娯楽 一覧

愛犬ぐでるはご主人以上に深刻過ぎる熱気の害

既に数年前からしつこいくらいの体感感想ですが、年々気温が酷くなってる気がする~。8月の酷さだけなら何時位だったか何年か前の方が異常だった気もしますが、近年春と秋が何時やって来て過ぎたのか実感できないほど早すぎて、6月なのに少し気だるくなるこの陽気。まだお天道様が絶好調じゃないのは分かってますけどね。ただし気温の変化が激しすぎて半ば弄ばれている気分です。人間よりも逞しいイメージのワンちゃん。そろそろ熱中症に怯えなければならないのは自分らだけではなく、舌を垂らしてゼハゼハ言ってる彼らも同様。誕生が寒冷地域で汗線頼るは肉球オンリーという実はこの時期に滅法ナイーブな生き物。人間同様ではなくそれ以下だと認識していないと大事なパートナーを失う危険だってあるのです。20度前後がベスト気温で人間の体感よりもアスファルトに身体が近いので体感涼しくなった程度は程好くデンジャー。日除けに風通し、水分摂取は当たり前として動物用の冷却グッズと少々面倒臭くても散歩の時間変更を早朝にするなど工夫を凝らしてみましょう。


五十過ぎは抽選で四十満たねば中止とかなりの慎重なツアー

クラゲの一室で行われる女子トーク!なんと水族館の展示室に一泊出来る「クラゲヒーリングナイト」なるイベントが6月27から28日にかけて開催決定です!幾ら焦がれても男子禁制そもそも未成年アウトの催しですので、異性のいない肩肘張らずに済む癒し重視のイベントって名目もあるんでしょうけど、ならば男性オンリーだってあってもいいでしょうに。まあ混合しないのはリア充と非リア充の隔たり解消と男女間のいさかいを考慮してってとこでしょけど。見ず知らずの人間集まり行う内容は普通に自由見学から記念撮影、講座にショーなどホントロマンある光景より一歩踏み込んだラブの領域ですね。夕食は水槽前で魚介類を食べると言う何ともシュールな光景ですけど、数々のショーとツアーにバックヤード見学などやっぱりマニア向きな面がありますね。その場で寝泊りすることがコンセプトなので二日目は九時にはショッピングタイムと早い切り上げになりそうです。計24時間もいないイベントですけど夕食朝食込みで12000円かっこ税込み。額に対しては食事の内容と寝床の環境次第と言ったとこでしょうね。


ワイルド過ぎて正気の沙汰を超える警戒のパートナー

ネタと興味との折り合いで意外と調べてルンルン気分だった動物お値段事情。飼育出来るかは別問題でもその気と覚悟があれば購入は見えるものが程好く遭遇できるから面白い。意外すぎる生き物だと実物の迫力に圧倒される自分ニワトリなので…。というわけでアナコンダと一言で爆弾投げると人々を丸呑みしまくる某洋画を思い浮かべてしまいますが、その獰猛っぽさに銃やら色んな生物以外を思い浮かべる人も少なくはないはず。去年海外の番組で生きたまま彼奴に飲み込まれようと向こう見ずな…ちょっとだけロマンを感じてしまった漢の挑戦があったことも思い出しました。パクンチョよりも代表的な絞めワザに断念しましたが。ちなみに1m未満まではセンチ500円とそこだけ聞くとリーズナブル。ただし3m以上からはセンチ2000円とレアリティ跳ね上がり!むしろ額より計算の仕方に仰天しましたね。ただし動物園の仕入れ値コンテンツで載っていたものなので価格イコール飼い易さはまったく持って一致するものじゃあないです。映画が誇張表現あっても撮影するに至った元があることをお忘れずに。


