北海道 一覧

日本初記録種「ハゴロモコンニャクウオ」発見! 北海道で採集

1985年に米国で初めて発見された深海魚「標準和名:ハゴロモコンニャクウオ」を北海道で採取することに成功し日本初記録となったようです。やはり、深海魚は不思議で興味深い姿をしているものが多いですね。今回日本で初記録されたこの深海魚も一見しただけだと「ちょっと変わった金魚」ぐらいにしか思わないかもしれません。ちなみにその大きな尾びれがまるで泳ぐ羽衣のようであり体表がゼラチン質で柔らかくコンニャクのようであるためこのような和名が付けられたようです。生きた状態で採取するのは稀であるため生態は不明な点が多いようですが、今回の発見により新たに研究が進むと良いですよね。なお、アクアマリンふくしま2階「親潮アイスボックス」にて3匹のハゴロモコンニャクウオが展示されているようです。泳ぐ羽衣をぜひ肉眼で見てみたいものですが残念ながら福島は少し遠すぎます。

いわき市のアクアマリンふくしまと北海道知床の生態調査などに取り組んでいる知床財団が共同研究で採集したコンニャクウオ属の一種が、日本初記録種だったことが13日までに、魚類学の専門誌で公表された。

同館によると、初記録となった種は、クサウオ科コンニャクウオ属で「ハゴロモコンニャクウオ」と標準和名が名付けられた。1985(昭和60)年に米国で新種記載された種で、これまで国内では発見されていなかった。標準和名は採集された北海道羅臼町の小学生が候補の中から選び、命名された。大きな胸びれを広げながら泳ぐ姿が羽衣をイメージさせることが由来という。

同館は同町沖水深200~800メートルの海域で採集した3匹のハゴロモコンニャクウオを展示している。体表がゼラチン状で、深海に生息しているため、生きた状態での展示は困難で、寿命や生存期間は不明という。


ふ化場サケ170匹を割きイクラ窃盗 北海道・岩内 69万円相当

毎年海水の温度の上昇に伴い数が減っており、今年も不漁となっている170匹のサケのお腹が切り裂かれ、お腹に詰まったイクラを全て抜き取るという凶悪極まりない窃盗事件が北海道で発生したようです。当然、素人がこのような真似をできるわけもなく、やはりプロの犯行なのはまず間違いないでしょう。もしかしたら、同業者による犯行かもしれません。また、盗んだイクラを自分で食べるために盗んだとは思えませんから、大量のイクラを取引するルートを持っている人物が怪しくなってきますね。しかし、今年のサケの不漁は本当に深刻なレベルのようで、イクラの価格はどんどん高騰するばかりですね。2018年のお正月は、イクラ抜きのおせち料理が全国の家庭で食べられることになるかも知れませんん。

池の周辺に卵を抜き捨てる

 【岩内】24日午前8時35分ごろ、後志管内岩内町野束(のづか)の日本海さけ・ます増殖事業協会岩内ふ化場を管理する岩内郡漁協職員が「雌ザケの腹が割かれ、卵が盗まれた」と岩内署に届け出た。同署は、サケの不漁で価格が高騰するイクラを狙った窃盗事件とみて調べている。

 同署によると、24日朝、漁協職員が作業のため、遡上(そじょう)したサケの集まるふ化場内の池を訪れたところ、周辺に雌ザケ約170匹が卵を抜かれて捨てられているのを発見した。盗まれたイクラは約87キロ分(69万円相当)とみられる。

