綺麗な海に一点の黒を浸透させる罪は如何に

なんとも黒い、海が心配になるほど真っ黒な爆発と共に海の藻屑となったフィリピンやベトナムなどの違法操業船ら27隻。制裁としての意味合いとしてインドネシア政府が行使した見せしめでしょうけど、どうみてもお魚側(リアウ諸島州にどれほど生息しているかは知りませんが)にとってはどちらも迷惑者でしょうね。処分に億単位のドルが必要だそうで、経済的には再利用した方が無難そうですけどね。物騒な話ですけど、逆に此処までのアピールをするんでしたら捕まえる前に沈めてしまった方が効くかと。逃げるならばその速度を上回る攻撃で撃沈せよ…とか。まあそれを行使して欲しいと政府に願うのはこっちの国民でしょうけどね。どのみち海を根城とする者たちには迷惑以外何者でもない人間のいさかいなのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です