2016年11月 一覧

水木しげるが日本と世界の妖怪を描いた画集の復刻版、先着でポストカードも

水木しげるさんが描く妖怪は本当に存在感があり、人々の心を引きつける魅力があるためファンでなくても楽しめる画集になっていると思います。なお、この画集は1975年に出版された本の復刻版となっており、日本の妖怪だけでなく世界中の妖怪を100点以上も集めた大ボリュームになっているようです。今見ても古臭いと感じず全く色褪せることのない水木しげるワールドを体験してみませんか?

20161130_005

水木しげるの画集「東西妖怪図絵 愛蔵復刻版」が、2017年2月に復刊ドットコムより刊行される。

同書は1975年に読売新聞社より出版された「東西妖怪図絵」を底本に、復刻版として出版されるもの。日本の妖怪42点、世界の妖怪65点が収録された。中にはがしゃどくろ、バックベアードなど、ファンにはおなじみの妖怪も登場。原本が独特の黒インキにて再現され、初版刊行時と同じAB判の大判サイズで展開される。また復刊ドットコムにて購入した人には、先着でオリジナルポストカードをプレゼント。

なお明日11月30日は水木しげるの一周忌。水木が在住していた東京・調布市では、「ゲゲゲ忌」と称した記念事業を展開しており、明日もスタンプラリーやドキュメンタリー映像の上映などが行われる。詳細は調布市の公式サイトにて確認を。

(c)水木プロダクション 協力:読売新聞社


30日より松本人志がAmazon限定で新作お笑い映像を公開 「地上波では出来ないもの」

ダウンタウンの松本人志氏が地上波ではできないことを盛り込んで作ったお笑い映像「ドキュメンタル」がAmzonプライムで本日より配信が開始されました。松本人志が招待状を送って集められた総勢10名のお笑い芸人が、賞金1000万円を懸けて密室でお互いに笑わせあうサバイバル対決をするとのことです。なお、参加費には一人100万円が必要。果たして、どんな内容になっているのでしょうか。Amazonプライムに入会している方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?私は、プライム会員ではありませんが、この機会にAmazonプライムの無料お試しを使ってみようかと思っています。

20161130_004

【簡単に説明すると】
・松本人志の新作映像がAmazon限定公開
・10人の芸人が笑わせあい
・エピソード1は11月30日より公開

11月30日より松本人志がAmzon限定で新作の映像を公開した。その名も『ドキュメンタル』というタイトル。

松本人志から芸人10人に対して「ドキュメンタル」の招待状が突然届けられる。このバトルに参加するには参加費100万円が必要で、それを工面するのに葛藤。バトルの内容は密室で笑わせあいのサバイバルをするというもので、優勝賞金は1000万円。つまり最後まで笑わなかった者が勝ちである。参加したのは以下の10名。

FUJIWARA 藤本敏史、宮川大輔、野性爆弾 くっきー、ダイノジ 大地洋輔、東京ダイナマイト ハチミツ二郎、とろサーモン 久保田和靖、天竺鼠 川原克己、トレンディエンジェル 斎藤司、マテンロウ アントニー

制限時間は6時間で誰が最後まで勝ち残るのか? エピソード1は本日11月30日より配信開始でアマゾン限定となっている。

松本人志は「地上波では出来ないことを映像にした」と語っている。プライム会員の人は下記リンクより観ることができるぞ。


通販「偽サイト」を自動判別 兵庫県立大などが開発

楽天のサイトは、どのショップのものも素人が「ホームページビルダー」で初めて作ったのかと思うほど質が悪く、見づらいだけでなく使い勝手も悪いため本物なのか偽者なのかが余計に判別しづらくなっている気がします。私も、出来れば楽天なんて利用したくないため、欲しい物がアマゾンに無かったときぐらいしか楽天を利用しません。しかし、楽天のページを見るたびに本当に見づらくてストレスが溜まってしまいます。カートに入れるボタンや商品の価格、商品の在庫状況などユーザーが優先的に知りたい情報を意図的に下の方に置いているため、何度も下にスクロールさせる仕様なのが本当に腹立たしいです。

20161130_003

実際の通信販売サイトに似せた「偽サイト」の詐欺被害を防ごうと、兵庫県立大学と県警、インターネット通販大手の楽天が、自動的に偽サイトを検知する新技術を開発した。見た目は本物そっくりのためだまされて注文する人が多く、「商品が届かない」といった被害が県内でも急増する。今後は利用者が偽サイトを閲覧すると警告が表示されるアプリを開発するなど、技術の実用化を目指す。(初鹿野俊)

