2017年04月 一覧

<キング・アーサー>「アーサー王伝説」モチーフ映画が邦題変更 「聖剣無双」消える

なぜ、日本の映画ポスターは絶望的なまでにダサいのか!?このポスターを見て最初に目に入る「スラムのガキから王になれ!」という何一つ心に響かない稚拙なキャッチコピーがある時点で全く見る気が起きません。むしろ、興味があった映画でもこの安いキャッチコピーを見た時点で見る気が完全に失せてしまうかもしれないぐらいです。そして、タイトルの上の中途半端な位置に中途半端な大きさと中途半端な角度で置かれた「新感覚ソードアクション!」という文字には残念感しか漂っていません。また、どの日本の映画ポスターにもほぼ間違い無く記載されている主演俳優や監督の代表作。時代も世界観も何もかもが異なる作品の名前を何の躊躇も無く載せてしまうのはいかがなものかと思います。どんな格好いいポスターも、どんな魅力的な作品も、日本の映画ポスターの手に掛かれば一瞬にして三流以下の作品へと落とされてしまいます。当然、デザイナーの意向ではなくクライアントの指示によるものでしょうから、ダサイいと分かっているものをデザインしなくてはいけないデザイナーの気持ちを考えると同情してしまいます。あっ、そういえば邦題が変更になったという記事でしたね。でも、そんなことはどうでもいい話です。

中世の騎士道物語「アーサー王伝説」をモチーフにしたガイ・リッチー監督の映画「キング・アーサー 聖剣無双」(6月17日公開)の邦題が「キング・アーサー」に変更されたことが26日、明らかになった。邦題の変更について、関係者は「海外のワーナー・ブラザース本社と協議した結果」としている。

 映画はチャーリー・ハナムさん主演で、主人公のアーサーが精悍(せいかん)な顔立ちで“聖剣エクスカリバー”を持ち、秘めたパワーを放出させる瞬間を描いた劇場本ポスタービジュアルも公開された。

 「キング・アーサー」は、「シャーロック・ホームズ」シリーズや「コードネーム U.N.C.L.E.」などで知られるリッチー監督の最新作。王の息子でありながら両親を殺され、貧しく生きることを強いられた若きアーサー(ハナムさん)。しかし彼は次第に強靭な肉体と生き抜く知恵を身に付け、運命に導かれるように、父が残した“聖剣エクスカリバー”を手に入れると、王国に君臨する“暴君”ヴォーティガンを倒し王になるため、仲間とともに立ち上がる……というストーリー。

 アーサーの叔父で宿敵のヴォーティガン役にジュード・ロウさん、アーサーの父である悲運のユーサー王役にはエリック・バナさんを起用。映画では360度カメラやドローン撮影による多角的でダイナミックな映像に加え、ハイスピード撮影を駆使した爽快感満載のソードアクションが楽しめる。リッチー監督は「正直なところ、一心不乱に取り組んだよ。音楽、ファンタジー、視覚効果、ユーモア、そういった要素を盛り込み、バラバラな印象を与えないようにうまくまとめて、この世界を創った」と語っている。


<20年東京五輪>大会マスコット 小学生の投票で決定へ

2020年に開催される予定の東京五輪ですが、大会マスコットについては最終候補に残った数点の中から、全国の小学校で投票して決められることが明らかになりました。東京五輪の最初のエンブレムが決定したときの二の舞にならないように、最終候補に残った作品が他者によるデザインの盗作でないかじっくりと調査した方が良さそうですね。さもないと、また世界に向けて日本の恥をさらしてしまう結果になりかねませんからね。ところで、最終候補を選定するまでに不正が行われていないかのチェックも当然していますよね?いや、するわけないか。もし、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が頼れる存在なら現在ここまでグダグダになっていませんから期待するだけ無駄でしたね。せめて、大会マスコットぐらいは何の問題も無く無事に決まることを願います。

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が25日、大会マスコットについて、最終候補の3、4点を公表し、全国の小学校で投票して決める方向性を明らかにした。1クラス1票で、最も得票の多い作品が原則的に選ばれる見込み。文部科学省の学校基本調査によると、昨年度の全国の国公立と私立を合わせた小学校数は2万313校で、学級数は27万1764。大会組織委によると、史上初の取り組みという。

現在、大会組織委から文科省などに打診しており、5月中旬に応募要項と選考方法を決定する。最終候補の3、4点は、有識者で作る審査会が今年中に絞り込む。小学校での投票は、年明けに行い、18年前半にはマスコットのデザインが決まる予定だ。

公式エンブレムの審査では、最終候補4点について国民の意見を募ったが、最終的に有識者の投票で決めた。

大会組織委の古宮正章副事務総長は「子どもたちの意見を聞くことが、大会の盛り上げにつながる。子どもたちに大会のレガシー(遺産)を伝えるきっかけにもしたい」と期待を寄せた。【小林悠太】


