ディズニー 一覧

米ディズニー、フォックス買収で正式合意!

ついに、ディズニーが数多くのヒット作を生み出してきたフォックスを買収!このニュースに喜んでいる映画ファンはかなり多いことと思います。なぜなら、これにより今まで映画業界では分裂状態だったマーベル作品の『X-MEN』や『デッドププール』が一緒になり、今後は『アベンジャーズ』にウルヴァリンやデッドプールなどのキャラクターが登場することになるかもしれません。しかし、これら強力なラインナップの頂点に君臨するのは「ハハッ」という鼻に付く笑い方が特徴的なネズミというのが恐ろしい。魔法の力で稼いだディズニーの財力は想像を絶する凄さのようですね。あっ、ちなみに『X-MEN』や『デッドププール』だけでなく『ファンタスティック・フォー』もアベンジャーズのメンバーに加わるかも知れませんが世界中で大コケしたためあまり需要が無いかもしれません。

ウォルト・ディズニー・カンパニーが14日(現地時間)、21世紀フォックスを買収することで正式な合意に達したことを公式サイトで発表した。これにより、ハリウッドは大きな変化を迎えそうだ。

ディズニーによる買収総額(債務引き受けを含む)は、およそ661億ドル(約7兆2,710億円、1ドル110円計算)で、『タイタニック』『エイリアン』などヒット作を生み出してきた映画製作会社20世紀フォックスをはじめ、テレビ番組制作会社、ナショナルジオグラフィックやFXといったケーブルテレビ局などを手に入れることとなった。

また、『デッドプール』などを含む『X-MEN』シリーズや、現在続編シリーズが製作されている『アバター』、テレビアニメ「ザ・シンプソンズ」といった人気作品の所有権もディズニーへと移行する。ディズニーはNetflixなどに対抗できるような、ストリーミングサービスを2019年よりスタートさせる予定であり、そのコンテンツの充実を目指していることが今回の買収の背景の一つにある。

会長兼最高経営責任者(CEO)のボブ・アイガー氏は「21世紀フォックスの素晴らしいコレクションを買収することは、これまで以上に魅力的でアクセスしやすく、便利で豊かなエンターテインメント体験に対する消費者の需要の高まりを反映しています。(21世紀フォックスのCEO)ルパート・マードックが、生涯にわたって築いてきたビジネスの未来を私たちに任せてくれたことを光栄に思います。また、私たちが消費者への直接的なサービスを提供するためにも、多くの人に愛されているフランチャイズとブランドコンテンツが大幅に増える、この素晴らしい機会に興奮しています。今回の買収により、世界中の主要市場でより多くの消費者にワールドクラスのストーリーテリングと革新的な流通プラットフォームを提供できるようになります」と語った。

一方のルパート氏は「私たちは21世紀フォックスで築いてきたすべてをとても誇りに思っています。ディズニーとのこの合併は、新生ディズニーが刺激的でダイナミックなこの業界でが先導を切り続けることで、株主にとってより価値のあるものになると思っています」と合意に至った思いを述べた。また、アイガー氏は、21世紀フォックスとディズニーの双方の要請により、2021年末までウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOを続けることに同意。ルパート氏は「ボブ・アイガーのリーダーシップの下で、この2社のコンビネーションは、世界における偉大な企業の一つになると確信しています。私はボブがとどまることに同意してくれたことに感謝すると同時に勇気づけられましたし、他に勝ることはないこのチームで成功することを約束します」とディズニーへの信頼もうかがわせた。

ディズニーは2006年にピクサーを、2009年にマーベルを、2012年にルーカス・フィルムを買収して大成功を収めている。(編集部・石神恵美子)


ミッキーやミニー、ドナルドも! ディズニーキャラが木製ひな人形に

この時期にひな人形?しかし、めっちゃ可愛い!早くも春が来たのかと錯覚してしまいますが、やはりひな人形は見てるだけでとっても癒されますね。通常のひな人形も好きですが、こういったキャラクター物も大好きです!また、本物は高い上に大きいため購入する気にはなりませんが、これだけ小さければ卓上に飾れるためどんな部屋にも飾れて嬉しいです。ところで、最下段の真ん中にいるのは誰だろうと思ったら、私が一番好きなドナルドダックでした!トレードマークの青い帽子を被ってないだけで誰だか分からなくなってしまうなんてファン失格ですね。でも、ドナルドはツムツムみたいなデフォルメされた顔よりも本来の顔のほうが断然可愛いと思います。ところで、さりげなくぼんぼりにミッキーとミニーのような耳が付いてるところも可愛いですよね。