県警サイバー犯罪対策課によると、偽サイトによる県内の詐欺被害は今年1~6月で110件、被害額計約230万円に上り、昨年同期から倍増した。偽サイトで商品の大幅割引などをうたい、購入代金を支払っても商品が届かないという被害が目立つという。

県警に寄せられる偽サイトの情報は、警察庁などを通じて民間のウイルス対策ソフトに反映されている。だが、消えては別の偽サイトが作られる“いたちごっこ”の状態が続き、楽天だけでもロゴが無断使用されるなどの偽サイトが6500以上確認されている。

そこで、県立大の申吉浩教授(応用情報科学)が中心となり、県警と楽天が蓄積する偽サイトの情報を分析。サイト作成に必要な「コンピューター言語」の組み合わせに着目した結果、偽サイトに多いパターンが発見された。

新技術は、この組み合わせを自動的に正規のサイトと比較することで偽物を見分ける仕組みで、テストでは98%の確率で判別に成功した。当面は楽天の偽サイトを対象に、閲覧時の警告表示などの開発を進めるが、他社サイトへの応用も視野に入れている。

県警は「被害が発生してからの事後対応ではなく、先回りして偽サイトの被害を未然に防げる」と意義を強調する。


『マツコの知らない世界』で捏造か スキ間掃除の世界の掃除後のキーボードが別物に

はい、またテレビ番組にて捏造が発覚しました。もう珍しくも何とも無いので驚くどころか「あぁ、またか」と思う人も多いことでしょう。番組内でサイバークリーン』というキーボードなどの隙間を簡単にお掃除できる商品が紹介され、テレビ局に置いてあった汚いキーボードを掃除してそのビフォーアフター画像を公開したのですが、その二つのキーボードが完全に別物という事態に。この商品では大して綺麗に出来なかったんですかね?それとも使ってすらいないで最初から似たキーボードを用意していた?どちらにしろ、マツコさんの「テレビ局って汚いでしょ」という言葉は本当にその通りだと思います。

20161130_002

【簡単に説明すると】
・『マツコの知らない世界』でスキ間掃除特集
・キーボード掃除のビフォア、アフターが別物に?
・Windowsキーのロゴが全く違う

11月29日の21時20分から放送された『マツコの知らない世界(TBS系)』にて「スキ間掃除の世界」の特集が行われた。お手軽すき間掃除グッズベスト7が公開されその中にキーボードなどの隙間を掃除する『サイバークリーン』が6位として紹介された。

「マツコがきったないキーボードね」「テレビ局って汚いでしょ」としながら掃除を開始。するとビフォア、アフターで掃除前と掃除後が別のキーボードなのだ。何故同じキーボードじゃなくて別のキーボードでビフォア、アフタなのか? 予想以上にゴミが取れずにアフターとしての絵が撮れなかった。何個かキーボードを持って来て掃除している内にごちゃごちゃになり間違えてしまった……などなどいろいろ推測できるがハッキリとした理由は不明。

ビフォア、アフターのキーボードの違いはWindowsキーのロゴで分かる。ビフォアのキーボードは汚れだけでなく、キーボードの文字もかすれており、アフターになるとそのかすれたボタンの文字が復活しているのだ。

まるで新品同様状態に。今回の『マツコの知らない世界』は12月6日(火)20:56までTVerで無料で観ることができる。


「まいど!」と声かけた市民を暴行 39歳神戸市職員を停職処分…「帰れ」と激高

えっ!?何の罪も無い一般市民に暴行を加えたのにたった一ヶ月の停職処分で済むってマジ?しかも、加害者は入ったばかりの新人とかではなく係長という肩書きを持っている39歳。さらに、被害者の方には電話で謝罪しただけとのこと。被害者の方がとても優しい方で大事にしないでくれたのでしょうか。それにしても、こんなすぐにキレて襲ってくるような職員がいる区役所なんて絶対に行きたくありませんよね。また、市行財政局の課長に関しても部下の女性に迷惑を掛けたとのことで減給処分を同日に受けたとのことです。この役所はどうなってるんだ!?こんな人間が複数いることにも驚きますが、総じて処分が軽いことにも驚きます。