神田沙也加 9歳上の俳優・村田充と結婚へ、披露パーティー準備

超有名な歌手である松田聖子さんの長女の神田沙也加さんが、俳優の村田充さんとご結婚することが報告されました!ご結婚おめでとうございます!末永くお幸せに!ところで、神田沙也加さんが30歳だったことに驚きました。見た目がとても若々しくとっても可愛いのでまだ二十代かと思っていました。お母様もとても美しいですからね。こんな素敵な女性の心を射止めた村田充さんも相当素敵な方なのでしょう。ちなみに、私が神田沙也加さんを初めて見たのは、人気コミックスを実写映画化した『ドラゴンヘッド』に出演した時でした。その時は、正直ただの親の七光りかと思ってしまいました。しかし、あの映画がつまらなかったのは神田沙也加さんのせいでは全くありませんし、現在女優としてだけでなく声優としても活躍されているのは彼女の努力と実力のたわものだと思います。なお、彼女の声優としての代表作である『アナと雪の女王』ではヒロインのアナ役を見事に演じ、さらに劇中で歌われる歌もとても上手な上に綺麗な声で聞き惚れてしまうほどでした。ご結婚された後も、神田沙也加さんと村田充さんの更なる活躍に期待が集まりそうです。

女優の神田沙也加(30)が結婚することが25日、分かった。お相手は9歳年上の俳優、村田充(みつ、39)。すでに2人で結婚披露パーティーの準備を進め、親しい知人には報告を済ませている。日取りについては、今後決めていく。昨年夏、舞台での共演で知り合い、周囲によると、交際は約8カ月。神田正輝(66)と松田聖子(55)の長女として生まれ、幼いころから注目された沙也加がついに最愛の人とゴールインを決めた。

出会いは昨年夏の舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」での共演。周囲によると、同年秋ごろから交際をスタートさせた。村田は1メートル87の長身を生かし、ファッションショーや雑誌などでモデルとして活躍。2000年ごろからは俳優としての活動も始めた。一方でDJでも活動するなど、幅広く活躍している。

知人は「クールな外見で物静かなオトナの男性。周囲に沙也加さんをきちんと恋人として紹介するなど、女性から見ると、礼儀を知っている頼れる男性です」と話す。

村田は21日に開幕した舞台「破壊ランナー」(Zeppブルーシアター六本木)に出演中で、沙也加が客席から観劇している姿が目撃されている。この時も村田は共演者らに沙也加を紹介し、仲睦まじい様子だったという。

偉大すぎる母親を持つゆえに「何度も“親の七光”の重圧に苦しんだ」(関係者)という沙也加。結婚は母の呪縛から解放された新たな人生のスタートでもある。

2001年、中学3年生の時に聖子が決めた芸名「SAYAKA」としてデビュー。最初のシングル曲はヒットしたものの、その後が続かなかった。周囲によると、期待に応えられなかった娘に「聖子さんは日本から離れ、米国留学するよう勧めていた」という。

しかし、沙也加はその母の姿勢に反発。大好きだったミュージカルの仕事をするため、04年に宮本亜門演出の舞台のオーディションを受けた。そこで宮本に言われたのが「あなたはあなたでいいんだ」――。

この言葉に救われた沙也加は、母との家を飛び出し、12歳年上のギタリストと交際。猛反対する聖子と絶縁状態になり、仕事は休業。母からもらう給与もストップされ、離れて暮らす父・神田正輝のもとに相談に行ったほど、母娘の確執は深刻だった。

しかし、1年半の休業中にミュージカル女優となることを決意。06年末に舞台「紫式部ものがたり」で復帰した際、母が決めたSAYAKAではなく、本名の「神田沙也加」を名乗った。

それからは聖子とも雪解けし、14年に「アナと雪の女王」でブレーク。偉大すぎる母の力を一切借りずに、自分でスターの座をつかみ取った。

そして、来月1日からは母の知的財産を管理する所属事務所「ファンティック」から独立。自身の個人事務所を設立する。周囲はそんな沙也加の結婚の決意に「公私全てにおいて完全な親離れを意味します。お母さんとは違う道で立派に成功し、そして聖子さんのように本当に強くたくましくなった」と話している。


「アナと雪の女王」続編&「ライオン・キング」実写映画が2019年に公開

アメリカでは2013年、日本では2014年に公開され大ヒットを記録したディズニー映画『アナと雪の女王』の続編が、2019年に公開されることが発表されました!アナ雪は、ストーリーや登場するキャラクターだけでなく、主題歌や挿入歌もとても話題になりましたから、続編ではどのようなストーリーが展開されるのか、そしてどのような歌を楽しむことができるのか期待されそうですね。特に、松たか子さんが作中で歌う「レット・イット・ゴー」はとても話題となりましたから、続編では松たか子さんが声を担当する「エルサ」の新曲に一番の注目が集まりそうです。しかし、前作が大ヒットしたことで続編に対するファンの期待は相当大きなものへと膨れ上がってるでしょうから、その期待に応えるには非常に難しそうですね。