同署は、漁協職員が最後に確認した23日夕から24日朝までの間に、複数人が敷地内に侵入したとみて調べている。

イクラ価格、昨年の倍以上

 漁協は「岩内ふ化場のサケが被害に遭ったのは初めて。卵が盗まれると3~4年後に遡上するサケの数に影響する」と懸念する。

札幌市中央卸売市場によると、24日現在、イクラの卸売価格は1キロ当たり7020~1万2960円と例年の2倍で推移している。


「Softly」が12月31日での活動休止を発表

えぇ!?最近プレミアム会員になったばかりのお気に入りの音楽ストリーミングサービス「Spotify」が活動休止!?どういうこと!?と思っていたら、「Spotify」ではなく女性二人による音楽ユニット「Softly」が活動休止というニュースのようです。えっと、どちら様でしょうか?申し訳ありませんが、初めて聞いた名前です。とりあえず、「Spotify」とは何も関係無いようで一安心しました。家にいる時も車を運転してる時も、さらには電車に乗っているときなども最近はいつも「Spotify」を利用しているため、無くなったらどうしようと心配になってしまいましたがただの見間違いでよかったです。せっかくですから、帰ったら「Spotify」で「Softly」を検索してみましょうかね。取り扱っていてくれると良いんですけど、邦楽は少ないため無いかもしれませんね。

北海道在住の女性2人組音楽ユニット「Softly」が23日、2017年12月31日で活動を休止することを、公式ホームページで発表した。

ホームページで「突然のお知らせではございますが、この度、Softlyは2017年12月31日をもちまして、活動を休止させていただくこととなりました」とファンに突然の報告。「二人より、Softlyとしての活動を休止したいと申し出を受け、真摯に向き合い考え抜いた決断と理解し、10代後半の多感な時期の全てをSoftlyに費やしてきた二人が、今後、よりアーティストとしても人間としても成長していくために必要な時間であると、心底前向きな決断であると受け止めました」と説明した。

さらにボーカルのMUTSUKI(20)は「16歳の冬にHARUKAちゃんに出会って、普通の友達とも少し違って、まるで姉妹みたいにも思えて初めての感覚でした。この4年間、時間を共に過ごし、同じ景色を見てきて、いつもHARUKAちゃんが隣に居てくれたから、弱い自分も強くなり、根拠のない自信すらも持てました。HARUKAちゃんとの出会いは、私の人生の経験の中で、最も素敵でかけがえのないものです」とコメント。ギターのHARUKA(20)も「これは別れではなくて、はじまりです。私は心の底から音楽が大好きで、もちろん永遠にSoftlyが大好きです。きっとこれからも音楽に生きます。皆様にまた何らかの形でお会い出来る日が来た時は宜しくお願い致します」とつづっている。

休止発表にファンはツイッターで「え!?Softly活動休止って…」「言葉が出ない…」「整理つかないけど、ふたりが決めたことなら応援する」などの声が上がっている。


黒いキツネ 今度は北海道・大樹町に出現!

マルちゃんシリーズのインスタントカップ麺「赤いきつねと緑のたぬき」が好きな私は、「黒いキツネ」という北海道限定の商品が存在するのかと勘違いしてしまいました。どうやら「黒いキツネ」とはそのままの意味であり、最近北海道で黒い毛色のキツネが連続で目撃されているというのです。黒いと一見しただけではキツネと分からず、犬と見間違えてしまいそうですが、れっきとしたキツネのようです。今後も、この黒いキツネの目撃情報が続出して話題になるようなら、その話題に便乗してぜひマルちゃんシリーズの新商品として「黒いキツネ」を販売して欲しいものですね。「赤いきつね」がきつねうどんですから、「黒いキツネ」は北海道ならではのうどんが良いのではないかと思います。しかし、北海道は何を食べてもとても美味しいというイメージがあるものの、新鮮な海鮮や北海道ラーメンの他はジンギスカンなど食べてみたいものはたくさんありますが、うどんというイメージは全くありませんね。北海道ではどのようなうどんが人気なのでしょうか?

北海道・大樹町で全身真っ黒という珍しいキツネが目撃された。北海道では、先月にも知床半島で黒いキツネの姿がカメラに捉えられている。

北海道・大樹町の畑で12日午後4時半ごろ、視聴者が撮影した映像に映っているのは、全身真っ黒なキツネ。一見、イヌのようにも見えるが、しっぽはフサフサ、口元は鋭くとがっている。

近くでは2年ほど前から目撃情報があったということだが、今回、撮影した男性は「初めて見ることができてうれしい」と話している。

黒いキツネの姿は先月23日にも北海道・知床半島に設置されたカメラが捉えていた。とても珍しい黒いキツネだが、野生のキツネに接触すると病気に感染する恐れもあるため、近づかないよう注意が必要。