20161130_001

区役所の受付窓口で、市民に「まいど」と声をかけられたことに激高して暴行したとして、兵庫県神戸市は28日、東灘区役所の係長の男性職員(39)を停職1カ月の懲戒処分とした。

市によると、8月5日午後3時50分ごろ、同区役所を訪れた高齢男性が「まいど」と職員に声をかけ、手招きしたところ、職員は「なんじゃい」「帰れ」と大声で暴言を吐いた。その上、受付カウンターの外に出て男性の身体を手で押して追い返そうとし、周りの職員に制止された。男性にけがはなかったという。

同日夕、職員は男性に電話で謝罪。市の調査に対し、「部下からの相談や難しい仕事が立て込み、イライラしていた。『まいど』といわれ腹が立った」と話しているという。

また、部下の20代の女性職員に対し、業務外の内容のメールを深夜や休日に複数回送った市行財政局の課長の男性職員(56)についても同日、減給10分の1(6カ月)とした。

男性職員は8月8~14日、飲み会の約束を突然断られたことに腹を立て、「失望した」「当分立ち直れない」などといった内容の長文メールを十数回送信。女性職員は精神的苦痛を訴え、8月下旬から欠勤しているという。


年末年始は“360度ふともも空間”で温まろう「ふともも写真の世界展 2016-17」

ヤバイ!超行きたい!老若男女問わず太ももを愛する人たちの心を鷲掴みにする素晴らしき写真展が年末年始に開催されます。美しい魅惑の脚を見ながら幸せな気分で2016年を終え、そしてまた新たな気持ちで太ももを眺めて素晴らしき2017年を迎えたい!ていうか、こんな素敵な写真を見たら絶対に迎えられそう!でも、この写真展には一体どういった人たちが見に行くのか?そして、どんな雰囲気なのか?おそらく、同士ばかりが集まっているため周りの目を気にする必要は無さそうですが、あまりの興奮に我を忘れて暴走している人がいるんじゃないかという恐怖もあります。

20161129_005

女性の“ふともも”をモチーフに作品を撮り続ける写真家・ゆりあ氏の個展「ふともも写真の世界展 2016-17」が、東京・浅草橋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」にて12月16日から1月22日まで開催される。これまでに2万人を動員した企画で、今年の冬は「温泉」がテーマの作品を中心に展示される。

会場内には、本展のためだけに撮り下ろした新作作品に加えて、人気作品など500 点以上を展示するという。また、新年を迎えると同時に展示内容を入れ替えて気分も一新され、2016年と2017年では違った“ふともも空間”を楽しめるのも魅力のひとつだ。

写真家のゆりあ氏は、2011年から本格的に“ふともも”を撮り始め、2014年11月のデザインフェスタへの「ふともも写真館」出展で注目を集めた。2015年初頭に2冊の写真集を連続出版し、2015年7月には初の個展「曖昧☆ふともも写真館」を同ギャラリーにて開催。2016年2月には5冊目となる写真集『ふともも写真館2』を出版するなど、“ふともも”をモチーフにした写真活動を日々行っている。

「フェティシズムの追求からアートへと昇華した『ふともも写真の世界展』は、性別や嗜好を超えて楽しめる内容になっており、“フェティシズムアートのニューウェーブ”として新たなシーズンを迎えている」と担当者は言い、こうしたフェティシズムとアートの写真展には、意外にも女性の来場者が多くを占めるという。

特設スペース「360度ふともも空間」では、オール新作の撮り下ろしとなる “温泉版”の作品展示を展開。 温泉街で撮影された作品や、足湯、露天風呂に浸かった“ふともも”たちを展示予定で、まるで一緒に温泉に行っているような作品を多数展示。ハリのある白いふとももに思わず釘づけになってしまい、アートで温まるという異体験を楽しめることだろう。

年末年始にちなんだ企画として、年内は「ふとももクリスマスツリー」の展示、年明けは「ふともも袋」が販売される。 初の大型立体作品となる「ふとももクリスマスツリー」は、200 点以上のふともも作品でデコレーションされ、点灯式も12月23日に行われる予定だ。

いま、アートの発信地として注目が集まっている東京の下町エリアは、若者文化で賑わっている。ハンドクラフト系職人が集う蔵前、元材木倉庫街でサードウェーブの代名詞となったコーヒーの街・清澄白河、腕のある職人がしのぎを削る御徒町、古問屋街から小洒落たアートの街に変貌した馬喰町。こうした下町エリアの中心にある浅草橋から、新たなフェティシズムアートが発信されている。


