ニュース 一覧

可能性だけでも動かざる得ぬは愉快犯の的になる難儀

埼玉県狭山市にある「こども動物園」。去年爆破予告があったようですが、なんと5日の11時30分に電話で直接予告かかってきたそうです!その内容が12時30分に爆破すると…そりゃあ事務所もあと1時間って言われたら大パニックです。真偽の確認をしようにも警察を呼んで調査をするまでの時間もありませんし、実際爆発が何時であろうと危険な可能性があるってだけでお客を入れておくわけにはいかないでしょうからね。避難人数は総勢2000人を超えたんだそうです。どう誘導したかは分かりませんが、その際にパニックが起これば怪我人も出るでしょうし、とんでもない騒動です。結果としては爆発物は見つからなかったと言うことで、悪質な悪戯ってことになっているそうです。2連続こどもの日狙いと言うのは家族や子供に関する憎しみを持っているか…単純にそれだけの人数を動かすことが自らの力だと酔った阿呆ってところでしょうか?ただ埼玉県警が検挙してくれないと、来年も起きそうですね。


これまで見た事が無いはアテになら無い散歩事情

石川県の福正寺境内にてツキノワグマ出没!発覚はそこからで即座に110番通報をされたそうですが、クマだってじっとしてるわけではありません。好奇心があったのか単にふらついているだけなのか、650メートルの距離を移動しついに民家にまで現れてしまったのです!しかしそこの家主(芸人「ぶんぶんボウル」の実家と言う意味でも話題になっているそうです)が機転を利かせたのが今回の一番の盛り上がりどころ!事前にクマ関連の情報を知っていたのか、車庫に立ち入った隙にそのままシャッターを閉め。閉じ込めたんだそうです!ナイス機転!…その一室がどのような変貌を遂げるかという覚悟ありきの行動には素直に称賛します。そりゃあ安全確保優先となっても自分には即座に決断できるとか聞かれれば、悩んでるうちに気を逃すでしょう。結果として駆けつけた動物園職員が麻酔銃からの殺処分を行ったそうです。


衝撃はなくも残された異音の正体は侵入のタヌキ

メジャーなようで話題には余り上がらないのは害や接触の少なさ故か?珍しくタヌキが起こした騒動です。残念ながら新幹線が撥ねてしまった話ですが、この異例の接触…なにやら線路付近まで穴を掘ってやって来た可能性大とのことのなのです。というか近くに穴があったようです。東京発の新函館北斗行きだけあってその長い旅路の最中に訪れたまさかの急ブレーキ。新茂辺地トンネル付近でってことなので北海道での出来事ってことになります。自然を切り開いて作られた場所でも同じく切り開かれ登場されては対処のし様もなかったってことですか。原因が分かっても今更対処するにもどうしようもない状況ですし、タヌキにはかわいそうですが、自然動物が原因で大事故が起こらないことを祈るしかありませんね。


嘗ての安値が比較にならないほどの面倒ごとに

さて捕獲ワニガメが動物園iZooに引き取られ、元気な姿を見せ一段落するも束の間。今度は栃木市「渡良瀬遊水地」にて抱き上げようにも重量感バッチリの70センチサイズのワニガメが発見されたそうです。なんと陸地を歩いて駐車場で発見されたそうで、脱走の個体だとしても、川を流れてきた可能性もあるので悪意がないとしても飼い主の発見は困難そうですね。それが2日でのことで、4日には名古屋の公園「庄内緑地」にてワニガメかは分かりませんが、同じカミツキガメである個体が通りすがり…というか散歩中の利用者ですかね。その方の通報によって保護されたそうです。これだけ多いと何処かでつがいになって卵ぽんぽん産んでそうで怖いですね。基本飼育禁止になっているのがせめてもの救いですか。


飼い主思いに機転利くヒトあって初めて成る救出

主人のために駆ける犬!目的達成ならず、保護されてしまいましたが、希望の芽は摘まれる事なく交番の巡査部長へ託されることになったそうです。もうスッカリ明るくなるもそろそろ1日の終わりを感じさせる午後6時半。女子大生から「犬を保護している」との連絡に対して駆けつけた巡査がそのリードを掴むと…明らかに何処かに案内したがっている素振りあり!最近の賢いワンちゃんの活躍ぶりからただ事ではないと、感じたのか案内されるがままに歩を進めると…背中に怪我をして動けない主人を発見!骨折をしていたそうなので、正に九死に一生って状態です。その時間に病院に搬送されてないってことは1人暮らしである可能性は高そうですし。しかし大活躍でしたが、それは案内された人間も同じこと。どんな行動にも意味があると歩み寄らなければ発見も遠ざかっていたでしょうから。