夕張市長の「メロン柄名刺入れ」が大反響 まさかの品薄状態に

北海道の夕張市と言えば、綺麗なオレンジ色の実がとっても美味しい夕張メロンで有名でありますが、最近は深刻な財政難のあおりを受けて財政破綻したことでも有名になっています。そんな夕張市が、夕張メロンをモチーフにデザインした名刺入れを開発しツイッターにて発信したところ瞬く間に大きな反響となっているようです。たしかに、この名刺入れはとっても可愛くてオシャレ!間違いなくインスタ映えする名刺入れです。このオシャレ名刺入れを持って自撮りしてインスタグラムにアップロードすれば、瞬く間に大量の「いいね!」が貰えること間違いなしです。あっ!顔にあまり自信が無い方は、顔は映さずに名刺入れだけを撮った方が「いいね!」を貰えるかもしれませんね。

北海道夕張市の鈴木直道市長が9月23日、名刺入れを新調したとTwitterに投稿。名刺入れは、同市の特産品「夕張メロン」色で、ツイートはたちまち拡散しました。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

投稿は24日午後9時現在、2万件以上リツイート。「素敵」「名刺が果肉と種のデザインなら完璧ですね」などのコメントが集まっています。

また、夕張市は2006年に財政破綻が明らかになり、再建に向けて邁進しています。そのため「この名刺入れで再建がんばっていただきたいです。夕張メロンは最高のグルメです」と応援メッセージも寄せられました。

「想像以上の反響」

名刺入れは、革小物の製作・販売を手がける「andcompany」(東京都台東区)の商品。

同社は、赤肉に似せたオレンジの「夕張メロン色」と青肉に似せたライトグリーンの「クラウンメロン色」の2色のビジネス名刺入れを販売しています。ツイートの反響もあり、24日に夕張メロン色のネット販売分が在庫切れになったそうです。

同社の大澤慶久代表は、BuzzFeed Newsの取材に話します。

「想像以上に反響が大きくて、年内は今の在庫で余裕だなと思っていましたが、そうではなくなりました。びっくりしています」

普段、この名刺入れはメロンの産地に住む人による購入が主だそうで、今回は東京や神奈川からの注文が多く、大澤代表はこう笑います。

「市長さんが使うのは『なるほど。夕張のアピールになる』と。でも、ビジネス用なので一般の方はどうやって使うんだろうと正直思いました」

HPには「完全在庫切れとなった場合は、12月ころの再入荷予定となります。近日中に予約注文の方法をお知らせいたします」と掲載。店頭での販売分を残すため、ネットで販売再開するかは検討するとしています。

「まさか市長さんからとは」

そもそもメロン柄の革小物を作った理由は、遊び心があってかわいい革小物を作りたかったから。

素材である牛革は凸凹のデザインにできる特徴があり、メロンの皮をうまく再現できると考えたそうです。

「夕張メロン色」としたのは、牛革と夕張メロンが「高級」で一致したためです。今にも甘い香りがしてきそうですが、牛革の匂いしかしません。

鈴木市長の購入はツイートで知り、面識もなかったそうです。「夕張市在住の方から購入があったのは知っていて、農家の関係者が買ってくれたんだなと思っていました。まさか市長さんからとは」とTwitterを通じた出会いに驚いていました。

最後に大澤代表は「いつか夕張メロンを買って食べ、夕張観光もしようと思っています。市長さんに買っていただいたので」と話しました。


劇もピアノ発表会も許さない、手作り品販売もダメ! 北海道・深川市の公民館 「使用制限しすぎ」市民から不満噴出

北海道の深川市にある公民館が厳しすぎる問題。こちらの公民館を利用したいと市民が申し出ても、使用制限が厳しすぎてほとんど許可されないとのことです。人形劇やピアノやバレエなど各教室が主催する発表会、市民が手作りしたアクセサリーや手芸品などの販売会など、少しでもお金のやり取りが発生するものは例外なく利用許可が下りないようです。この公民館は一体何のために作られたのだろうか?そして、どんな内容なら利用許可が下りるのだろうか?もしかして、この公民館もそこで働く人件費も全て無駄になっているのではないかと思ってしまいます。