バンダイより、ミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドダックなどのディズニーキャラクターが、”お内裏様”や”お雛様”に扮した三段飾り木製ひな人形「Disney | KIDEA〈ひなまつり〉」が発売される。現在、公式ショッピングサイト・プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。

「Disney | KIDEA〈ひなまつり〉」は、ディズニーキャラクター総勢10体がひな壇に座った、高さ約230mmの三段飾りひな人形。最上段では、ミニーマウスとミニーマウスがそれぞれ”お内裏様”と”お雛様”になり、両端にはミッキーマウスの耳の付いた”ぼんぼり”が並ぶ。2段目には、ドナルドダックの恋人・デイジーダックの姪である3つ子 エイプリル・メイ・ジューンが”三人官女”となり、両端に置かれている菱餅に挟まれながらちょこんと鎮座。最下段には、グーフィー、プルート、ドナルドダック、チップとデールが”五人囃子”に扮して、太鼓や笛を演奏している。木製玩具で、並べたり積み重ねたりする「積み木遊び」も可能となっている。価格は15,000円(定価)。商品の発送は2018年1月4日を予定している。

(C)Disney


スター・ウォーズ、新たな3部作を製作へ ディズニー発表

2015年に公開されたエピソード7『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に加え、2016年に公開されたスピンオフ作品『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が大ヒットことを受けて、ディズニーは「スター・ウォーズ」シリーズの新たな三部作を製作することを早くも決定したようです。ジョージ・ルーカス監督の手から離れた時点で完全に別物であると考えるファンも多いかもしれませんが、新たに別の監督を起用して撮影した映画はどれも大ヒットとなれば、やはり昔からのファンが何と言おうが設定を無視しようが売れなくなるまで新作を作り続けることになってしまいますよね。悲しいけどこれが現実であり、目の前の利益のために過去の栄光を汚されてしまうのは人気作品の宿命なのでしょう。エピソード10以降のファンは、エピソード1~6までのファンとは全く違うという事態になってしまうかもしれません。

米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニー(Walt Disney)は9日、人気SF映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズの新たな3部作を製作すると発表した。

ロバート・アイガー(Robert Iger)最高経営責任者(CEO)は四半期決算の電話会議で、「『スター・ウォーズ』シリーズに関しては大きな野心を持っている」と表明。最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ(Star Wars: The Last Jedi)』のライアン・ジョンソン(Rian Johnson)監督と、新3部作製作の契約を結んだことを明らかにした。

アイガー氏は「スター・ウォーズ」シリーズについて、制作元のルーカスフィルム(Lucasfilm)を買収して以来、「予想を上回る」実績をあげてきたと指摘した。

ディズニーはこのほか、同シリーズのテレビ版の製作も計画している。

ディズニーは同シリーズの映画の直近2作で大きな興行収入を達成し、来月公開の『最後のジェダイ』についてもヒット作になると自信を示している。【翻訳編集】 AFPBB News


米ディズニーの試写ボイコットへ…ジャーナリストたちが表明

一部のジャーナリストがディズニーの試写会をボイコット!?日本のジャーナリストは、強い立場の人間を否定することはなくただ長いものに巻かれよというイメージが強いですが、海外のジャーナリストはしっかりと自分の意思を持っている人たちが多く格好良いイメージを持ちます。ただ、それはただの偏見であり日本にも自分の伝えたいことを自信を持って発信する格好良いジャーナリストも存在しますし、海外にも日本の大半のジャーナリストのように長いものに巻かれよといった人たちも多く存在するのでしょう。しかし、具体的にどのようなことを書かれたのかは分かりませんが、批判的なことを書かれただけで試写会への参加を禁じるなんてディズニーの器も小さいもんですね。批判的な意見に耳を傾けることができず、肯定的な意見しか聞き入れないようでは独りよがりな作品しか完成しないと思いますけどね。

米ディズニーに対して、一部のジャーナリストたちがボイコットを始めた。ロサンゼルス・タイムズ紙に批判的な記事を書かれたディズニーが、同紙に試写への参加などを禁じたことから、それに反発した記者たちが同スタジオの試写に参加しない考えを表明している。

 事の発端は、ロサンゼルス・タイムズ紙がディズニーの経営に関して批判的な報道をしたことで、ディズニーは同紙をつまはじきにすることに。The Guardian によれば、ディズニーは同紙に、試写会への参加やタレントたちへの取材を禁止したという。ディズニー傘下のマーベル・スタジオが手掛けた新作映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のレビューが掲載されなかったことについてロサンゼルス・タイムズ紙が説明し、この事態が明るみに出たという。