<ASKA容疑者>覚醒剤の陽性反応で逮捕 執行猶予中

執行猶予中のASKAがまた覚せい剤を使用して逮捕!やはり、一度覚せい剤に手を出してしまうと完全に覚せい剤を絶つことは難しいんですね。太ると分かっていてもお腹が空いたら真夜中にラーメンを食べてしまうように一度知ってしまった喜びを完全に忘れることは不可能であり、ラーメンとは比べ物にならないほどの中毒性を持つ覚せい剤に二度と手を出さないと決意したとしても、それを死ぬまで突き通すことができる人間は多くないのかもしれません。だからこそ、絶対に一度たりとも手を出させないようにもっと重い罪にするべきだと思うんですけどね。また、使用者だけでなく売る側にももっと重い罪を科すべきです。

20161129_004

覚醒剤を使用した疑いが強まったとして警視庁組織犯罪対策5課は28日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)=東京都目黒区東が丘1=を逮捕した。尿鑑定で覚醒剤の陽性反応が出た。ASKA容疑者は2014年に同法違反などの罪で有罪判決が確定し、執行猶予中だった。

逮捕容疑は今月中旬~同25日ごろ、東京都内やその周辺で、覚醒剤を使用したとしている。調べに対し「私が提出した尿から覚醒剤が検出されたとのことで逮捕されましたが、事実に反します」と容疑を否認しているという。

同課は今後、自宅など関係先を家宅捜索するなどして裏付けを進めるとともに、覚醒剤の入手ルートについても調べる。

同課によると、ASKA容疑者は25日午後7時ごろ、「盗撮されているので確認してほしい」と自ら110番した。警視庁の捜査員が自宅に駆けつけたところ、言動に不自然な点があったため、尿の任意提出を要請。ASKA容疑者は素直に応じたという。当時は妻と2人で自宅にいた。

同課が尿を鑑定した結果、28日になって覚醒剤の陽性反応が出たため、自宅から任意同行を求めて逮捕した。

ASKA容疑者は友人だったCHAGEさんと音楽デュオ「チャゲ&飛鳥」(後に「CHAGE and ASKA」と改名)を結成し、1979年にデビュー。テレビドラマの主題歌となった「SAY YES」(91年)などがヒットしたが、09年に活動を休止。その後はソロで活動していた。

13年、「薬物使用疑惑」が週刊誌に報じられ、活動自粛を発表。14年5月、都内や周辺で覚醒剤や合成麻薬MDMAを使用したなどとして、覚せい剤取締法違反などの容疑で警視庁に逮捕された。「覚醒剤を暴力団組員などから入手し、使っていた」と容疑を認め、同年9月に東京地裁で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた。


「優先席では席譲るべき」と考える人が減少

トラブルに巻き込まれる確率が格段に上がってしまうため絶対に優先席には座らないと決めています。また、優先席ではない通常の席に座っている場合でもよっぽどのことが無い限り譲りません。立たせてるのは心が痛んでしまうような高齢の方は例外ですが、それでも譲ってもらえるのが当たり前と思ってるような傲慢な態度の老害には絶対に譲りません。というか、駅のホームにはどこで待っていれば優先席が近いのかがしっかりと表示されているんだから、それを自分で確認して優先席近くのドアが目の前に停まる場所で待ってろと思うんですけどね。

20161129_003

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所は11月28日、「公共交通機関を利用するときの意識調査」のひとつ、「ゆずりあい精神の意識調査」の結果を発表した。

この調査は、10代〜70代の男女3,413人を対象に行われたもの。まず、「あなたは優先席では席を譲るべきだと思いますか」とたずねたところ、全体の75.9%の人が「はい(優先席では席を譲るべき)」と回答した。

前回(2013年実施)の調査と比較すると、「はい(優先席では席を譲るべき)」が17.1%減少しており、対して「どちらともいえない」が9.5%増加。年代別で比較すると「どちらともいえない」と回答する50代が他の年代に比べて多くなっていることがわかった。

次に「あなたは優先席以外でも席を譲るべきだと思いますか」と質問。こちらは「はい(席を譲るべき)」という回答は約半分(57.1%)に減少した。対して「どちらともいえない」は約2倍に増えてた。前回の調査(2013年実施)と比較すると、「はい(席を譲るべき)」と答えた割合は全体で19%ほど減少しており、優先席である・ないに関わらず、3年前と比べて席を譲る意識が低下していることが判明している。

