもので、何者かが盗んで持ち込んだ窃盗の疑いがあるとして、兵庫県警に告発状が出され、その後、県警が受理していました。

小保方氏は、先月出版された手記で、こうした動きについて次のように記していました。

「私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれているように感じた」
「実際に、これら一連の発表は、私の上司にあたる人たちによって、周到に準備され、張り巡らされた伏線によって仕掛けられた罠だったとも受け取れた」

さらに、STAP細胞が存在する可能性を改めて示唆し、最後にこうつづっていました。

 

00

「不思議と今でも実験をしている夢を見る。でも、その夢から覚めた時、思い描いていた研究はもうできないんだなと思うと、胸が詰まり、涙が勝手にこみ上げてくる」

こうした思いを発表した直後に兵庫県警から参考人として受けた任意の聴取。小保方氏は、一体、どのような説明をしたのでしょうか。


天野圭介容疑者 キャバクラ“悪質”客引き13人逮捕 新橋

新橋って今そんなに悪質な客引きが多いのか。数十メートルもしつこいってそれはイヤだわ。苦情も言いたくなるね。それにしてもそんなに声頻繁にかけられるとはタフだね。それだけお金が儲かるって事もあるでしょうが、きっと天野容疑者は話し好きだったってことでしょう。29歳って若いのにね、なんだかもったいないね。

00

警視庁は先月28日、東京・新橋で、キャバクラ店の客引きに対する集中取り締まりを行い、男女13人を逮捕した。

警視庁によると、逮捕された天野圭介容疑者(29)ら男女13人は、先週、新橋の路上で、「飲みどうですか。キャバクラの方はいかがですか」などと数十メートルにわたってつきまとい、しつこく客引きした疑いがもたれている。
00
去年1年間の新橋エリアでのキャバクラ店の客引きに対する苦情は、2014年より140件増え、650件に上ったという。このため警視庁は先週、捜査員90人体制で集中取り締まりを行うなど、悪質な客引きの撲滅に向けた対策を進めている。


<ミラーレス車>公道へ 「カメラで代用」国交省が解禁へ

shikaku

◇16年6月にも新基準 死角減少に期待

国土交通省が、道路運送車両法が定める自動車の保安基準を改定し、乗用車やバス、トラックに備わるすべてのミラーをカメラとモニターで代用することを認める。ドライバーの死角をなくす高性能カメラを普及させ、交通事故の減少を狙い、来年6月にもミラーが全くない新型車が公道を走れるようになる。【内橋寿明】

【モーターショー ファッションの変遷は…】

自動車の国際基準を定めている国連の「自動車基準調和世界フォーラム」(WP29)が今月、一部のミラーに限定していた代用をすべてのミラーに拡大することを決めた。新しい基準は来年6月に発効する見通し。

WP29は、代用を認める条件を「映像がミラーと同じ範囲や画質」とした。ドライバーの違和感をなくすため従来のドアミラーやルームミラーとほぼ同じ位置にカメラやモニターを設置。夜間でも肉眼と同程度に見えるようモニターの明るさやコントラストを細かく規定した。

基準を満たせば、追加機能が認められる。国交省が期待するのは車体周囲を映すカメラ映像で死角をなくすこと。現行の保安基準は、車体の前や横に立つ子どもを運転席から視認できなければならないが、真後ろの視界については規定がない。だが、後進時の事故は多い。徳島市では10月、盲導犬と一緒に通勤途中の男性視覚障害者(当時50歳)がバックしてきた2トントラックにはねられて死亡した。運転手の後方確認が不十分だったとみられている。

また、右ハンドル車は車体左の死角が大きく、左折時の巻き込み事故が起きやすい。巻き込みを防ぐために肉眼の視野より広く映るカメラが有効になる。死角をカメラで捉える設備は一部で導入されているが、国交省は性能を高め更に普及させたい考えだ。

関係者によると、国内主要自動車メーカーは技術開発を進め、カメラは実用レベルに達している。ある大手幹部は「当面は死角を補うカメラとミラーが併用されるだろうが、性能が高まれば『ミラーレス』時代が来るかもしれない」と話す。

名古屋大未来社会創造機構の二宮芳樹特任教授は「雨の日や車内に荷物を置いた時、ミラーでは見えにくいがカメラだと鮮明に捉えることができる。氷点下など厳しい気象条件でも故障しないよう性能を高めることが大切だ」と話している。


<ハンセン病>家族ら提訴へ 差別波及で国に賠償や謝罪要求

国の誤ったハンセン病隔離政策を巡り、元患者の家族たちが「家族も深刻な差別被害を受けたのに、国は対策を講じなかった」として、国に謝罪や賠償を求める新たな国家賠償訴訟を集団で起こすことになった。隔離政策を違憲と認め、国に元患者への賠償を命じた国賠訴訟熊本地裁判決(2001年)当時の弁護団が全国から原告を募り、年明けに熊本地裁に提訴する。ハンセン病恒久対策で唯一枠外に置かれていた家族の被害に国がどう向き合うかが問われる裁判となる。

隔離政策の影響で、患者の家族は結婚や就職など社会生活のあらゆる場面で厳しい差別にさらされてきた。01年の違憲判決確定後、国はハンセン病補償法を制定し、元患者ら計1万1666人(8月1日現在)に補償金などとして500万~1400万円を支払ってきたが、家族固有の被害に対する救済措置は設けられなかった。

死亡した元患者の遺族は一時金を受け取ることができるが、元患者自身の賠償請求権を相続したという位置づけに過ぎない。患者の家族であることを隠している人も多く、弁護団は請求を諦めているケースが相当数あるとみている。

家族が元患者とともに国賠訴訟に加わり、自身の被害を訴えることは可能だったが、かつては家族同士の情報交換の場がなく、集団で声を上げる動きにはつながらなかった。弁護団の側に家族の相談に応じる余裕がなかった面もあったという。その後、03年に家族や遺族が「れんげ草の会」(事務局・熊本市)を結成。毎年開かれるハンセン病市民学会でも家族の問題が議論され、交流が進んだ。

また、元患者の遺族が単独で起こした訴訟で、今年9月に鳥取地裁が時効などを理由に請求を棄却する一方、「国は患者の子に対する偏見・差別を除去する措置を取るべきだったのに放置した」として、家族の被害に対する国の賠償責任を認める判断を初めて示した。これを機に、家族から「被害を訴え、国に謝罪を求めたい」との声が上がった。

隔離政策の根拠となったらい予防法の廃止から20年が経過する来年3月末で損害賠償請求権が消滅するため、弁護団は早急に原告を募り、3月末までに2回に分けて提訴する予定。特に被害が深刻だとされる元患者の子と、発症時に同居していた家族に原告を絞る方針で、既にれんげ草の会の8人が参加の意向を表明しており、今後さらに増える見通し。国の責任を明確にし、全ての家族に対する支援の制度化につなげたい考えだ。訴訟に関する問い合わせは、菜の花法律事務所(096・322・7731)へ。【江刺正嘉】

◇ハンセン病

感染力が弱い「らい菌」による慢性感染症で、主に皮膚や末梢(まっしょう)神経が侵される。かつては遺伝病と考えられて恐れられた。戦後は化学療法で完治するようになったが、日本では患者を根こそぎ療養所に収容する「無らい県運動」が全国的に繰り広げられ、患者だけでなく家族全員が厳しい差別や偏見にさらされた。1960年に世界保健機関(WHO)が差別法の撤廃などを提言したが、96年にらい予防法が廃止されるまで約90年間も隔離政策が継続。熊本地裁は2001年の判決で60年以降の隔離を違憲と断じた。


1 2 3 4 6