 それには一部のジャーナリストたちが反発。現地時間6日、ワシントン・ポスト紙で映画やポップカルチャーについての記事を寄稿しているアリッサ・ローゼンバーグ氏が、ディズニーの試写会には参加しない意思を表明したことを皮切りに、それに追随する記者たちが現れている。ローゼンバーグ氏は「ディズニーがロサンゼルス・タイムズ紙の批評家を試写会から締め出している限り、私は良心に従い、試写会に出席したり、事前のレビューを書いたりすることはできません」と主張した。

 ポップカルチャーなどを取り上げる The A.V. Club やFlavorwireがボイコットを表明しているほか、CNNのニュースアンカー、ジェイク・タッパー氏はTwitterで「ディズニーへのボイコットに敬意を示して、ロサンゼルス・タイムズ紙の定期購読をすることにしたんだ。ジャーナリズムに従事しているってことさ。一緒に参加しませんか!」と呼びかけ、別の形でロサンゼルス・タイムズ紙を擁護している。(編集部・石神恵美子)


ミッキーやプーさんが和菓子になっちゃった!ディズニーコラボ「食べマス ハロウィン」セブンイレブンで限定発売

セブンイレブンにて、バンダイがディズニーとコラボレーションした和菓子『食べマス Disneyハロウィン』が発売されるようです。10月28日から店頭で360円(税抜き)で販売が開始されるとのことですが、写真を見る限りクオリティが低い上にあまり可愛くないため全く買いたいと思いません。宣伝用の写真に使用するぐらいですから、理想に近い自信作であるはずなのに全く魅力的に感じません。まぁ、辛うじてプーさんは可愛いかもしれませんが、ミッキーとミニーに再現度の低さは異常です。もちろん、見た目が悪いからと言って味も悪いとは限りませんが、こういう商品は味と同じぐらい見た目を重要だと思います。また、こんな可愛いお菓子を食べる可愛い(と自分では思っている)アタシ的な写真を撮ってSNSにアップロードするのが目的の人は、味なんかどうでも良く見た目の可愛さが全てですよね。

バンダイが手がけるキャラクター和菓子シリーズ「食べマス」に、ディズニーの人気キャラクター「ミッキーマウス」「ミニーマウス」「くまのプーさん」「ピグレット」をモチーフにした新作が登場。ハロウィンシーズンにあわせて仮装した姿を表現した『食べマス Disneyハロウィン』が2017年10月28日から発売されます。

餡、砂糖、餅粉などを練った生地で形作られた和菓子の“練り切り”を用いて、ミッキーやプーさんの特徴をしっかりと再現。ミッキーはかぼちゃ味、ミニーはさつまいも味、プーさんはハニーメイプル味、ピグレットはマロン味と、それぞれで違う味が楽しめます。

ミッキー&ミニー、プーさん&ピグレットでセットになっており、価格は360円(税別)。全国のセブン-イレブンにて販売され、数量限定につきなくなり次第終了となるそうです。


ディズニー、新作アニメ映画の製作中止を発表

2020年に公開予定だったディズニーの新作アニメーション映画『ジャイガンティック』が、残念ながら制作中止となってしまったようです。中止となってしまった理由は明らかにされていませんが、現時点では詳細は発表されていませんが別作品の制作をすでにスタートしている状態であり、そちらの作品は2020年11月に公開される予定とのことです。ていうか、こんな新作映画を制作していたことをこの中止の発表にて初めて知りました。イメージビジュアルを見る限り、別の世界に生きる異なる姿の二人の友情を描くというありがちな作品といったイメージを受けます。また、私はこの物語の元となる童話『ジャックと豆の木』自体もあまり好きではないため、この作品はお蔵入りとなり別作品が公開される方が良いかもと思ってしまいました。ただ、その別作品も自分の興味を引く内容とは限りませんけどね。しかし、新作発表を期待して待ちたいと思います。

ディズニーが、新作映画として2020年に公開予定だった「ジャイガンティック」の製作を中止したことがわかった。

「インサイド・ヘッド」(脚本)のメグ・レフォーヴと、「塔の上のラプンツェル」(監督)のネイサン・グレノが共同で監督を務めることが決定していた同作。ディズニーは「苦渋の決断」だったとしつつも、製作上の問題から、このたび製作中止が発表された。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオおよびピクサー・アニメーション・スタジオのエドウィン・キャットマル社長は、今回の決定について次のように語っている。

「今回の問題は製作開始当初の段階では予測不可能なものでした。我々がどんなにアイデアを愛し、情熱を持って作品製作に取り組んでも実現は不可能だと痛感したのです」
「『ジャイガンティック』については正直なところ非常に厳しい決断ではありましたが、現在は製作を中止しております。我々は今別の作品に力を注いでいる最中で、作品の詳細については近々改めて皆さんにお知らせできると思いますが、公開は2020年の11月を予定しております」

