神に近づくほどに感動よりも禁忌的な恐ろしさが募ってゆく

別に鑑賞して楽しいわけでもないでしょうが、いまジョージア大学では絶滅寸前のネコ科動物の遺伝子を後世に向けて保存する「冷凍動物園」がプロジェクトされているのだそうです。ネコが選ばれているのは研究の進み具合から他の生物よりも実現に向けての難易度と瀕する危機的状況の総和でしょうが既に幹細胞とやらから精子生成については豚が成功例があるそうなので夢物語と言うわけでもなし。地域によっては人間の都市からは外れていても事故の結果減少の一途を辿っている種も少なくはありません。これって最終的にはどれだけ減ろうが幾らでも作る出せるから良いじゃん?ってことに不気味さどころかドライな感情になっていく機械的な未来人になりそうなSFっぽさが過ぎります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です