ディズニーは「スター・ウォーズ エピソード9」「インディー・ジョーンズ5」の公開日発表に続き、「アナと雪の女王」続編および「ライオン・キング」の実写映画を2019年に公開すると発表した。
「ライオン・キング」は7月19日、「アナと雪の女王」続編は11月27日に公開される。
2013年に「アナと雪の女王」が米国で公開されたのも、続編と同じ11月27日だった。「アナと雪の女王」が当時どれくらい人気だったかは、改めて言うまでもないだろう。ディズニーの「アナ雪」は、アカデミー賞を2部門で受賞しただけでなく、全世界の興行成績が約13億ドルに到達するなど、アニメーション映画としては歴代最高の興行成績を記録した。続編が制作されることはわかりきっていたことだが、ついに具体的な公開時期が明らかになった。

「ライオン・キング」は1994年のアニメーション映画だが、公開された当時は「アナ雪」と同じくらいの人気を誇った。実写版の「ライオン・キング」は、「ジャングル・ブック」の実写化を成功させたジョン・ファヴローが監督を務める。ドナルド・グローバーがシンバ、ジェームズ・アール・ジョーンズがムファサの声を担当する。
また、ディズニーは、その他の作品の公開日を微調節している。「シュガー・ラッシュ」の続編は、予定されていた2018年3月9日の公開から、2018年11月21日に延期された。
「ジャックと豆の木」からインスピレーションを受けた3Dアニメーション「Gigantic」は2018年11月25日、2018年4月6日公開を予定していた「A Wrinkle in Time」は2018年3月9日に前倒しとなった。

最後に、2020年7月10日の公開を予定していた未タイトルのマーベル作品が、2020年8月7日に延期となった。


結果に賛否の声、転機迎えた本屋大賞 「打倒!直木賞」で始まったはずだが…

このように賛成の声だけでなく批判の声も多く集まるということはすでに周知されている証拠だと思います。私も、年に数冊程度ですが小説を読むのですが、やはり読む本を選定する際は本屋大賞も参考にしています。ただ、「本屋大賞に選ばれたから読んでみよう」と思うのではなく、「本屋大賞に選ばれた本のあらすじや評判を調べてみよう」と参考にするぐらいですけどね。なお、中には好きな作家さんの新書は絶対に読む人や、本に付いた帯やカバーデザインが気に入ったら即購入という買い方の人も多いと思います。しかし、私の場合は小説を一冊読むのに結構な時間と集中力が必要となるため、途中で読むのをやめたくなるようなハズレを引きたくないですから、読む本は時間を掛けてじっくりと厳選したくなってしまいます。そのため、他の人があまり知らないような隠れた名作に出会うという経験はほとんどしたことがありませんが、その分つまらなくて途中で読むのを止めたという経験もほとんどありません。皆さんは、どのようにして読む本を選んでいますか?

ところで、ゴールデンウィークにたくさんの本を読もうと画策している人も多いことでしょう。私も、この記事を読んでいたら本を読みたくなってきたため、今から読む本の選定に入りたいと思います。

「2017年本屋大賞」(同賞実行委員会主催)に、恩田陸さん(52)の直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)が選ばれた。直木賞とのダブル受賞作は初めてで、4月11日に東京都内で開かれた贈賞式は、大きな盛り上がりを見せた。しかし、本屋大賞はそもそも「打倒!直木賞」をかけ声に始まった賞ではなかったか。「賞が成長した証」「知られていないけれどおもしろい作品を選ぶべきだったのでは」。今年の結果には賛否の声も飛び交う。そもそも「本屋大賞」とは?

「14回を迎えるにふさわしい、新たな一歩を踏み出す作品が選ばれました」。実行委員会の浜本茂理事長のこんなあいさつで始まった11日の贈賞式。「蜜蜂と遠雷」の受賞が発表されると、直木賞との2冠に会場は大きな歓声に包まれた。受賞作は、国際ピアノコンクールを舞台とした青春群像劇。昨年9月に発売され、今年2月の直木賞受賞を受け30万部まで増え、本屋大賞に決まったことで累計発行部数は50万部に達した。

恩田さんは「直木賞を受賞した時点で、本屋大賞はもうないと思っていました」と感慨深げに語った。恩田さんがこう話すのには理由がある。本屋大賞は2004年に直木賞への対抗軸として誕生した賞だったからだ。大衆文学に与えられる直木賞は、純文学を対象とした芥川賞とともに最も権威ある文学賞に位置づけられている。