今回製作中止が発表された同作の音楽は、「アナと雪の女王」も手掛けたクリステン・アンダーソン=ロペスとロバート・ ロペスが担当することが、以前、D23エキスポで同社のクリエイティブ主任であるジョン・ラセターから発表されていた。

また、同作は童話「ジャックと豆の木」にインスパイアされた作品で、主人公の少年が雲の上に住む巨人の女の子と友達になるというストーリーだった。作品について監督のグレノは「この作品が笑いと感動の詰まった『ジャックと豆の木』の決定版になればいいなと思っているよ」と話していた。

情報筋がハリウッド・リポーターに語ったところによると、キャットマル社長が触れた新作については、ディズニーオリジナル作品ということ以外、未だ詳しいことは明かされていないという。


「アナと雪の女王」続編&「ライオン・キング」実写映画が2019年に公開

アメリカでは2013年、日本では2014年に公開され大ヒットを記録したディズニー映画『アナと雪の女王』の続編が、2019年に公開されることが発表されました!アナ雪は、ストーリーや登場するキャラクターだけでなく、主題歌や挿入歌もとても話題になりましたから、続編ではどのようなストーリーが展開されるのか、そしてどのような歌を楽しむことができるのか期待されそうですね。特に、松たか子さんが作中で歌う「レット・イット・ゴー」はとても話題となりましたから、続編では松たか子さんが声を担当する「エルサ」の新曲に一番の注目が集まりそうです。しかし、前作が大ヒットしたことで続編に対するファンの期待は相当大きなものへと膨れ上がってるでしょうから、その期待に応えるには非常に難しそうですね。

ディズニーは「スター・ウォーズ エピソード9」「インディー・ジョーンズ5」の公開日発表に続き、「アナと雪の女王」続編および「ライオン・キング」の実写映画を2019年に公開すると発表した。
「ライオン・キング」は7月19日、「アナと雪の女王」続編は11月27日に公開される。
2013年に「アナと雪の女王」が米国で公開されたのも、続編と同じ11月27日だった。「アナと雪の女王」が当時どれくらい人気だったかは、改めて言うまでもないだろう。ディズニーの「アナ雪」は、アカデミー賞を2部門で受賞しただけでなく、全世界の興行成績が約13億ドルに到達するなど、アニメーション映画としては歴代最高の興行成績を記録した。続編が制作されることはわかりきっていたことだが、ついに具体的な公開時期が明らかになった。

「ライオン・キング」は1994年のアニメーション映画だが、公開された当時は「アナ雪」と同じくらいの人気を誇った。実写版の「ライオン・キング」は、「ジャングル・ブック」の実写化を成功させたジョン・ファヴローが監督を務める。ドナルド・グローバーがシンバ、ジェームズ・アール・ジョーンズがムファサの声を担当する。
また、ディズニーは、その他の作品の公開日を微調節している。「シュガー・ラッシュ」の続編は、予定されていた2018年3月9日の公開から、2018年11月21日に延期された。
「ジャックと豆の木」からインスピレーションを受けた3Dアニメーション「Gigantic」は2018年11月25日、2018年4月6日公開を予定していた「A Wrinkle in Time」は2018年3月9日に前倒しとなった。

最後に、2020年7月10日の公開を予定していた未タイトルのマーベル作品が、2020年8月7日に延期となった。


【衝撃画像】大空に浮かぶ“くものプーさん”が激写される! まさにプーさんとしか言いようがない!

これは、紛れも無く『くまのプーさん』に登場するプーさんが寝ている姿!まさしく、『くものプーさん』ですね。こんなにも精巧でハッキリとプーさんと分かる雲が空を漂っていたなんて信じられず、正直フォトショップによる合成を疑ってしまいます。しかも、生誕90周年となる今年にそれが偶然現れるなんてまさに奇跡としか言いようがありません。もし、これが嘘ではなく本当だったら実際に見られた人が幸せすぎて羨ましいですね。しかし、海外では未だに絶大な人気を誇るプーさんも、日本ではパッと出のダンッフィーにその人気を奪われてしまいました。もちろん、そんな日本でもくまのプーさんが人気キャラクターであることは変わりありません。

20160729_005

A・A・ミルンによる童話のキャラクターとして誕生し、いまやディズニーの鉄板キャラクターとして不動の人気を誇る“世界一有名なクマ”といえば「くまのプーさん」。誕生から90周年となる今年は、ディズニー制作による新作『Winnie-the-Pooh and the Royal Birthday(くまのプーさんと女王の誕生日)』も発表されるなど、その人気は一向に衰えを知らない。

