英国 一覧

患者の肝臓にイニシャル焼き印

IQが高い人にはサイコパスが多いという話をよく聞きますし、映画や小説など創作の世界ではサイコパスの外科医が頻繁に登場するように思えます。しかし、それは物語の中だけでなく現実世界にも存在しています。なんと、こちらの医師は自分が手術した患者の肝臓に自分の名前のイニシャルを止血用の器具で焼き印をしていたことが判明していたようです。サイコパスが自分の犯行であるかを証明するように全ての被害者に同じようなメッセージを残すのとまさに同じ行動であり恐怖しか感じません。患者は医師を信じて自分の体にメスを入れることを容認しているのにこれは最悪の裏切り行為ですよね。まぁ、手術が失敗してしまうよりは良いかもしれませんけどね。ところで、日本を代表する漫画家の手塚治虫氏が書いた名作医療漫画『ブラック・ジャック』には、患者の骨にマジックでイニシャルを書くというエピソードがあるようです。私もブラック・ジャックが好きで全部呼んだことあるはずなのですが全く覚えていません。何だか久しぶりにブラック・ジャックを読み返したくなりました。

手術を受けている患者の肝臓に、自分のイニシャルの“焼き印”をしていたという医者が非難を浴びている。

英バーミンガムで働いていたブラムホール医師は、肝臓の移植手術の際に自分の名前のイニシャルを止血用の器具で焼き印を入れたという。通常は器具によってできた手術痕は無害で消えるが、術後のフォローアップで開腹した際にはまだ消えておらず、別の医師によって発覚することになった。

この事件が起訴されると検察は「倫理として間違っているだけでなく、犯罪行為そのものである」と暴行罪の求刑を求めた。ブラムホール医師はすでに病院を懲戒免職になっていると伝えられている。

ネットでは「患者の身体を勲章とでも思っているのだろうか」「なんてひどい自己愛」「自分がされたらと思うとぞっとする」「無害とはいえ、明らかな傷害罪」「外科はこういう人は多いよ」といったコメントが寄せられている。


マクドナルド従業員、英国で初のスト決行

どんなに酷い労働環境であろうともまずストライキが発生しない日本。そればかりか、日本の劣悪な労働環境を指摘すると「自分のところはもっと酷い」という謎のアピールまでしてしまう者もいる始末。最低賃金以下で働かされようとも、毎日サービス残業をさせられようともストライキを起こす者がいないため、労働基準法を一切守らないブラック企業がここまで蔓延ってしまうのかもしれません。劣悪な労働環境を改善しなくても何ら問題が発生しないのだから、ブラック企業はいつまで経ってもブラック企業のままなのでしょう。また、従業員の過労自殺により大手企業のブラックな実態が明るみになっても国は一向に改善しようとせずすぐに忘れ去られてしまうなかりか、2020年の東京五輪に向けて現在建設中の新国立競技場の建設現場で起きた過労自殺に関しては報道規制をして隠蔽するという最低な所業。最近は、ゆとり社員が定時に積極的に帰ろうとすることが問題視されていますが、そのゆとり社員こそが日本の労働環境を改善する最後の希望なのかもしれません。

米マクドナルド<MCD.N>の英ロンドンにある2店舗の従業員14人が4日、賃上げなどを求めてストライキを行った。同社従業員による英国でのストは初めて。

これらの従業員は時給を10ポンド(13ドル)に引き上げることに加え、勤務時間を固定しない契約の廃止や、労組としての承認を進めることを求めてストを決行した。

これに対しマクドナルドの広報担当は、ストに参加した従業員は組合員33人の半数に満たず、スト決行の理由は賃金や契約ではなく社内の苦情処理手続きに関するものだと説明した。

その上で広報担当は、店舗は従業員に勤務時間を保証した契約を選択できるようにしているが、これまでのところ従業員の86%が勤務時間が柔軟な契約を引き続き選択しているとした。

これらの労働者を代表する労組はまた、全英で店舗を監視するため、訓練を受けた労働者代表を配置するよう求めた。今年になってケンブリッジ店のマネジャー2人が、いじめと嫌がらせで停職処分を受けたという。

こうした中、ストを行った従業員を支援する小規模なデモが英国の14カ所で行われた。


英国、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止へ=現地紙

英国は、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止にするという思い切った大気汚染対策を発表しました!全世界からガソリン車とディーゼル車が消えて全て電気自動車に成り代わるのは理想的ではありますが、そもそも電気自動車がクリーンエネルギーであるかどうか疑問に感じてしまいます。もし、世界中で電気自動車が当たり前のように走るようになったとして、ガソリンスタンドでガソリンを入れるのと同じ感覚で気軽に充電ができ、さらに全ての車に電気を供給できるだけの莫大な電力を用意するためにインフラ整備をした場合、ガソリン車やディーゼル車が走っていたとき以上に自然破壊へと繋がってしまうのではないかと不安になります。もちろん、2040年までには電気自動車の研究がもっと進められ、もし自然環境に悪影響が少ないクリーンエネルギーと認められなければ中止になるとは思いますが、電気自動車がクリーンエネルギーだと信じて多額の予算を投じてしまった場合、不都合な真実は表に出ることなく隠蔽されそのまま強行されてしまわないことを願うばかりです。

英政府は、2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を26日に発表する見通し。大気汚染対策の一環で、電気自動車(EV)への完全移行を目指す。現地有力紙などが報じた。

フランス政府も先に、40年までにガソリン車とディーゼル車の販売終了を目指す方針を発表している。

英紙タイムズによると、英政府はモーターとガソリンあるいはディーゼルエンジンを組み合わせたハイブリッド車(HV)の販売も40年までに終了する方針。

デイリー・メール紙は、20年からは、最も大気汚染が深刻な道路で大気質の改善が見られない場合、地方自治体がディーゼル車に課税することが可能になると伝えた。