02年下半期の直木賞は、横山秀夫さんの「半落ち」など名だたる顔ぶれの作品が候補にあがりながら「受賞作なし」に終わった。これを受けて書店員が奮起した。出版不況のなか、本を売る機会が失われたことに対し、「本や、読者をよく知る書店員が出版業界を盛り上げていこう」と直木賞へのアンチテーゼとして始めた。

芥川・直木賞を主催する日本文学振興会は文芸春秋社と関係が深い。これに対して本屋大賞は、出版社との関係は薄く、書店員有志で作る実行委員会が運営し、自分たちが売りたい本を選んでいる。

受賞作は投票で選ばれる。1次選考で3作を選び、得点が多かった上位10作が2次選考に残る。投票者は10作を全て読んだ上で、順位を付けて3作に絞り込む。今年は全国から約560人の書店員が一次選考に参加した。

04年の第1回大賞の小川洋子さんの「博士の愛した数式」(新潮社)や、第2回(05年)の恩田陸さんの「夜のピクニック」(新潮社)は、本屋大賞に選ばれて注目を集めた。第6回(09年)には、多くの作品が映像化されている湊かなえさんのデビュー作「告白」(双葉社)が大賞に選ばれている。

作家や文学者が選考委員となった権威ある文学賞とは一線を画す作品を選ぶ、本屋大賞の独自性を評価する声は少なくない。それだけに、今回直木賞と同じ作品が選ばれたことについて懸念の声も聞こえてくる。専修大の植村八潮教授(出版学)は、賞が曲がり角を迎えているのではと危惧する。

「賞の成り立ちやこれまでの受賞作品から、本屋大賞には、ベストセラーではなく、あまり知られていないけれどおもしろい本の発掘が期待されていた。直木賞とのダブル受賞によって、本屋大賞への関心が薄れていく可能性があるのでは」

毎日新聞は東京本社発行(最終版)の社会面トップで、今年の本屋大賞の記事に「本屋大賞 権威化?」の見出しをつけた。しかし、実行委員会の浜本茂理事長は胸を張る。

「本屋大賞も14回を迎え、当初の設立経緯を知らずに投票する書店員も増えてきたのではないか。結果として直木賞と同じ作品になったが、賞が成長してきた証だと思う」

実際、この14年の間に、本屋大賞の存在感は高まり、贈賞式にはメディアが殺到するようになった。書店では大賞発表に合わせ、候補作品が山積される。第8回(11年)の東川篤哉さんの「謎解きはディナーの後で」(小学館)や第11回(14年)の和田竜さんの「村上海賊の娘」(新潮社)などは、本屋大賞受賞後に大幅に重版され、それぞれ100万部を超えるベストセラーとなった。最終的に作品の得点と順位が発表されるため、「書店が作品に優劣をつけるべきではない」(書店関係者)という否定的な声もあるが、出版科学研究所の久保雅暖研究員は評価する。

「メディアの後押しもあり、賞としての規模も影響力も大きくなってきた。本が売れない時代に、書店に足を運ぶきっかけ作りになっているのではないか」。転機を迎えた本屋大賞。長引く出版不況のなかで、存在感を発揮し続けることができるのか、引き続き耳目を集め続けるだろう。(文化部 油原聡子)


業績好調! 日高屋の「ちょい飲み」が成功した理由

ラーメンを食べたくなったときだけでなく、ちょっと一人で飲みたいなと思ったときも気軽に立ち寄れる「日高屋」。ラーメンや餃子と一緒に飲むビールは最高ですよね!よっぽど意識が高くなければ女性も一人で気楽に入れる素敵なお店です。むしろ、「日高屋とか絶対にムリー!」なんてふざけた事を言ってる女性は男性にモテません!そういう女性がいたら「お前は、本当にそんなにお高くとまれるほどのスペックを持っているのか!?」とお説教してあげてください。まぁ、そういった女性にお説教をしても十中八九逆ギレされるだけでしょうけどね。ただ、床やテーブルが油でベタベタしてるラメン屋さんが少なくないのは事実ですので、それを理由に嫌がる女性が多いのは仕方ないのかもしれません。お気に入りの洋服やバッグが汚れてしまうのは嫌ですからね。

ラーメンチェーン「熱烈中華食堂 日高屋」を展開するハイデイ日高の業績が好調だ。2017年2月期の決算は売上高が385億1400万円(前年比4.7%増)、経常利益が45億6700万円(同7.4%増)と、過去最高の売り上げと利益を更新している。過去最高益は14期連続で、景気に関係なく安定して成長している。

