面白ネタがあっても生かす料理が直食べられないのが辛いところ

苦手を克服するならその上手いと評判のものを食べろ!要はその名産の区域に赴けってこと。これは好き嫌い以外にも食わずの苦手意識に対して、微妙なものを食すとさらに悪いイメージが固着するものを防ぐ意味合いもありますね。1度美味いものを味わえば、後で質の劣ったものを食べるたあとも「まあこんなものか」で済まされたりします。中にはレア食材過ぎて修練積んだ料理人じゃないと酷い味になるってものもあるでしょう。この長い前振りを出したのは、竹島水族館で行われている「不味い魚展」が開かれていたから既に18日までなので終わってしまいましたが、定説ではマズイと評判のあれらに対する誤解を解くもの!根本的に食べられること知らなかったヒトデの一種たるマヒトデは極端に食べられる時期が短い上で調理困難というレア料理。卵巣のみが食材と成り、成功するとウニっぽく化けるとか。旅行などで名産地に行くことがあったら知らない料理にチャレンジするのはありかな?ってことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です