聞こえは良いが現状は人より犬の命優先のタイ

日本では名を聞けばその恐ろしさは実感なくとも知ってるレベルだとしても、まだタイでは感染者が多すぎる狂犬病。何やら55000人ほどが年間で亡くなっているそうですからね。日本とは違う要因としては保護される事こそあれど、殺処分がないこと。一見素晴らしく彼方此方から称賛の声があがりそうな試みですが、他の部分に回される費用が遠慮なしにガバガバ投入されているのは確かでしょう。飼い主が悪質でありそれが発覚した際の罰則も厳しくなっているようです。ではそんな犬天国としてのタイに何の原因があって狂犬病に怯える人が多いのでしょう?それは年間6~8000匹が保護されていても、尚野良に蔓延る数が100000匹になっているからです!要するに頑張るべきタイミングが遅すぎたんですね。酷い言い方をしますが、現在狂犬病含むワンちゃんが多いのならば、殺処分なしに現状続けるのは同じだけの死人をあの世に送り出すだけ。結果的に犬の代わりに死者を出しているわけですから、やはり犬天国なのでしょう。ちなみに夜中に群れて襲ってくるケースもあるそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です