日高屋は1973年、埼玉県さいたま市に1号店をオープン。2002年6月に東京の繁華街に進出すると、主力商品の中華そば(390円)が激安だと話題になり、徐々に知名度を上げていった。現在は、関東圏の駅前繁華街で365店(2017年3月時点)を展開している。

営業利益率は12%に迫っており、飲食企業の平均8.6%(経済産業省商工業実態基本調査)を上回る高収益を誇っている。

特に注目したいのが、売り上げに占めるアルコール比率の高さだ。一般的な中華業態のアルコール比率は約3%と言われているが、日高屋は約15%。中華料理店にしては異例の高さとなっている。つまり、にギョーザなどをつまみながら、1~2杯飲んでいく人が多いのだ。

普通のラーメン店、中華料理店では取り込めていない「ちょい飲み」ユーザーに支持されているのが、高収益の体質につながっている。しかも、近年日高屋でお酒を注文する人が増加傾向にある。

●もともと「ちょい飲み」を想定していた

なぜ日高屋のアルコール比率が高いのかというと、創業当初よりちょい飲みを想定した店舗作りをしてきたからだ。日高屋の多店舗展開が始まった2000年代初頭は若者の酒離れが騒がれ始めた頃。アルコールの売り上げが右肩下がりとなり、居酒屋は苦しくなると考えられていた。一方で同社は、深酒するよりもほろ酔い程度に飲むちょい飲みや一人飲みがトレンドになると読んでいたのだ。

そこで価格帯は、ギョーザをつまんでビールを1杯飲み、ラーメンで締めても1000円以内に納まるように設定した。

例えば、210円のギョーザ(6個入り)をつまみながら310円の生ビール(中ジョッキ)を飲み、390円の中華そばで締めても計910円である。110円のギョーザ(3個入り)、生ビール2杯、200円の半ラーメンで計930円という注文の仕方もできる。

これにもう1~2品のおつまみを足して、もう1杯飲んでも2000円を切る出費に抑えられる。お財布事情が厳しいサラリーマン、大学生でもデイリーに利用しやすい価格になっている。お酒は、ハイボール、酎ハイ、日本酒なども置いているが、300円前後で注文できるものが大半である。

ちょい飲みに向いたメニューも充実している。枝豆、ポテトサラダなどのおつまみが170円からあり、ニラレバ炒めなどの定食も、単品として注文するとお酒の友になる。メンマとキムチとやきとり(ネギ和え)の三品盛り合わせは300円で、お得に感じられる組み合わせだ。

●“屋台の代用”となる店を目指した

「吉野家」の吉呑み、「天丼 てんや」のてんや呑み、「ガスト」や「サイゼリヤ」のファミレス呑みは、こうしたお酒の飲まれ方の変化に対応して登場してきた。日高屋はこのちょい飲み戦略の先陣を切ってきたと言えるだろう。

また、日高屋の店舗は郊外のロードサイドにはほとんどなく、ほぼ駅前でしか見掛けない。もし、同じラーメンチェーンの「幸楽苑」のように、ロードサイドを主軸にしていたら、アルコール比率をここまで高めることはできなかっただろう。2000年代初頭より道路交通法が改正され、飲酒運転に対する規制が厳しくなっている。広い駐車場を持った郊外型居酒屋の成立が難しくなり、お酒を提供する飲食店の駅前立地が進んでいる。

駅前繁華街立地に対するこだわりは、創業者、神田正会長の「屋台の代用となる店をつくる」というポリシーによるものだ。1964年の東京オリンピックを機に非衛生的などといった理由で規制が強化され、消えゆく駅前の屋台の果たしてきた機能を、日高屋の店舗で再現できないかと取り組んできた。

神田会長は、駅前に立ち並んでいた屋台のラーメン店、おでんの店などが常に盛況だったことから、屋台と同様の役割が果たせる低価格の店なら景気に左右されず永続的に繁栄すると確信を持っていた。金融機関から「これからは車社会となるから、郊外のロードサイドにお店を出すのなら融資してもいい。駅前なら貸せない」と言われても、神田会長は頑として受け付けなかったそうだ。

ここで安易に妥協しなかったのが、日高屋のちょい飲みで高収益を確保するやり方につながった。ちょい飲みとは、屋台の手法の現代的な言い換えでもある。

●コンセプトを守り続ける

日高屋はラーメン店であるが、中華の定食メニューが充実している。近年、後継者難で町の中華料理店の閉店が目立ち、日高屋がそれに代わる役割を果たしている面もあるが、そこを特に狙っているのではないという。

しかし、町から中華料理店が消えれば消えるほど、日高屋が有利になるのは否めない。古くからの常連だった客を取り込めれば、リタイヤした団塊世代をはじめとするシニアの昼飲み客増加も期待できる。

