自殺志願者でも巻き込んで相打ちにするのは勘弁

どの国にも数の大小問わず取り合えず馬鹿はいるのかと思わされるカリフォルニア州テイラークリークの森の熊さんとのツーショット。これが去年の10月頃なのでシーズン前ではありますが、その季節頃に冬眠するための栄養目的なのか鮭狩りにやってくるクロクマが多数目撃されるようで、何を考えているのかそんな野性の凶爪相手に自分撮りを試みる阿呆が続出しているって丸で中国で聞けるような内容です。後は知りませんけどこのブームの際にはまだ死人はいないのか、写真サイトに自慢したいらしく無謀が繰り返されているそうです。例の人間襲えば味を占めるの理屈で愚か者でも一人八つ裂きにされた日には他の平穏鑑みて殺処分せざるを得なくなります。危険を顧みず生き延びてきた証拠とやらで悦に浸っているのか、やっぱり不特定多数に意見や感想ないし印象を与えられるネット環境がもたらした弊害の一つですね。お調子者がやりたい放題なのは性質が悪い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です