体感差あるも微笑ましい範囲での意外な疾走劇

個人的に栃木県といえば那須高原のテーマパーク!今話題になっているYouTubeで見れる「動物たちの帰宅ラッシュ」なるものは、牧舎から展示場に赴いている正に出勤とも言える彼らが文字通り仕事を終えて帰路に着く様!その姿を魅せることをイベント内容とし、決定した予定では7月12日までの土日で見学出来るそうなのでまだ結構時間的には猶予がありますね。その先に餌があるかのように目的を持って走る面々。コメントにあるほどの速度は感じられませんでしたが、その気になれば普通に接触できる人が歩く同じ道をダッシュしてるという意味では安全面では結構ギリ。どの道30頭(変動あり)の眼前に飛び出したら踏み荒らされるでしょうが。リアルタイムで過ぎ去る様子が飛び込んで来た、って視点ならばアルパカの疾走を壮絶に感じられた人と共感できるかもしれませんね。


羽ばたかずとも案外巨体な猛禽ベビー

シドニー生まれのフクロウの赤ん坊、名称グリフィンちゃんのお顔がハートでカワユイ!…って話ですけど個人的にはちょいと潰れたような顔に見えてむしろ今後の成長に期待というところ。まあフワフワ羽毛に穢れ無さそうな眼差しにはモチキュンキュンさせられますけどね!「レッサー・スティ・オウル」なんて種類らしく夜行性レベルが最もディープな子。バードショーの一員としてタロンガ動物園で訓練中ではありますが、まさか自宅での触れ合いも込みで膝上で癒される間柄にもなってるとか!丸で猫とじゃれ合っている様に身体を伸ばしそれを撫で気持ち良さそうにしている光景…この沸々メラっと湧き上がる感情は嫉妬でしょうか。まあ唯でさえワイルドでもデリケートで知られる彼らですから檻中見られるのもショー眺められるのも人間に対し自然に接せられる必要があるわけです。それにしても名前が伝説上の生き物から持ってくるとは中々にワイルドなことです。ファンタジー系や洋画で度々登場するので知名度は折り紙つきですけど下半身ライオンって意味じゃあイメージとは遠そうです。


無事であろうが視聴者参加型の生々しさは胃を締め付ける

アメリカ運営のディスカバリーチャンネルにて日本の芸能人が四苦八苦する大自然との取っ組み合いで人気を博した某番組の様なサバイバル番組が放映されるとのお題。ただ半端無しの特化志向と髣髴させるだけあって、笑いありのバラエティ感覚ではなく未経験者を集めての置き去りチャレンジ!職業多種多様かつ年齢幅も新社会人級から爺様まで男性オンリー構成でも波乱の予感しかない幕開けですね。全六話確定な時点で最悪の結果は回避済みなのでしょう。哺乳類系よりも食料を確保するという意味では虫を筆頭にゲテモノ類を眺めることになりそうなので、節足動物アウトな自分としては真っ当に耐えられるか微妙なところですけど、珍しいもの見れればと期待も同時に膨らんでいます。最低限といっても初日分の水以外は自分らで探す必要がありますし、道具くらいは与えられるでしょうが火おこしも安易なライターなんて禁止なのでしょう。見ず知らずの他人と一ヶ月も極限状態になったら妄想脳としては軽いサスペンスでも勃発する未来しか沸きませんね。ちなみにネタ確認そのものは数日前ですが、流れるのは6月13日からなのでもう少し気長に待つとしましょう。


色んな生物に立ち向かうコストと取り合いの世界

視線を奪う神秘の存在、海洋生物たちを扱う水族館話が最近後を絶ちませんが、生々しくもちょっと平和な動物のお値段的なトピックスを発見したので少し時間を割いてみた。確かに普通の家庭でどうこう出来るラクチンなキャストは中々いないだろうが、名称的でも馴染みがあるとそう遠い存在にも見えなかったりするわけですよ。とりあえず生息数から確保や世話の難易度、更に忘れていたのが運送関連。まず一度は触れてみたいペンギン様、どんな生物でも種類や状況で変動しますが、その知名度も兼ねてデケェのだと1200万。何か戦闘力の基準かなと目を疑いたくなりましたが、王様が800万との無慈悲な額。中国含めた色んな国で矢鱈水族館が作られてるらしく花形スターが取り合いになるのも無理はなし。そこから比べたら十分の一程度のお手軽種もいるらしい。そして想像の範疇で納得できるのがイルカちゃんで180万。ところが調教済みの芸が出来るってことでしょうか、それが凡そ三倍超。誇るべき技術を持つ専門職が途方もない努力を費やした額って聞くと想像もできないものがあります。ちなみに凶暴さも含めて高額なのがシャチとカバ。前者は言うまでもありませんが、後者は更に乾燥肌のカバーも必須だからとのことでした。