目標は関東圏で600店を展開することだが、達成する期限を設けていない。今期は30店の新規出店を計画している。店舗の運営は理念を共有できて、品質を保てるように全て直営だが、この方針を継続していく。

出店は埼玉県行田市にあるセントラルキッチンから当日配送が可能な地域にとどめ、物流コストが掛かる全国展開は視野に入れていない。

人手不足にどう対処していくかといった外食産業共通の課題は残すものの、日高屋がどこか懐かしく親しみやすい「屋台の代用」というコンセプトをしっかり守っていく限り、大崩れする状況は想定しにくい。今後も堅実な成長が期待できそうだ。


発達障害児の母“ももち”が怒り「24時間テレビだけでやるんじゃない!」

昔は、「変な人」や「協調性が無い人」などという心無い言葉で一括りにされてしまっていた発達障害ですが、最近になってやっと「発達障害」という言葉が使われるようになり、またその中にはさまざまな病気が存在することも判明してきました。しかし、世間の発達障害に対する視線はまだまだ冷たいものであり、理解が深まって来たとは到底言えない状態です。アメリカでは「発達障害=個性、多様性」と捉える風潮が高まっているようですが、日本では依然として「発達障害=変な人、普通じゃない」という考え方が一般的だと思います。だからと言って発達障害に対して理解を持たない人たちを責めるのはお門違いであり、理解されないことに怒るのではなく「まだ理解が進んでいない」という事実をしっかりと受け止め、「なぜ理解されないのか」を考えた上で理解されるようにさまざまな努力をしなくてはアメリカのように発達障害が認知される未来は訪れず、いつまで経っても理解などされずに平行線を辿ってしまうことでしょう。また、それは発達障害だけに限らず世間的にマイノリティと呼ばれる人たち全体に言えることです。

もしあなたの子どもが発達障害だったら、どのように育てていくだろうか。授業中に突然ご飯を食べたり、勝手に教室から出ていったり、下駄箱の前や廊下で寝てしまったり……このような行動をとる子どもは発達障害かもしれない。SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』(第8回)では、発達障害児の子育てをテーマに当事者が赤裸々に語った。

発達障害がある20歳の息子を育てたシングルマザーで、現在は介護士やタレントとして活動する“ももち”こと柏崎桃子さんは、これからの社会に「いろいろな障害に対してそれが当たり前なのだという世の中になってほしい」と語った。ロンドンでパラリンピックの際に司会者に障害のある人を起用したことから、関心度が一気に高まったというエピソードを紹介し、「日本も24時間テレビだけでやるんじゃない! どんどん取り入れちゃえばいいのに! (障害のある人は)特別じゃなくて常に当たり前。普段の生活にいるんだよって」と話した。

これを受け、発達障害の子育てを応援する家庭教育ナビゲーターであり、自身も発達障害児である8歳の息子を育てているmikiさんは「(発達障害を持っている人は)当たり前にいる人たちだよって言いたい。小学校の子どもがいたら同じクラスに絶対いる割合でいるから。当たり前にいる人たちだから怖くもないし、見て見ぬふりじゃなくて知ってもらいたい」とコメントし、ゲストである発達障害児の母親たちの共感を呼んだ。

また、発達障害のある子どもを育てる保護者の会「りあん」代表の関伊都子さんは「発達障害は発達しないとか、発達が止まっていると言われるけど、発達するもの。そこを踏まえてあきらめないでほしい」と語り、発達障害児の親たちにエールを送った。


米NSA、日本にメール監視システム提供か 米報道

インターネット上の全てのやり取りが国に監視されている!?見られてると思うと良い気はしませんが、見られて困るものでもありませんし、日本の安全のためにもこういった監視システムは絶対に必要だと思います。2020年には東京五輪が開催される予定ですし、テロ対策に対してこれまで以上に積極的に取り組んでいく必要がありますからね。また、すでに日本の政治には中国や朝鮮の手が加えられていると言っても過言ではないほど酷い状況であり、日本を特定アジアに操作されないためにももっと早い導入が必要だったように思えます。また、強力な監視システムを導入したとしても、それを上手く利用できなくては意味がありません。「とりあえず導入してみたが何の役にも立たなかった」なんてマヌケな事態だけにはならないことを願うばかりです。

調査報道を手がける米ネットメディア「インターセプト」は24日、日本当局が米国家安全保障局(NSA)と協力して通信傍受などの情報収集活動を行ってきたと報じた。NSAが日本の協力の見返りに、インターネット上の電子メールなどを幅広く収集・検索できる監視システムを提供していたという。

インターセプトは、米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン氏が入手した機密文書に、日本に関する13のファイルがあったとして公開。NHKと協力して報じた。