そんな記念すべき“プーさんイヤー”を、地球も祝福しているとしか思えない驚きの光景が激写されたとして、母国イギリスはもちろんのこと、各国で大きな話題となっている。世界中のプーさんファンたちが感涙にむせび泣いている1枚の写真をご覧いただこう。

ぽっちゃりとした体と丸みを帯びた手足、そして突き出た鼻や小さな耳――これはまさに、大空でリラックスするクマのプーさん、いや“くものプーさん”といった方が適切だろう。誰もが一見してプーさんとわかる神々しい光景だ。

今月27日付の英紙「The Daily Mail」によると、“くものプーさん”がやって来たのはイングランド南西部、ドーセット州に位置するサンドバンクスという街の空。撮影者は、心臓病に苦しむ子どもたちを支援するためのチャリティーイベントに参加中だったという。さすがプーさん、子どもたちの健康と幸せを願ってのことに違いない。

唯一の懸念事項を挙げるならば、ライセンスに異常に厳しいと噂のディズニーが、今後、大空に対して訴訟を起こすような事態に発展することだろう。子どもの夢を壊すような展開だけは、誰も期待していないはずだ。


さかなクンが映画監修「夢のようでギョざいます」

ギョギョギョ!?さかなクンさんが、ピクサーの新作映画の監修を務められたとのことで映画に対する期待度がさらにアップ!?頭の上に乗った通称「本体」も可愛いですが、その下の眼鏡の男性も実は結構なイケメンですよね。しかも、かなり頭が良くて絵も上手でキャラクターも濃くて面白い!天才すぎでは?神様は、彼に才能を与えすぎてしまった感すらあります。とりあえず、海の生物に関することは彼に聞いとけば間違いないと映画の制作側も考えたに違いありません。

20160602_002

東京海洋大名誉博士でタレントのさかなクンが、魚の世界を描いたディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ドリー」(アンドリュー・スタントン監督、来月16日公開)の日本公開版を監修したことが1日、分かった。世界的影響力のあるピクサー作品で監修を務めるには豊富な知識と信頼が必要。さかなクンは「夢のようでギョざいます! ギョ(5)メートルほど飛んじゃうくらいハッピーです!」と話している。

魚名の表現などを監修する。カジキマグロをマカジキに訂正したり、海の生物の生態についてアドバイスした。同作は03年のヒット作「ファインディング・ニモ」の1年後を描いた作品で、さかなクンはマンボウ役で声優にも挑戦した。


『ズートピア』3週連続、第1位!『海よりもまだ深く』は初登場5位

ディズニーのアニメーション映画にハズレなし!?最近は、国内で2014年に公開された『アナと雪の女王』、同じく2014年に公開された『ベイマックス』など、大ヒット作を連発しているディズニーの最新作ということもあり、公開前からかなりの注目を浴びていましたが、実際に見に行った友人の感想はみんな「感動した!」や「すっごく面白かった!」とかなり評判が良く私も気になっている作品です。でも、アナ雪もベイマックスも気になってたのに、映画館に見に行ってないばかりかブルーレイが発売された現在でもまだ見ていないため、ズートピアもそれらと同様にいつの間にか興味を失っていそうです。

20160523_006

2016年5月21日、22日の全国映画動員ランキングは公開5週目の『ズートピア』(全国349館)が首位を守ったほか、4位まで順位に変動はなく、『海よりもまだ深く』(全国244館)は初登場5位に入った。

『海よりもまだ深く』は、『そして父になる』『海街diary』などの是枝裕和監督が阿部寛を主演に迎えて描くヒューマン・ドラマ。樹木希林、真木よう子、池松壮亮、リリー・フランキー、橋爪功らが出演し、小説家を目指すバツイチ中年男と、彼を取り巻く人間模様が描かれる。

2位の『殿、利息でござる!』(全国308館)、3位の『世界から猫が消えたなら』(全国290館)、4位の『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』(全国350館)までは先週と変わらず。

そのほか『ガールズ&パンツァー 劇場版』(全国152館)が28位から大きくジャンプアップして9位に。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』(全国15館)が初登場10位に入っており、トップ10内にアニメ作品が5本ランクインしている。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
1位『ズートピア』
2位『殿、利息でござる!』
3位『世界から猫が消えたなら』
4位『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』
5位『海よりもまだ深く』
6位『64-ロクヨン- 前編』
7位『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
8位『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』
9位『ガールズ&パンツァー 劇場版』
10位『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』