教室の発表は「営利目的なので認めない」

北海道深川市のNPO法人が昨年、市中央公民館で人形劇公演を行おうとして市教委に断られた。「営利目的」と判断されたからだ。市教委によると、ピアノやバレエなどの教室の発表会も「営利目的」の分類で、公民館の使用は禁止。加えて、愛好者による手作り品などの販売も「営利活動」とみなし認めていない。このため、市民の中には「利用を縛りすぎていないか」との不満もある。

「営利目的」とされたのは、ろう者と健常者でつくる人形劇団「デフ・パペットシアター・ひとみ」(川崎市)の公演で、NPO法人アートステージ空知が企画した。公民館が使えず、代わりに拓殖道短大ホールで昨年11月に公演を行った。

社会教育法は、公民館で営利のみを目的とした事業を行うことを禁じている。今回のケースでは、市教委は人形劇公演を「プロ劇団による営利目的の興行」と判断し、公民館使用を認めなかった。だが、別会場での開催が決まった後、見解を一転。「広く市民に親しまれる文化活動」として実行委に助成金を出し、後援にも加わった。

市教委は「最初は公演のチラシもなく、営利目的でないと判断する材料がなかった。営利目的とそうでないものの線引きは難しい」と説明。今後、市や市教委が後援または助成する催しでは公民館使用を認めるという。文科省は「社会教育法の規定は公民館での有料の催しを禁止しているわけではない。地域の実情に応じ柔軟に運営してほしい」としている。

近隣市町では許可 「文化振興の一つ」

深川市で公民館が使えないのはプロの公演にとどまらない。「ピアノ教室、箏曲教室、生花教室、ダンス教室、バレエ教室等が主催する発表会」。市教委が内規に載せた使用不可の事例の一部だ。

では、近隣市町ではどうか。滝川市教委は「公民館には市民の発表の場としての役割があると認識しているので利用は許可する」。雨竜町教委も「文化振興の一つ」として認めている。

深川では、館内の物販禁止も徹底。手芸が趣味の市民は「買ってもらえれば励みになる。文化的なものだけでも認めてほしい」と訴える。

NPO法人アートステージ空知の青木勝美理事長は「何が営利目的に当たるのか市民に分かりにくい。市民に寄り添った公民館の運営が必要で、使いやすい利用法を市教委に相談していきたい」と話している。(大槻明永)

「社会教育法は『市民を主役』とする法体系

■市民参加の場で議論を 公民館研究が専門の長澤成次・千葉大教育学部教授(社会教育学)の話

人形劇公演を企画したのはNPO法人。非営利組織なので公民館使用は問題ない。館内での市民の手作り品販売も、営利目的でないのであれば許されるだろう。

公民館を規定している社会教育法は、憲法・教育基本法をうけ「市民を主役」とする法体系。第3条で「国及び地方公共団体は、すべての国民が文化的教養を高め得るような環境を醸成するように努めなければならない」(要約)と定める。環境醸成は自治体の大事な役割だ。

市民共通の財産である公民館の使用を狭めるのではなく、自由に使え、自由に学び議論できる場に変えていくことが大切。有料イベント開催や館内での物販などについての是非は、まずは社会教育委員会議など市民参加の場でじっくり議論するべきであろう。


<函館市>「魅力度1位」「幸福度最下位」民間調査で正反対

北海道の函館市は、町としての魅力度は一位だけど幸福度はなんと最下位!?函館市と言えば夜景がとても美しくてご飯も美味しいため、北海道に旅行に行った際は絶対に立ち寄りたい場所であり、たくさんの観光客が訪れるため町の財政も潤っているのかと思いきや実はそうでもないのでしょうか。雪国というだけで北海道は本州よりも住みにくいイメージが強く、実際に生活のさまざまな面で不便を感じて引っ越してしまう住人も多いのかもしれません。私も、函館市は旅行で行きたい場所であるけれども絶対に住みたくはないですね。

