京急油壺マリンパーク 一覧

名前の割にはアクティブそうには見えなくもお子さんはアグレッシブ

最近期待の繁殖の展望を何処吹く風と同性カップルが地味に誕生している動物界ですが、そんなときだからこそ嬉しい三浦市「京急油壺マリンパーク」からの新たな誕生が祝福されました!しかもちょっとレアっぽい「キタイワトビペンギン」!名前の通り、岩場を飛び回る習性があるらしく可愛らしさよりも横広で威厳の方が高いタイプの外見です。黄色いヒゲやら眉毛やらがあるやつ。それでも当然のこと赤ちゃんの愛らしさは反則級ですけどね!ちょっと口パクパクしまくって愛嬌が半端ないです。同時に落ち着きの無さもリアクションとしてみてる側には嬉しいこと。何やら国内での繁殖の前例がない種らしく、カップル成立はしていたものの、一向に動きは見せずそれから3年後の先月にようやく苦労が実ったそうです。


重複縁起生物はネタに神職が祈願させるも普通に握手したい人が多そう

前に受験シーズンにてゾウの糞を絵馬っぽく加工(綺麗になってる)して配る動物園がありましたが、京急油壺マリンパークもその応援にプレゼントではなく、珍しいアシカで「げんかつぎ」をするイベントを来年1月いっぱいまで行っています。本来のアシカはお腹からツルッツル滑るわけですが、この「マリン」は何故か床に付けないことから「すべらないアシカ」と知られているのです!更に案外人懐っこいのかイベントの中枢として彼女(?)と握手しなんと更に受験生はその期間中なら入園無料と、とりあえず時間が作れるならば良い気晴らしにもなるでしょう。ちなみに家族など受験生以外が握手するなら200円。祈願お守り500円と、結局お金取れる現金なシステムになっております。ちなみに験を担ぐにはその時期色んなものがあるでしょうがこのマリンパーク、攻め時にはガンガン進むヤリ手なのかこのアシカには学問系たる海南神社より祈願式典が行われた二重の意味を持ってます。でもイベントとして一番滑って欲しくないのは従業員さんですよね。