池袋 一覧

「ジョジョ」DIOの館がホラーハウスに! 花京院ファン必見“レロレロ”クッションも登場

2018年も『ジョジョの奇妙な冒険』が熱い!先ほどジョジョの作者である荒木飛呂彦氏が来年の夏に国立美術館で漫画家としては手塚治虫氏に告ぐ2人目の個展を開くというニュースを紹介しました。そして、今度は国内外から週刊少年ジャンプの作品のファンが集うテーマパーク「J-WORLD TOKYO」にて、2月2日から4月22日まで「DIOの館からの招待状~ジョジョの奇妙な冒険 in J-WORLD TOKYO~」というイベントが開催されることが発表されました。ジョジョの中でも特に人気の高い悪役「ディオ」が住まう館をイメージした迷路で遊べるとの事でジョジョの大ファンである私は今から興奮してしまいます。国立美術館で開かれる個展と同様にジョジョが大好きなお友達と一緒に遊びに行きたいと思っています。ただ、一つだけ不安がありほぼ間違い無くジョジョポーズで写真を撮ることになってしまうだろうということです。私もジョジョポーズは大好きなのですが写真を撮られるのが苦手であるためとっても恥ずかしいんですよね。しかし、花京院典明が恐怖を乗り越えたように私も恥ずかしさを乗り越えなくてはいけませんね。

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』の期間限定イベントが、東京・池袋のJ-WORLD TOKYOにて開催決定。DIOの館をイメージしたホラーハウスを中心に、ミニゲームの景品がすべて“花京院典明”というユニークな試みも展開される。

本イベント「DIOの館からの招待状~ジョジョの奇妙な冒険 in J-WORLD TOKYO~」の目玉は、DIOの館をイメージした迷路アトラクション。メインビジュアルには「恐れることはないんだよ わたしと友だちになろう」というキャッチコピーが記されており、どこか妖しげな雰囲気が伝わってくる1枚だ。

アトラクションの詳細はまだ不明だが、マルチエンディングを採用したロマンティックホラーハウスと銘打っており、危険な香りの館を楽しめそうだ。

また、本イベント内では、花京院とテレンスの名シーンを再現したミニゲーム「激走!F-MEGAダイスブースト」もラインナップ。作中に登場したTVゲーム・F-MEGAが描かれたダイスを使って、テレンス操るナンバー15のマシンより先にゴールを目指す。

ゲームの景品は、“レロレロ”や“ズアッ”をはじめ、すべて花京院の絵柄を使用。花京院クッション(全2種)、花京院カド丸缶バッジ(全10種)、花京院ポストカード(全10種)がプレゼントされるという、花京院ファンにとってたまらない企画となった。

そのほか、作中の名台詞をモチーフとしたミニゲーム「テレンスのもしかしてオラオラですか~ッ!?」や、キャラクターやスタンドをモチーフとしたオリジナルフード&デザート、オリジナルグッズなども販売予定。
「DIOの館からの招待状」は東京・池袋のJ-WORLD TOKYOにて、2月2日~4月22日に開催。

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会


サンシャイン水族館で魚1235匹大量死 酸欠が原因か

東京の池袋にある人気の水族館「サンシャイン水族館」にて、1235匹もの魚が大量死する事故が発生していことが判明しました。同水族館内で一番大きい水槽に入れられた不調な魚のために薬を投入した際に、薬の効果を高めるために空気の泡を使ってゴミやフンを取り除く装置を止めて普段とは別の装置を使って酸素を供給していたようですが、気付いた時には水槽内のほとんどの魚が死んでしまっていたとのことです。なお、同水族館でメインとなる水槽内の魚がほとんど死んでしまったにも関わらず、本日は一部の予定を変更するだけで通常通り営業を行うようです。予備の魚がたくさんいてそれを水槽に投入するのでしょうかね?それとも、まだ水槽をシートで覆ったままなのでしょうか?

東京・池袋のサンシャイン水族館は8日、大型水槽「サンシャインラグーン」で魚類1235匹が死んだと発表した。この水槽で飼育している生物の94%に当たり、酸欠が原因とみている。9日も予定を一部変更し、通常通り営業する。生き延びたのはトラフザメ、ヒョウモンオトメエイなど23種類73匹だけだった。

同水族館によると、7日午前に、一部の生き物の治療として薬品を投入。効果を高めるため、空気の泡を使ってゴミやフンを取り除く装置を止めた。別の装置で酸素は供給し、同日夜まで経過を観察していたが、8日朝に警備員が大量に死んでいるのを見つけた。水槽をシートで覆い、予定していた水中パフォーマンス、エサやり、探検ガイドツアーなどを中止した。

魚が死んだ水槽は同水族館最大の大きさで、2011年8月に改装した際に導入。温暖で比較的浅い海中を再現した。最大水深は2・5メートル、水量は240トン。厚さ13センチで3枚のアクリルパネルで覆われている。白い砂を敷き、光を調整するなど幻想的な雰囲気を演出している。


無音の音楽体験!?池袋で「サイレントフェス」開催

通常、音楽フェスを開催する場合には大音量でも近所迷惑にならない屋外、もしくは防音設備が整った屋内を場所を確保しなくてはなりません。当然、場所を抑えるだけでもかなりの予算が割かれてしまい、さらにステージ上で演奏してくれるアーティストや盛り上げてくれるDJも招待したら莫大な資金が必要となってしまいます。しかし、サイレントフェスならお客は全員同じ音声が流れるワイヤレスヘッドホンを着用するため音漏れを気にする必要はありません。しかも、音量も自由に調整できるため爆音にして踊りまくることも可能ですし、音量を小さめにしてお客同士で会話を楽しむことも可能です。ちなみに、私はサイレントフェスという存在を初めて知りました。端から見たらとんでもなくシュールな映像になりそうですが、本当にこんな状態で盛り上がれるのでしょうかね。普通にクラブに行った方が楽しめそうな気がしますが、もしかしたらサイレントフェスならではの楽しさも存在するのかもしれません。

東京・池袋の「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」は、数々のサイレントフェスを手掛けてきたOzone合同会社と組み「Silent Sky Fes(サイレントスカイフェス)」を来年12月まで定期的に開催する。

「サイレントフェス」とは、専用のワイヤレスヘッドホンを装着し、DJライブを共有して楽しむ、周りからは無音に見えるという不思議な音楽体験。

音量を自在にコントロールできるので、自分だけの音楽の世界にトリップするもよし、同じ音楽を聴いている会場の人々と盛り上がるもよし、BGM程度に聴き流し、東京の夜景を一望できる落ち着いた雰囲気の中で友達と会話をするもよしで様々な楽しみ方ができるイベントとなっている。

初回となる11月24日(金)は、200名限定で特別貸し切りイベントとして一流のエンターテイメントショーを楽しめる上、人気のVRコンテンツも乗り放題。

ハウス・ドラムンベースを中心としたDJプレイが展開され、GOGOダンサーが盛り上げる「Dance music area」と、ポップ・ロックを中心としたDJプレイを踊りながら美しい映像を楽しめる「Pop music area」の2エリアがあり、好きな音楽を楽しむことができる。

煌めく夜景の中で不思議な音楽体験を味わえる「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」に足を運んでみては。【ウォーカープラス編集部/中居千優】