その一頭の誤差で災害後に更に奪われた命

大洪水で動物が放たれてしまった旧ソビエトのジョージアにて、動物園のトラは全て死亡したとの発表に安堵の色が見え始めてきた矢先!信憑性が覆されるまさかのホワイトタイガーによる死傷事件!一体何を数えて危険はなくなったと報道したのか、油断を招くだけ返って悪手となったようです。突如跳びかかり頸動脈に致命傷を負わせたこのトラ、動物園付近の倉庫に身を潜めていたらしく侵入者を警戒してか喉元目掛けてがぶり。人慣れするとむしろ懐くくらいは猫科お馴染みですけど、幼少期からの飼育ではなく途中入場で日も浅かったのでしょうか?尤も大浸水のパニックに普段の園内と違う場所に来たと言う状況に気が立っていても不思議じゃありませんけどね。赤の他人としての酷な言い方するなら油断しきった復旧中の街中に突如腹すかせた状態で襲撃されるよりは被害は最小で済んだかと。どの道対策ゼロ状態で誰かが発見する事態は回避できないんでしょうから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です