北海道函館市について、民間の調査で「魅力度がトップ」と「幸福度が最下位」という正反対の結果が相次いで公表され、市民の間で話題になっている。

「魅力度トップ」となったのは、民間コンサルタント会社・ブランド総合研究所(東京都港区)によるアンケートの結果。昨夏、主要な全国1000市区町村を対象にインターネット上で「観光に行きたいか」「特産品を買いたいか」など地域の魅力度に関する77項目を質問し、3万人から回答を得て点数化、函館市がトップとなった。

一方、日本総合研究所(同品川区)が人口20万人以上の中核市のうち一部を除く42市を昨年、各種統計で分析し「幸福度」をはじき出したところ、函館市は最下位だった。人口増加率や財政の健全度といった基本指標に加え健康・仕事・生活・文化・教育の5分野で、全39項目を調査。「健康」分野の評価が特に低く、自殺者数▽生活保護受給率▽大学進学率といった項目はワーストだった。

函館市は北海道新幹線開業により、昨年度上半期(4~9月)の観光客数は前年同期比14.1%増の366万5000人を記録して好調。一方、15年の国勢調査では人口減少数が全国で4番目に多い1万3148人と、地域の「衰退」に歯止めがかかっていない。

対照的な調査結果は市議会でも取り上げられ、市民も注目。工藤寿樹市長は、街や市民生活に課題があることを認めつつ、「まちの魅力だけでなく、(市民の幸福度に直結する)人に関する部分も魅力を上げていきたい」と話している。


隠れた函館名物「いかようかん」…リアルすぎる見た目と、意外な味に2度びっくり

まるで本物のイカに見える羊羹!?「函館名物のイカです」と真顔で出されたら本当に信じてしまいそうなクオリティです。ちなみに、味は「見た目の割には美味しい」というそこそこの評価を貰っているようです。ギャグとして一度はいいかも知れませんが、ほとんどの人は二度目は無い一発ネタ的な商品でしょうね。私は、これを食べるぐらいなら本物の函館のイカを食べたいです。もしくは、味もちゃんと美味しい普通の羊羹が食べたいです。

20161121_005

函館名物の「いか」です……と言って、出されることもあるらしい。出された方は思わずギョッとして、フリーズしてしまうかもしれない。「実は、いかようかん!です」と聞いても、すぐには信じられないはずだ。一度見たら二度と忘れない、これほど強烈な印象のお菓子、めったにお目にかかれるものではない。

「ちょいとリアルなイカようかん……」

ツイッターには、「いかようかん」に関連して、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

ちょいとリアルなイカようかんww コーヒー味で美味しい! pic.twitter.com/0anqmemdz2 – ゆーと (@LprUbr4nMdqdBBr) 2016年5月8日

 

函館のいかようかんは知られていないのかっ…? pic.twitter.com/jgkKXIDUBO – 槙野まいたけ ほじっち監督 (@Charon_Nyx22) 2015年6月26日

 

祖母がいかようかん買ってきてくれたんだけど怖いwww pic.twitter.com/4wy9F2hcft – なつき (@nkhrsk0_0) 2016年9月12日

 

いかようかん。あし折れちゃってたけど、イカだ!! pic.twitter.com/WCUzw5yYS1 – もんぎょー (@twsi26) 2016年10月23日

驚く人、ぎょっとする人、おいしがる人……反応はそれぞれだが、いずれのつぶやきも、その興奮が生々しく伝わってくる。

この「いかようかん」は、函館市万代町にある和菓子専門店・はこだて柳屋の商品だ。Jタウンネット編集部は、函館に電話して話を聞いてみた。

電話に出てくれたのは、はこだて柳屋の若杉充宏社長である。

「いかようかんが生まれたのは、1997年、店舗のリニューアルきっかけでした」と若杉社長。仮店舗が殺風景だからと、和菓子職人が作って飾った。それが地元のお客さんの間で評判となり、新しい本店の開店記念として商品化されたのだという。