さらに「あなたは座席を譲ろうとした相手に断られた経験がありますか」とたずねると、全体の約6割が「はい」と回答。半数以上が、“席を譲るべき相手”だと思われる人に席を譲ろうとした結果、断られてしまった経験があるようだ。前回の調査(2013年実施)と比較すると、席を譲ろうとした相手に断られた経験がある人が9%ほど増加しており、「(優先席である・ないに関わらず)席を譲る意識が低下している」ことと関係があると推測される。

そして「あなたが座席に座っていて、目の前にお年寄りや妊婦がいると気づいても席を譲れなかったことがありますか」との質問では、全体の58.8%、約6割の人が「断られると思って譲らなかった」「降りる駅が近いので譲らなかった」「譲る気がなかった」のいずれかの理由で席を譲らなかった経験があるようだ。

席を譲らなかった経験がある人は、前回の調査(2013年実施)から14.4%増加しており、なかでも「譲る気がなかった」の回答が約2倍に。男女ともに増加していた。


日本版ブラックフライデー ネーミングに難ありの声も

アメリカで成功しているからと言って日本でも成功するとは限らない。日本の広告にいきなり「ブラックフライデー」なんて書かれていても、当然何のことだか分からない人がほとんどです。このブラックには「黒字にする」という意味が込められていますが消費者にとってはそんなことは関係ありませんし、クリスマス商戦や年末商戦に加え新春の初売りと控えているこの時期にセールを打ち出してもあまり効果が得られない気もします。しかし、少しでもセールが開催される機会が増えるのは消費者にとっては嬉しいニュースであることは間違いありません。日本でも「ブラックフライデー」が根付き、さまざまなお店でセールが開催していろんな物が安く購入できるようになれば少しは国民の消費が増えることも望めるかもしれませんね。出来ればもっとネット通販のセールを増やしてくれると嬉しいんですけどね。

20161129_002

デフレ脱却、高額商品人気、訪日外国人の爆買い……、こんな景気のいい話は束の間のムーブメントで終わり、個人消費は再び低迷期に突入している。人々は「安売り」や「特売」などのセール品にばかり狙いを定め、財布のヒモは総じて固いまま。

そんな中、小売業最大の“稼ぎ時”といえる年末商戦がスタートした。少しでも消費ムードを高めようと今年からイベント色を強く打ち出しているのが、「ブラックフライデー」だ。

米国で毎年恒例になっている11月第4木曜日の「感謝祭」。その翌日の金曜日から大規模な年末セールが行われる商慣習のことで、その成功にあやかり、日本でも定着させようと各社が企画した。米国生まれのカジュアル衣料品「GAP」や玩具用品「トイザらス」、そして今年はユニクロや家電量販店など日本企業も次々と便乗したことで話題が集まった。

特にブラックフライデー導入に積極的だったのが、巨大小売りチェーンのイオンだ。

11月25日(金)より3日間、全国のイオンやモールテナントも含め約2万店で大規模なセールを実施。食料品や家電、日用品などを中心に最大半額となる目玉商品や、ブラック(黒)にちなんで価格に「96」のつくセール商品を揃え、多くの買い物客で賑わった。

「ブラックフライデーとは知らずにイオンモールに行ったら、施設全体に“衝撃の3日間”と書かれた垂れ幕が掲げられていて驚きました。セール品の詳細を見たら、まるで新春の『初売り』のような価格帯の商品もありましたが、まだ年末年始に使う予算も決めていないので、大きな買い物はしませんでした」(神奈川県在住の40代主婦)

確かに、冬のボーナス前で歳末セールにも少し早いこの時期、日本でブラックフライデーという新しいイベントを根付かせて消費意欲を喚起するのは容易なことではない。

流通アナリストでプリモリサーチジャパンの鈴木孝之氏は、こんな見解を示す。

「ブラックという言葉には“黒字になる”という意味が込められていますが、そんな企業視点でのメッセージはお客さんには関係ありませんし、そもそも日本ではブラック企業に代表されるようにマイナスのイメージがつきまといます。まずはネーミングからして値引きセールとはマッチしません」

