家族連れで満喫する休日すらも子供に引き継がれる悪徳授業

中国の鬼畜テーマパークが一つ、「田野緑世界」では闘鶏ショーなる催しにてかなりの人気を博すという既に来場者も外道という最近のイベントです。まあ日本でもハブとマングースなんてありましたから戦わせるのも余所のこと言えなさそうですが、あちらは競馬でもやってるかのような熱の入りようですからね。問題はここからで、本来あるショーの日ごとの回数は2度と決めているはずなのにあちらでの連休時期により客を寄せようと8回に激増しちゃったんですよね!鶏が嫌がって死んだ振りするワンシーンもあったそうです。これに関して「鶏が死んだら責任は担当にあり減給免れず」って焦りに水ぶっかけるとか…頭湧いてますね。どうやらこちらでの動物園と言う認識は日々の鬱憤晴らしに人間様に奉仕する家畜達って感じなんですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です