長崎 一覧

ゲームに30万円、親に怒られる…巡査4日失踪

スマホゲームに30万円も課金した男性が失踪!その理由は親に怒られるのが怖かったからだそうです。これだけの情報を見たら失踪したのはきっと小学生なのかなと思ってしまいますが、驚くことにこんな理由で失踪したのは20代の男性でありしかも長崎県警の巡査だそうです。もはや呆れて何も言えません。しかし、この男性は幼い頃から親に何もかもを制限されて育ってきて、少しでも言うことを聞かないときつく叱られるという洗脳を受けて来たんだろうなと思うとすごく同情してしまいます。自分の意思が一切尊重されず全て親の言われるがまま行動していると大人になってからもこのようなあり得ない行動を取ってしまうとどこかで聞いたことがあります。もちろん、そんな事実は一切無く普通の家庭で育ったにも関わらずこんな大人に育ってしまったという可能性もゼロであるとは言い切れないかもしれません。ただ、一般的な家庭で普通に育てられたにも関わらずこんな成長を遂げたのならそれはそれで恐ろしいですけどね。

長崎県警の男性巡査(20歳代)が今年2月、スマートフォン向けゲームに約30万円を使ったことを親に怒られるのが嫌で4日間失踪し、県警が巡査を本部長訓戒処分にしていたことがわかった。

処分は11月24日付。

県警監察課によると、巡査は県中央部の警察署に所属。2月2日の勤務中、ゲームで使った約30万円について、クレジットカード会社から支払いを求める督促状が届いたと、実家の母親から連絡を受けた。これ以前にも十数万円を使い、親との間で「ゲームをやめる」と約束していたという。同日は早退し、自宅に「捜さないでください」との書き置きを残して、失踪した。

書き置きに気付いた両親が、巡査が勤務する警察署に行方不明届を提出。山口県警が同月5日に、同県下関市内を車で走行中の巡査を見つけた。巡査は長崎県警に、「怒られるのが嫌で、お金が尽きるまで逃げようと思っていた」と話しているという。


「インスタ映え」フルーツバス停が人気 観光客増 長崎県諫早市が1400万円かけ”お色直し”

インスタ蝿たちよ、長崎県に新たに出来た「フルーツバス停」にたかれ~!長崎県諫早市(いさはやし)が、インスタ蝿たちを釣ろうと国道207号沿いなどに並ぶバス停をイチゴやミカンなどフルーツを模した可愛いデザインに建て替えたところ見事成功し、若い女性を中心に観光客が増えているとの事です。しかし、写真を見る限りかなりクオリティが高くて驚きます。同じように「インスタ映え」を狙って改装をしようと思っても大抵はショボいものしか出来上がりませんが、このフルーツバス停は人気が出るのも良く分かるほど完成度が高くて驚きます。これは、私も「可愛い」とつぶやきながら写真を撮ってしまうかもしれません。ただ、わざわざ自分が写るようには撮りませんし、SNSにアップロードなんてまずしないでしょうけどね。

長崎県諫早市小長井町の国道207号沿いなどに並ぶ、イチゴやミカンなどの形をした「フルーツバス停」が人気を呼んでいる。合併前の旧小長井町が整備し、地元ではなじみの風景だが、写真共有アプリ「インスタグラム」などで評判になり、若い女性を中心に観光客が訪れるようになった。市はさらに撮影を楽しんでもらおうと、今秋からバス停の“お色直し”に乗り出した。

 平日午後、イチゴのバス停で20代の女性2人組がスマートフォンで自撮りしていた。「カラフルでかわいい」「インスタ映えする」と長崎からのドライブの帰りに立ち寄ったという。

「私たちの前にも2組が車で来て写真を撮ってましたよ。うち1組は所沢ナンバーでした」と2人。

フルーツバス停は1989~99年、旧小長井町が特産品をPRしようと県営バスの停留所に整備。イチゴ、ミカン、メロン、トマト、スイカの形をした高さ3メートルのコンクリート製で、現在は計16基が沿線に並ぶ。

SNSで人気が過熱

 市小長井支所によると昨年、全国放送のテレビ番組で取り上げられてから注目が集まり、インスタグラムやフェイスブックなどの会員制交流サイト(SNS)で人気が過熱。インターネットで公開された写真には「本物そっくり」「おいしそう」などのコメントが書き込まれ、今夏には国内旅行サイトで「長崎のフォトジェニックな人気スポット」と紹介された。

「昔から子どもたちには人気でしたが…最近は明らかにファン層が違う」と同支所。バス停の多くは築20年以上がたち、壁面の色があせていることから市は本年度の一般会計予算に塗装費1400万円を計上。9月下旬から始まった“お色直し”は年内に終える予定だ。

国道207号沿いの洋菓子店「CoCoLo(ココロ)」(同市高来町)は今年からバス停の形をしたクッキーやドーナツを売り出した。代表の岡村佐己子さん(35)は「バス停の写真を撮りに来たお客さんがお土産用に買っていかれることが多い」と話す。こちらもインスタグラムで「かわいい」と紹介されてから売り上げが伸びているという。


ハウステンボス、入場料金を値上げ

最近は、毎年のようにどこかしらのテーマパークの入場料金値上げや閉鎖など利用者にとってはネガティブなニュースを聞くように思えますが、長崎県にある人気テーマパーク「ハウステンボス」も入場料金を値上げすることが発表されました。ハウステンボスは、今でこそ大人気テーマパークの仲間入りとなっていますが、私が高校生の頃に旅行で訪れた際は休日にも関わらずガラガラであり、「そう遠くない未来には廃墟となってそうだ」と思いました。しかし、そんな予想に反して新たに社長に就任した旅行会社HISの創業者である澤田秀雄さんの大胆な経営が功を奏して大復活することになりました。大阪にある人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」もそうですが、一度死に掛けたテーマパークであっても経営次第ではV字回復する可能性はゼロではありませんから、もしかしたら名古屋にできたばかりだあるもののすでに死にそうな「レゴランド・ジャパン」もきっと復活のチャンスが残されているはずです。

ハウステンボス(長崎)の入場料金が2018年3月1日から値上げとなります。現在4400円の入場チケットは4500円に、6900円の1DAYパスポートは7000円に(いずれも大人料金)。

ハウステンボスでは2017年に「VRの館」「バハムートディスコ」などの新施設を導入。また今後も「宮殿3Dプロジェクションマッピング」「黄金の館」を予定し、さらに新規取り組みとして無人島開発も計画しています。こうした場内環境の変化を受けて、入場料金を変更すると説明しています。