パニックになる前に見事捕獲のペット騒動

黒豚って言うとまず美味しそう…と、身も蓋も無い印象が先立つ自分ですが、なるほど実際に見るとイノシシと勘違いしても可笑しくない色合いですね。別府市の住民より通報来るは110番。住宅街でのイノシシ出没は結構洒落にならないので署員も急行したと思われますが、行き止まりで既に追い詰められた後の要は状況で見たものは、黒豚ちゃん。ちなみにここまで誘導したのはドッグフードを持った住人。しかも飼い黒豚でした!それ食べるってことは案外食事は犬の餌だったんでしょうかねぇ?ともあれ無事主人も見つかったそうなので、お帰り頂いたとか。見ただけだと気性も激しくなさそうですし、安全そうな雰囲気ですけど、万が一でも誰かに怪我を負わせたら洒落にならないペット脱走ということをお忘れずに。


他人であっても人間の危機を察知できる賢さよ

周囲の明るさからしたら6時前後でしょうか?鳥取県で早朝散歩をしている老人とその柴犬「文太」くんが発見したまさかの緊急事態!普段のルートを通っている散歩コースから外れる文太くん。何か興味がある臭いを察知したか、大抵こんなリアクションには素直に従っておけと言わんばかりの発見ですが、辿り着いたその先には…水路で動けなくなっているおばあさんが!場所が2メートル下と言う事もあって身動きが取れなくなったのか、ともあれ普通に考えれば足を踏み外して落下した後ってことですよね。周辺見る限り田舎なので、車どおりが少なければ何時になっても発見されない可能性もあり。超お手柄です!尤も個人的に奇跡的だと思うのは、発見されたことよりも、その高さから落ちて軽傷程度で済んだおばあさんの幸運、または身体能力の方でしたが。


長野新町山中にて遺棄の21匹を保護するもまだ取り残された子あり

何の胸キュンだ!と一瞬思ってしまいましたが、よく見ると身を寄せ合っている場所が本来自由気侭な猫っぽさが些か欠如したようなものに見えたのは直後のことでした。纏まって日向ぼっこをしているような写真なんかは結構見たりはしますけどね。建物の角にかたまり数十匹が身を潜めるのは明らかに異常。そう、何の前触れもなく現れた集団なんだそうです。要するに遺棄されたんですね。大体4ヶ月から3歳程度にして、無事保護されたそうですが、総勢21匹。かなり多い数で人馴れしているからここまで捕獲できたってことですけど、警戒心強い子何匹かに逃げられてしまったそうです。季節柄凍死の心配は薄いでしょうが、まだ気温差が激しい今日この頃。保護された子達がみな殆ど何も食べてない状態にあるので、残った子達も衰弱しているものと思われています。


それだけの非道でスッキリ出来る人間は殺人予備群認定で問題ないと思う

猫虐待にして珍しく逮捕できた事例。そもそも起こってしまっていることが最大の難儀なのですが…。今回の凄惨たるものは東京都東雪谷に住む「小松卓也」容疑者が起こした野良猫10匹殺害になります。足が付いたのは叫び声か近所に捨てた死骸か。既に容疑を認めている状態で、理由が自己中心的過ぎる「仕事のストレス発散」だと語っています。だいたい半年近くで罠を使って捕獲し、熱湯を掛けたりと遊び道具にしながら殺害していたとか。親の敵でもあるまいし命を奪ってスッキリ出来るような輩はもう日のあたる場所に帰ってきてほしくはありませんね。というかストレスで非道が出来る人間を今更世に放ったところで仕事にも就けないでしょうし、同じことを繰り返すだけです。


営業停止命令は本人思うに単なる休業期間

実際自分では見てないので、ソースが何処かは分かりませんが、何やら初の猫カフェ営業停止という不名誉と言うか業界に泥を塗ったあの「ねこのて」のオーナー。何か休業命令後の1ヵ月後には再開する気でいるとの情報あり!でも周囲から悪臭の苦情が繰るようなカフェって再開したいほど儲けは出てたんでしょかね?ちなみに経緯からするとまだ新しく、去年11月より苦情が増えて年末近くに大量猫を発見。病気も多く、半年前の登録の10匹からここまで膨れ上がったとされています。この状況に歯止めを掛けるべく、2月に「3月26日期限の改善命令」を出し、今回の営業停止に至ったわけです。その際に元の10匹まで減少はしていたそうですが、病気や住居の不衛生さなどの問題が残っていたのが停止の理由。このオーナーが再開するに当って直にまた視察あっての停止になる可能性もありますが、何が不安って…どうやって「62匹から10匹に減らしたの?」って部分です。「売った」そうですけど、それってよもや安価で処分する悪徳業者じゃありませんよね?ちなみにオーナーは真っ当な知識もなく、その所為で猫たちは病気に陥ってしまったようです。


1 2 3 4 25