軽率な決定も権威立場で通してしまった負の遺産

固定の一種を駆逐するために導入されるような動物。しかし彼らにだって好みはありますし、より楽が出来るのならばあえて困難に立ち向かわないのは生物的にも当たり前。自分は今更初めて知ったことですが、沖縄のマングースってハブ狩りのために導入されるも、実は全然役に立ってなかったそうですね。その思惑を振り切って人間都合ですが、良く居る迷惑な外来種として島の希少種が散々捕食する迷惑ちゃんになっているそうです。根本的に持込が安易とされる理由は生態を理解していない状態だから。マングースは雑食であって別にハブが好物なわけでもなく、身体能力的には寄りラクチンなご馳走がウヨウヨしています。そして致命的なのが、夜行性のハブと活動時間帯がほぼ被らないこと。なにやら昔の権威ある名誉教授が発端となってやらかしたポカが現代の負債となっているのだそうです。ちなみにこの教授、今や環境省が頭を抱える「アメリカザリガニ」&「ウシガエル」を導入させた張本人でもあるとか…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です