繁殖可能な事実の代償か失われた命ありきの悲しい日

静岡県の日本平動物園からお目出度いホッキョクグマ「バニラ」の出産ニュース!…から急転直下の真っ暗闇。ペア相手の「ロッシー」との国内最年少ペアだった所為か、頻繁に生殖活動をするようになっていたそうですが、若者の快楽主義ヨロシクなのかとんだ災難になってしまったのです。行ったナゼそうなったのかは分かりませんが、バニラが子供を噛んでいたらしく外傷性出血死にて出産から間もなく天に召されることに!母性が芽生えてなかったのか加減が出来ずに歯がめり込んでしまったのか、何か世間知らずな若者の失態ってイメージがこびり付いてます。ちなみに彼女らは出産に対して兆候が非常に出難いので見張ることも難儀。明るい話題がお通夜ムードになってしまったこの日、果たして次の出産は迎えられるのか?次こそ生き延びることが出来るのか?楽しみというのもこの場合は不謹慎になってしまいますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です