サイコパス 一覧

患者の肝臓にイニシャル焼き印

IQが高い人にはサイコパスが多いという話をよく聞きますし、映画や小説など創作の世界ではサイコパスの外科医が頻繁に登場するように思えます。しかし、それは物語の中だけでなく現実世界にも存在しています。なんと、こちらの医師は自分が手術した患者の肝臓に自分の名前のイニシャルを止血用の器具で焼き印をしていたことが判明していたようです。サイコパスが自分の犯行であるかを証明するように全ての被害者に同じようなメッセージを残すのとまさに同じ行動であり恐怖しか感じません。患者は医師を信じて自分の体にメスを入れることを容認しているのにこれは最悪の裏切り行為ですよね。まぁ、手術が失敗してしまうよりは良いかもしれませんけどね。ところで、日本を代表する漫画家の手塚治虫氏が書いた名作医療漫画『ブラック・ジャック』には、患者の骨にマジックでイニシャルを書くというエピソードがあるようです。私もブラック・ジャックが好きで全部呼んだことあるはずなのですが全く覚えていません。何だか久しぶりにブラック・ジャックを読み返したくなりました。

手術を受けている患者の肝臓に、自分のイニシャルの“焼き印”をしていたという医者が非難を浴びている。

英バーミンガムで働いていたブラムホール医師は、肝臓の移植手術の際に自分の名前のイニシャルを止血用の器具で焼き印を入れたという。通常は器具によってできた手術痕は無害で消えるが、術後のフォローアップで開腹した際にはまだ消えておらず、別の医師によって発覚することになった。

この事件が起訴されると検察は「倫理として間違っているだけでなく、犯罪行為そのものである」と暴行罪の求刑を求めた。ブラムホール医師はすでに病院を懲戒免職になっていると伝えられている。

ネットでは「患者の身体を勲章とでも思っているのだろうか」「なんてひどい自己愛」「自分がされたらと思うとぞっとする」「無害とはいえ、明らかな傷害罪」「外科はこういう人は多いよ」といったコメントが寄せられている。


スウェーデン人ジャーナリスト殺害事件 容疑者のハードディスクから複数の女性の斬首映像が見つかる

以前、こちらの記事「デンマークの切断遺体、女性記者と確認 潜水艦取材中に行方不明」にてお伝えしました事件ですが、やはりスウェーデン人ジャーナリストを殺害した犯人は、潜水艦「ノーチラス」を開発する発明家のピーター・マッセン氏で間違い無かったようです。先述した記事にて、私は「海底にはいくつもの遺体が沈んでいるなんて恐ろしい事態があるかもしれません」とコメントしましたが、それ以上に恐ろしい事実が見つかったことに驚きを隠せません。なんと、容疑者の所有するハードディスクから”複数の女性が生きたまま首を切断される様子”を撮影した動画が見つかったとのことです。想像するだけでも震えてしまいそうなほど恐ろしい動画ですが、こんな狂ったことを平気でする人間が何食わぬ顔で日常生活を送っていたことに本当に恐怖を覚えます。しかし、潜水艦を自作できるほどのスキルと頭脳を持っていることを考えると、やはりサイコパスと呼ばれる怪物たちは知能が高いことが多いというのは事実のようですね。

スウェーデン人の女性ジャーナリスト、キム・ウォールさん(30)を殺害した容疑が持たれているデンマーク人発明家ピーター・マッセン容疑者(46)が所有していたハードディスクから、複数の女性が生きたまま首を切断される様子を撮影した動画が見つかった。ワシントン・ポスト紙が報じた。

検察はマッセン容疑者の裁判の前、複数の女性が拷問を受け、斬首され、焼かれる動画が見つかったと発表した。

8月末、コペンハーゲン警察は同市内南東部アマー島で頭部と手足のない女性の遺体を発見した。

これは約1週間前に行方不明になっていたジャーナリストのキム・ウォールさんの遺体であることが確認された。

ウォールさんは、マッセン容疑者が自作した潜水艇「ノーチラス」号を取材するため、容疑者と共に出航した。

マッセン容疑者はウォールさんを殺害した罪で起訴された。

容疑者は当初、潜水艇の不具合がみつかったためウォールさんを潜水艇から降ろしたと主張していた。

ウォールさんは見つからず、マッセン容疑者は殺人の容疑で拘束された。

その後、容疑者は供述を変更し、ウォールさんは潜水艇内での事故で死亡し、自分が「海に埋葬した」と主張した。

遺体の司法解剖の結果、性器や胸の部分に切断による傷があることがわかった。容疑者は、4カ月間にわたって調査が続くまで拘留される。警察による捜査が続けられている。