報道によると、NSAは60年以上にわたり、日本国内の少なくとも3カ所の基地で活動。日本側は施設や運用を財政的に支援するため、5億ドル以上を負担してきた。見返りに、監視機器の提供や情報の共有を行ってきたと指摘している。

たとえば、2013年の文書では、「XKEYSCORE」と呼ばれるネット上の電子情報を幅広く収集・検索できるシステムを日本側に提供したとしている。NSAは「通常の利用者がネット上でやりとりするほぼすべて」を監視できると表現している。ただ、日本側がこのシステムをどう利用したかは明らかになっていない。

また、04年の文書では、通信機器を修理・製造する施設を東京の米軍横田基地に造る際、660万ドルの建設費のほとんどを日本側が負担したという。ここで作られたアンテナなどの機器が世界での諜報(ちょうほう)活動に使われ、「特筆すべきはアフガニスタンでのアルカイダ攻撃を支えたアンテナだ」と記載されていた。日本側の支出についての詳細は明かされていない。

この報道に対し、防衛省は24日、朝日新聞の取材に「お尋ねの『未公開文書』がいかなる性格の文書であるか詳細を承知していないため、防衛省としてコメントすることは差し控えさせて頂きます」としている。

インターセプトは、スノーデン氏から文書を提供され、多数の記事を書いてきたグレン・グリーンウォルド氏らが立ち上げたネットメディア。ネットオークション大手「イーベイ」創業者のピエール・オミディア氏が出資している。「ジャーナリズムは、行政や企業に透明性や説明責任を求めるべきだ」を編集方針として掲げ、内部告発などを積極的に求めている。(石原孝)


「ミニスナックゴールド」出荷数3日で3倍 「アメトーーク!」「マツコ」効果

最近は、スマートフォンの普及により「若者のテレビ離れ」と囁かれるぐらいテレビを見る時間が減っている人が多い時代ですが、やはりまだまだテレビによる影響力は絶大であるようです。人気バラエティ番組『日曜もアメトーーク!』と『マツコの知らない世界』で紹介されたヤマザキの「ミニスナックゴールド」の出荷量がすでに3倍以上に増えているとのことです。

私も、子どもの頃このパンが好きでよく食べていた記憶があります。しかし、最初の数口は最高に美味しいのですがすぐに飽きてしまうんですよね。また、白いシュガーが乗った部分はすごく甘いのですが、それ以外の部分の甘さは控えめであるため、変な食べ方になってしまうのもあるあるだと思います。それと、パンのどの部分を触ってもベタベタしているため、食べ終わった後はすぐに手を洗いに行きたくなりますね。懐かしさのあまり久しぶりに食べたくなった人や、番組を通じて初めて知った人が興味を持って食べたいと思ったため、一気に需要が高まったのでしょうね。

「バナナがダイエットに効果的!」と放送されれば次の日に店頭からバナナが消え、「納豆がダイエットに効果的!」と放送されれば同じように納豆が店頭から消える。これらはもう昔の話ですが、最近も「ベビーフードがダイエットに効果的!」と放送され、やはり次の日にベビーフードが品薄状態になり話題となりました。テレビからネットに人々が流れていると言われていますが、やはりまだまだテレビ人気は安泰のようです。

わずか3日の間に人気バラエティー番組2つに紹介された影響で、中高年には懐かしの菓子パンに注文が殺到していることが24日、分かった。山崎製パンの「ミニスナックゴールド」が、今月16日に放送されたテレビ朝日系「日曜もアメトーーク!」と18日放送のTBS系「マツコの知らない世界2時間SP」に登場。その結果、1日に8万個出荷されるのが通常の同製品が、19日には約3倍増の22万個になった。同社は「さらに品質のよい製品をつくろうと従業員のモチベーションが高まっている」と盛り上がっている。

大きくて、おいしくて、安くて。1970年に発売開始され、中年世代が中高生の時にほおばった、あの菓子パンが偶然の産物で、ブレークしている。

最初にスポットライトが当たったのが16日。「-アメトーーク!」の「ついつい甘いモノ食べちゃう芸人」として登場したチュートリアル徳井義実(42)が、定番の大好物として、「ミニ-」を取り上げた。ゲストの女優・天海祐希(49)も「外から食べる」とこだわりを示し、同商品談義で盛り上がった。

その2日後。今度は「-知らない世界」の「袋パン特集」のオープニングで、司会のマツコ・デラックス(44)が、スタジオに用意されたパンの陳列棚を眺め「ない!信じられない!」と「ミニ-」がなかったことに憤慨。その後、準備された同商品をおいしそうに食べる姿が映し出された。

