買収 一覧

米ディズニー、フォックス買収で正式合意!

ついに、ディズニーが数多くのヒット作を生み出してきたフォックスを買収!このニュースに喜んでいる映画ファンはかなり多いことと思います。なぜなら、これにより今まで映画業界では分裂状態だったマーベル作品の『X-MEN』や『デッドププール』が一緒になり、今後は『アベンジャーズ』にウルヴァリンやデッドプールなどのキャラクターが登場することになるかもしれません。しかし、これら強力なラインナップの頂点に君臨するのは「ハハッ」という鼻に付く笑い方が特徴的なネズミというのが恐ろしい。魔法の力で稼いだディズニーの財力は想像を絶する凄さのようですね。あっ、ちなみに『X-MEN』や『デッドププール』だけでなく『ファンタスティック・フォー』もアベンジャーズのメンバーに加わるかも知れませんが世界中で大コケしたためあまり需要が無いかもしれません。

ウォルト・ディズニー・カンパニーが14日(現地時間)、21世紀フォックスを買収することで正式な合意に達したことを公式サイトで発表した。これにより、ハリウッドは大きな変化を迎えそうだ。

ディズニーによる買収総額(債務引き受けを含む)は、およそ661億ドル(約7兆2,710億円、1ドル110円計算)で、『タイタニック』『エイリアン』などヒット作を生み出してきた映画製作会社20世紀フォックスをはじめ、テレビ番組制作会社、ナショナルジオグラフィックやFXといったケーブルテレビ局などを手に入れることとなった。

また、『デッドプール』などを含む『X-MEN』シリーズや、現在続編シリーズが製作されている『アバター』、テレビアニメ「ザ・シンプソンズ」といった人気作品の所有権もディズニーへと移行する。ディズニーはNetflixなどに対抗できるような、ストリーミングサービスを2019年よりスタートさせる予定であり、そのコンテンツの充実を目指していることが今回の買収の背景の一つにある。

会長兼最高経営責任者(CEO)のボブ・アイガー氏は「21世紀フォックスの素晴らしいコレクションを買収することは、これまで以上に魅力的でアクセスしやすく、便利で豊かなエンターテインメント体験に対する消費者の需要の高まりを反映しています。(21世紀フォックスのCEO)ルパート・マードックが、生涯にわたって築いてきたビジネスの未来を私たちに任せてくれたことを光栄に思います。また、私たちが消費者への直接的なサービスを提供するためにも、多くの人に愛されているフランチャイズとブランドコンテンツが大幅に増える、この素晴らしい機会に興奮しています。今回の買収により、世界中の主要市場でより多くの消費者にワールドクラスのストーリーテリングと革新的な流通プラットフォームを提供できるようになります」と語った。

一方のルパート氏は「私たちは21世紀フォックスで築いてきたすべてをとても誇りに思っています。ディズニーとのこの合併は、新生ディズニーが刺激的でダイナミックなこの業界でが先導を切り続けることで、株主にとってより価値のあるものになると思っています」と合意に至った思いを述べた。また、アイガー氏は、21世紀フォックスとディズニーの双方の要請により、2021年末までウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOを続けることに同意。ルパート氏は「ボブ・アイガーのリーダーシップの下で、この2社のコンビネーションは、世界における偉大な企業の一つになると確信しています。私はボブがとどまることに同意してくれたことに感謝すると同時に勇気づけられましたし、他に勝ることはないこのチームで成功することを約束します」とディズニーへの信頼もうかがわせた。

ディズニーは2006年にピクサーを、2009年にマーベルを、2012年にルーカス・フィルムを買収して大成功を収めている。(編集部・石神恵美子)


Google、HTCのスマホ部門を買収

HTCのスマホは良い評判ばかり耳にするため気にはなっているのですが、ずっとiPhoneを使って来ているため今さらAndroidに変えるのは少し躊躇してしまいます。そのため、私みたいにiPhone一筋な人には全く関係ないニュースではありますが、Androidスマホを利用している人たちにとっては今後Googleに買収されたことでどんな端末が登場するのか注目といったところだと思います。SIMフリーで端末代も安く、しっかりとOSのアップデートを実施できるというだけで、日本メーカーのスマなんかよりは断然需要は高そうに思えます。

米Googleは21日(現地時間)、同社製スマートフォン「Pixel」の開発に携わった台湾HTCのスマートフォン部門を買収すると発表した。買収金額は11億ドル(約1,200億円)で、Googleは現金で支払い、HTCが所有する知的財産の非独占的なライセンスも得る。これにともない、HTCのPixel関係従業員はGoogleのハードウェア部門に移籍する。

HTCはこれまでNexus One、Nexus 9、Pixelスマートフォンといったハードウェアの開発でGoogleと協業してきた。GoogleはPixelでハードウェアの自社開発に乗り出したが、今回のHTC Pixel開発部門買収により、スマートフォンなどのハードウェア自社開発をさらに加速させる狙い。

HTCは、今後も同社ブランドのフラグシップスマートフォンや、VR HMD「Vive」の後継製品などを継続開発していく。


三代目JSB 1億円でレコード大賞買収の「決定的証拠」

いつも大スクープを狙う週刊文春は、2015年の日本レコード大賞において日本のダンス&ヴォーカルグループ「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」が「Unfair World」という曲で獲得した大賞は1億円で買収したものだという確たる証拠を掴みました。おそらく、ほとんどの方が「あぁ、やっぱり厳正に審査された賞ではなかったんだな」という印象しか受けないと思いますが、これまで買収に関しては疑惑程度だったものがこのように確たる証拠が出てしまったことにより、日本レコード大賞そのものの地位が地まで落ちたと思って良いかもしれません。まぁ、CDが全く売れない日本においては、そもそもそんな賞に全く興味が無いと言う人が多いと思いますけどね。

20161027_003

2015年末の「日本レコード大賞」をダンス&ヴォーカルグループ「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下、三代目)の曲「Unfair World」が獲得した裏で、芸能プロダクション「バーニングプロダクション」が、三代目が所属する「株式会社LDH」に対して1億円を請求していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。

週刊文春は1億円の請求書の写しを入手。請求書は、バーニングが通常使用するものと書式や社印が完全に一致した。但し書きには〈年末のプロモーション業務委託費として〉と記載されている。

レコ大は、今年で58回目を数える老舗音楽祭だが、スポーツ紙の記者などが務める審査委員のレコード会社やプロダクションによる買収疑惑、談合疑惑が長らく取り沙汰されてきた。だが、これほど決定的な証拠が出てきたのは初めて。

「一番の問題は、バーニングとスポーツ紙が普段から昵懇の間柄だということ。“赤坂”(バーニングの所在地)が供給する芸能ネタは彼らには必要不可欠なんです。各社には『B担』と呼ばれるバーニング担当記者がいて、日頃から会食などで親密に付き合っています」(音楽業界関係者)

10月21日、週刊文春はバーニング、LDH、三代目のレコード会社であるエイベックスに事実確認を求めたが、ともに期限までに回答はなかった。

そのわずか2日後、LDH代表取締役のHIRO(47)が突如、今年限りでの社長退任を発表した。

週刊文春10月27日発売号では、芸能界最大のタブーの一つである「レコ大買収」について、詳細に報じる。

<週刊文春2016年11月3日号『スクープ速報』より>