どんな外見でも野生の自由さ加減は文化人に害をもたらす

近隣をうろついていない実家環境ではイマイチ実感の無いハクビシン問題。一見タヌキに見えそうな顔立ちに写真で見ても正直イタチとな~んの区別も付かない無知な自分には捕獲してモフモフしたい欲求しか沸かないフォルムですね。軽く検索すると駆除やら捕獲しまっせ、的なページが多くて本気でびびってますなう。近年の自然環境問題で山から観光に来てしまったようで、今年まだ半年経たないって言うのに和歌山県で計七匹の情報あり。どんなに見た目プリチーでも野生の生き物に文化や良識守れやって通じるはずもなく、むしろエキサイティングに電線走ったりとアクロバッティングなことこの上なし。見た目で舐めて傷害ありというより庭木遊び場になったり糞撒き散らしたりと生きてるんだからしょうがないよね、てへ。みたいな後手後手に回らされる始末。流石に天井で汚臭発生源にされている人の前では酷いことしないで、なんて言えませんよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です