長野新町山中にて遺棄の21匹を保護するもまだ取り残された子あり

何の胸キュンだ!と一瞬思ってしまいましたが、よく見ると身を寄せ合っている場所が本来自由気侭な猫っぽさが些か欠如したようなものに見えたのは直後のことでした。纏まって日向ぼっこをしているような写真なんかは結構見たりはしますけどね。建物の角にかたまり数十匹が身を潜めるのは明らかに異常。そう、何の前触れもなく現れた集団なんだそうです。要するに遺棄されたんですね。大体4ヶ月から3歳程度にして、無事保護されたそうですが、総勢21匹。かなり多い数で人馴れしているからここまで捕獲できたってことですけど、警戒心強い子何匹かに逃げられてしまったそうです。季節柄凍死の心配は薄いでしょうが、まだ気温差が激しい今日この頃。保護された子達がみな殆ど何も食べてない状態にあるので、残った子達も衰弱しているものと思われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です