マニアックな趣旨で嫌悪感さえ引き出せる技術者

軽く調べれば色んな作品が眼前に飛び出すバルーンアート、趣旨違いっぽい今回のお題は単純に見惚れたキモ可愛さがそこにあったからです!先ずは最初に目に触れた薄い衣に破れたシャープさ、夏の始まりに情緒を感じるかウザさに溜息吐くか、そんな象徴セミの抜け殻。うんまあ何言ってるトチ狂ったと思われるでしょうがマジで風船で表現してんの。ジックリ見てると我が身の想像力の薄さかその内ダニに見えてくるけど、細かさや立体力が見事表れた技術は感服と言うほかありません。まあ丸や曲線や楕円で表現されているようなものなのネタによっては凄いことが見辛くはあるんですが。でこれまですっ飛ばしてましたが巨匠の名は「バルーンアーティスト・マツモト」氏。検索すれば一発かと。その造形の深さはモチーフたぶん問わず虫から魚まで風船あれば操り放題!イグアナも素敵なのったり感出てて日々色んな技術が進歩してるものだと実感させられました。今の時代突拍子のない発表が多すぎて聞いただけだとギャグか現実かの区別が出来なくなってます。


稀有な事態こそ観察時をファンに見せる愉快な担当様

色んな出来事が時過ぎれば記憶薄れると言いますがこと地震に関しては災害レベルにならなくとも震度3~5程度は忘れた頃には思い出せとやってきますよね。25日辺りもデカイのがやってきましたが自分はOhデケェとポーズのみで身構えただけでした。次はちゃんと逃げよう。そのタイミングでテーマに上がっていたのが地震前後のアニマルたちのリアクション。ネコ(正確にはイタチっぽいミーアキャット)が一斉に岩場に駆け上がっていく光景は何とも壮絶なものを感じますが、ノンビリぐでっとしているゴリラ様は何か人生悟ったかのような落ち着きぶり。尊大さすら覚えるお姿ですが野菜食う姿を見てると舐められてる気分にもなりやすね~。顔立ちなんで文句言うのも失礼か。自宅で動物とか飼育してれば身近に楽しめるかもしれませんけど、まずは一緒にテーブルの下に行くやら対策を決行しないとアホの子丸出しです。ちなみに映像は全く違う子ですが、無駄に感じるダンディズムフェイスで素直に惚れてしまいそう…。


飼育法で投げたくなる人へのせめて触れ合うための場

癒し成分欲したり家では飼育できない人を虜にする動物系ほにゃららカフェ的なものが随分増えているようで、今回珍しき紹介を目にしたのがフクロウカフェなるもの。実際のレビューに載っていた店は秋葉原駅から直の場所らしく安心くつろぎの予約制!穏やかそうな気性でも自らの嘴や爪が凶悪な武器となる彼ら。勢いで飼ってみるとその苦労は下手なペットの非ではなく、案外涙を呑むのが餌代と食事の世話。そんなの売ってんだ~と呆然気味に感心する冷凍のコオロギやマウス。機嫌悪くて食わないと一食無駄になるそうですし彼奴を食べ易く自前でカットしなきゃならないとの素ん晴らしいハードル。犬猫鳥と派手に違うそれらは安定のペットフードが無いことなんです!ふれあい面も慣れることはあっても躾けるは無茶との話。店そのものをプッシュしたいわけでもないですが、撮影まで可能としたこのサービスは手間と言う意味では他と一線を画したレアさでしょうね。


1 15 16 17 18