放送翌日から山崎製パンには小売店からの注文が殺到した。通常、1日の出荷個数は8万個だが、「17日には20万個、さらに19日には22万個に増えた」(山崎製パン)という。1つの番組で紹介されても商品が売上げを伸ばすことは多いが、高視聴率の2番組によるW効果の破壊力はメーカーも想像以上。同社関係者は「多くの視聴者にご覧いただき、知名度の向上が売上増につながった」と大喜びだった。

同商品は菓子パン界の“金メダル級大ヒット!”を願って命名された。思いがけないメダルゲットに「従業員のモチベーションも高まっています」とした。


ツイッター漫画が届けた…涙に寄り添う手紙 「夜廻り猫」に手塚治虫賞 杏さんも愛読、人気の理由

ツイッターで話題になった漫画「夜廻り猫」が、第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞!最近は、ツイッターにて自分の作品を投稿したことで話題となりプロの道が開けたという話も珍しくなく、ツイッターでは漫画やイラストなどを始めさまざまな素晴らしい作品が日々発表されています。もちろん、中にはただの腐女子による妄想が垂れ流されただけのくだらない漫画も多いですが、あまりの可愛さに心が癒されたり、時には涙を流してしまうような感動する作品など素晴らしいものも非常に多いです。私も、アタモトさん(@atamotonu)というクリエイターが描く「タヌキとキツネ」が物凄く可愛くて大好きです!他にも気に入っている作品があり全て紹介したいのですが、好きな作品を並べるだけでも結構な字数が必要となってしまいますので割愛させていただきます。皆さんは、どんな作品が好きですか?

ツイッターで発表していた漫画家・深谷かほるさんの「夜廻り猫」が、第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞することが決まりました。猫の遠藤平蔵が、夜回りをしながら心の涙をかぎつけ、その涙にそっと寄り添う8コマの漫画です。ツイッターでファンを増やし単行本になった「夜廻り猫」。スマホの画面を通じて共感が広がるSNS時代のマンガの姿が浮かび上がります。

息子の暇つぶしになれば… 描きたくて描いた漫画

深谷さんが夜廻り猫を描き始めたきっかけは、長男の入院でした。

自宅の階段に猫の絵を飾っていましたが、「その猫の話が読みたい」と言うので、暇つぶしになれば、とA4の紙1枚に描きつけました。

せっかくなら発表しようと、ツイッターでつぶやき始めると「想像以上に反響がありました」(深谷さん)。

2017年3月には講談社から単行本1、2巻が出版され、直後に重版決定。

ウェブコミックの「モアイ」、朝日新聞夕刊やウィズニュースでも連載しています。

手軽に読めるツイッター 心にしみた

「夜廻り猫」の魅力は、どんなところにあるのでしょうか。

講談社の担当編集者は、「常に、弱いひとたちへの優しい目線があるのが、読まれる理由では」と話します。

単行本が出てから、毎日のようにファンレターが来たり、メールで反響が寄せられたりするそうです。

「誰にも言えないことや、苦しいことも、否定しないで受け入れてくれると感じるのではないでしょうか」

また、ツイッターで漫画を発表する手法が広まり、受け入れられるようになったことも人気を後押ししました。

夜眠る前に、ふとスマホでツイッターをのぞいて、夜廻り猫を読む。そんな読み方をしている読者も多いはず。

担当編集者は「『手軽にぱっと見たい』という思いに合致したのかも。ツイッターだからこそ刺さった部分はあるかもしれません」と話します。

杏さん「1ページでここまで膨らませられるとは…」

手塚治虫文化賞の選考委員で俳優の杏さんは「1ページでここまで膨らませることができるのか、深く想像させてくれることができるのか、と思わせてくれる」と絶賛。

雑誌連載から単行本という流れが多いマンガの世界で、ツイッター発はまだ珍しい存在です。実は、今回の選考では、杏さんが推薦作品に「夜廻り猫」を挙げました。

杏さんは「皆が皆、愛おしい。猫がかわいいなと思って手にとっても、猫達や関わる人々のあたたかさに心がじんとくる」と評します。

選考委員のひとり、漫画家の里中満智子さんは「気がつくと何度も繰り返し読んでいる…… 不思議な説得力あり」とコメントしています。

手塚治虫文化賞 短編賞を受賞「夢にも思わず」

深谷さんは「手塚作品は、太陽や月のように遥かかなたで輝くもの。漫画表現は、ほとんど全てが手塚先生の遺産で、私も先生から言葉を与えていただいて、今、誰かに漫画という手紙を書くことができるのだと思っています」と言います。

「でも、それも、ちっぽけな葉っぱの手紙のようなもの。太陽や月が見てくれているとは夢にも思いませんでした」

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。
遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。姑獲鳥(こかくちょう)に襲われ、けがをしていたところを遠藤たちが助けました。
ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。3月23日、講談社から単行本1、2を発売した。自身も愛猫家で、黒猫のマリとともに暮らす。


1 2 3 4 9