それよりも懸念されるのが、セール効果の分散化である。日本ではこれからクリスマス、歳末大売り出し、そして新春の初売りとセールと続く。事実、今回のブラックフライデーで買い物をした人からは、こんな声も聞こえてきた。

「ちょうど子供が欲しいと言っていた玩具が安く売っていたので、クリスマスプレゼントにする目的で早めに買って自宅に隠してあります」(30代女性)

小売業界が目論むブラックフライデーが、年末年始のセール本番に向けた“前哨戦”のつもりであっても、消費者の消費意欲が続いてゆくとは限らないのだ。前出の鈴木氏もこういう。

「わざわざブラックフライデーを取り入れなくても年末セールはどんどん前倒しの傾向にありますし、衣料品をはじめ小売業界の『在庫一掃セール』的な意味合いは消費者も敏感に気付いています。

だから、たとえ『期間限定、早い者勝ち』などと煽ったからといって、慌てて安物に飛びつく消費者は少なくなりましたし、いまはリアル店舗よりもネットで買ったほうが安い場合も多い。消費構造が大きく変化している中で、マスを相手に大量の商品を安売りでさばけば必ず売り上げに結びつく時代ではありません」

本家・米国のブラックフライデーでも、実店舗の売り上げは減り、代わりにネットショッピングの支出額が増えている。ブラックフライデーの翌週月曜はオンラインショップ等の歳末セール開始日、「サイバーマンデー」と呼ばれているが、日本でもリアル店舗のお祭り騒ぎよりもネット販売に力を入れるべきかもしれない。

いずれにせよ、冷え込んだ消費を再び拡大させるべく「安売り」ばかりに頼っていたら、小売業も消費者も“セール疲れ”してしまうだろう。

当たり前だが、日本版ブラックフライデーの成否は米国版の“直輸入”ではなく、日本の置かれた消費動向にどれだけ即せるかにかかっている。


<FF15>アキバに数百人の行列 苦節10年、ようやく発売

ついに、PS4/Xbox One向けにシリーズ最新作『FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジーXV)』が発売されました!いやー、10年もの年月を掛けて開発されたはずなのにクソゲーでやっぱつれぇわ!世界同時発売となった本作は、流通の関係で海外では発売日の一週間以上も前に店頭に並んでいた店も存在しており、フラゲ(フライングゲット)に成功した海外のユーザーがPlayStation 4のネット配信機能を使って配信していたため、マップが狭い上にスカスカな内容、全てのボスがポーションをガブ飲みしながら攻撃するだけで倒せる戦略性が皆無な戦闘、壮大なファンタジーとはとても言いがたい稚拙なシナリオなどが発売日前に発覚してしまいネット上ではお葬式ムードが広がっていました。しかも、なぜかゲームプレイを配信していた外国人を責めるのではなく、その配信を見て「FF15はヤバイぞ…っと☆!」という情報を拡散した日本人が特に悪いという意味不明な発言を本作のディレクターがして炎上していました。海外の2倍近くもする定価で買わされる上に、配信を見て率直な感想を言っただけなのに責められるなんて酷すぎます。

20161129_001

世界でシリーズ1億本以上を出荷しているスクウェア・エニックスの人気ゲーム最新作「ファイナルファンタジー(FF)15」が29日、全国で一斉に発売。午前8時過ぎに発売記念イベントが行われる東京・秋葉原の「ヨドバシマルチメディアAkiba」では、午前7時時点で200人以上の行列ができた。

FF15は、2006年のPS3の披露と共に「FFヴェルサス13」のタイトル名で、FF13シリーズの一つとして発表された。その後発売時期が「未定」のままで7年が経過し、13年にタイトル名を「FF15」に変更。それに遭わせて対応ハードもPS3用ソフトからPS4用ソフトに変わった。さらに14年、ディレクターを野村哲也さんから「ファイナルファンタジー零式」などを手掛けた田畑端さんに交代して制作を進めていた。当初の発売日は2016年9月30日だったが、ゲームの完成度を高めることを理由に約2カ月延期した。

ゲームは、和平調印式の当日に帝国ニフルハイムは王国ルシスを裏切って王都を襲撃されてしまい、父と婚約者、自身の訃報の報道を聞いたルシスの王子ノクティスの元には、3人の仲間と父の愛車だけが残されていた……という内容。PS4とXboxOne向けで、日本語や英語など12カ国語に対応する。


1 2 3 4 9