「外側はようかん生地で仕上げていますが、中身はコーヒー味の餡と求肥です」と若杉社長は語る。お土産でもらった相手は、間違いなく見てびっくりする。そして食べて、またびっくり!という仕掛けだ。「見た目の割には美味しい、とご好評をいただいております」。

「職人が手作りで丸2日かかるため、1日50杯限定で販売しております。手間がかかる割には、利益はあまり期待できません」と若杉社長は苦笑する。販売店舗は万代町の本店だけで、函館市内各地の販売店では予約のみ受け付けている。

函館の本店に行くのが難しい人は、オンライン通販で購入できる。「ただし、とにかく手作業ですから、注文が重なる場合は、しばらく待っていただくことになります」とのこと。


大和君「許すよ。お父さん優しいから許す」 父親が語る

すごく大物の風格を感じさせる言葉であり、7歳児の発言とはとうてい思えません。しかも、およそ6日間のサバイバルを強いられ、最悪の場合死に至っていても不思議ではない状況に置かれていたのにも関わらず、寛大な心を持って相手を許すことができる7歳児なんてそうそういません。彼は、親の予想を大きく上回るスピードで成長しているようです。ところで、しつけと称し息子を置き去りにした理由は何なのでしょうか?彼は、本当に人や車に向かって石を投げていたのか?この父親は事件当日のことを全て正直に話す義務があると思うのですが。

20160606_002

北海道七飯(ななえ)町の山林で5月28日に行方不明になり、6日ぶりに保護された北海道北斗市の小学2年、田野岡大和(やまと)君(7)の父親貴之さん(44)が5日、取材に応じ、大和君が順調に回復していると述べた。大和君は保護された約5キロ北東の陸上自衛隊演習場に28日中に着いたが、どこを歩いたかは「あまり覚えていない」と話したという。

大和君は発見された3日午前から北海道函館市の市立函館病院に入院。貴之さんによると、3日夕からおかゆなどの病院食を残さず食べ、母親の手作りのハンバーグやパンが食べたいと話している。病室では塗り絵やトランプをして過ごし、点滴が5日朝に外された。

行方不明になってから保護されるまで、大和君は誰にも会わず、何も食べていないという。「どういう風に(演習場に)行ったかはあまり覚えていない。小屋にいて、水を飲んだりマットで寝たりした」と話し、演習場で一人で過ごしたことについて「さみしかったけど、大丈夫だった」と言っているという。

3日に再会した貴之さんが病室で謝ると、大和君は「許すよ。お父さんが優しいから許す」と話したという。貴之さんは「申し訳ない気持ちになった」と声をつまらせた。


【北海道男児不明】発見の男児「田野岡大和」と自ら名乗る 陸自演習場内で保護

どうやら行方不明になっていた田野岡大和くんで間違い無さそうです。大規模な捜索にも関わらずおよそ一週間も何の手掛かりもないまま見つからず、最悪な状況を考えていた人多くいたことと思います。そのため、彼が無事に戻ってきて心からホッとしているのは家族や友達だけではないと思います。しかし、連日テレビでも大々的に報道していたためかなりの有名人になってしまいましたね。しかも、家族の言動がコロコロ変わったり、メディアから取材を受けている際に目が泳いでいたり、警察犬が全く反応しなかったりと両親の嘘を疑う材料が多いため悪い印象も強く持たれていたと思います。なぜ父親の証言がバラバラだったのか、なぜ警察犬が彼の手掛かりを見つけられなかったのか、7歳の少年がどうやって一週間も一人で生き延びたのか早く真相が知りたいです。

20160603_004

北海道警によると、3日朝に保護された男児は自ら「田野岡大和」と名乗った。

道警は、七飯町の林道で両親に置き去りにされ、行方不明になっていた北斗市の小学2年、田野岡大和君(7)と見て、詳しく調べている。

男児が保護されたのは、鹿部町の陸上自衛隊演習場内で、目立ったけがはないという。

田野岡君は先月28日、家族で出掛けた鹿部町の公園で人や車に石を投げたため、両親がしつけとして午後5時ごろ、七飯町の林道で車から降ろして置き去りにした。約5分後に父親が現場に戻ったが田野岡君の姿はなく、警察に通報した。


1 2