スポーツ 一覧

日馬富士、引退を決断!伊勢ケ浜親方が明かす「暴行問題の責任は重い」

暴行事件を起こして現在大騒ぎとなっている大相撲横綱の日馬富士が引退を決意!当初は、引退は絶対にしたくない思いを語っていた日馬富士ですが、角界やマスコミが不自然なほど日馬富士を擁護し、何故か暴行を受けた被害者である貴ノ岩や愛弟子を守ろうとする貴乃花親方が叩かれていました。しかし、角界はもう隠し通すことはできないと判断し、本人も逃げ切ることは出来ないと思ったのか引退を決意していることが判明したようです。暴行を加えたことが事実である以上、自業自得ですから全く同情できませんね。殴ってケガをさせたことが重要なのであって、何で殴ったか凶器を明らかにさせようとするマスコミが多いのが本当に謎でした。ただ話題を逸らしたかっただけなのでしょうかね。当然、日馬富士が引退したら全て解決というわけではありません。角界の隠蔽体質を少しでも改善するきっかけになれば良いのですが、まぁそんなことは全く期待できそうにありませんね。

横綱・日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)が現役引退を決めたことが29日、明らかになった。師匠の伊勢ケ浜親方が明かした。また、同日午後、福岡県内で会見を開くことも明らかになった。

日馬富士は平幕・貴ノ岩(27=貴乃花部屋)への暴行事件の責任を取る形で引退することになった。警察や日本相撲協会の調べが進む中で自ら決断した。

伊勢ケ浜親方は「問題を起こし、相撲協会と世間に大きな迷惑を掛けた。この責任は重いと判断した。(29日の)番付編成会議で引退届を提出する」と話した。

日馬富士は秋巡業中の10月25日深夜から26日未明にかけて、鳥取市内での酒席で貴ノ岩を暴力を振るった。捜査関係者によると、平手やカラオケのリモコンで殴ったことを認めている。27日に行われた横綱審議委員会(横審)の定例の会合では、北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)が「非常に厳しい処分が必要だろう」と語るなど、最悪の場合は引退勧告を出す可能性も示唆していた。

◆日馬富士 公平(はるまふじ・こうへい=本名・ダワニャム・ビャンバドルジ) 1984年4月14日、モンゴル・ウランバートル生まれの33歳。00年9月に来日し、01年初場所で初土俵を踏む。04年春場所で新十両、同年九州場所で新入幕。08年九州場所後に大関昇進。12年秋場所後に第70代横綱に昇進。幕内では9度優勝した。金星1個。三賞10回。得意は突っ張り、右四つ寄り。趣味は水彩画。血液型O。1メートル86、137キロ。


ザスパ 終戦 32敗 遠いゴール サポーター 怒号や抗議の横断幕

【悲報】群馬県のサッカークラブ「ザスパクサツ群馬」が弱すぎてブーイングの嵐!今年は、32敗もした上に最下位と最低な結果で終わってしまい、J2からJ3へと降格してしまうことがほぼ確定という窮地に陥っているようです。まぁ、仮にJ3降格を免れたとしても来年も散々な結果で終わってしまいそうですから、一度J3で戦って勝利する感覚を思い出してもらいJ2でリベンジして欲しいところですね。すみません、偉そうなことを言っていますがサッカーは全然見たことがなくて何も知りません。でも、ザスパがビックリするぐらい弱いという情報だけは何故か知っています。ところで、サポーターのコメントを見ていて気付いたのが、10歳の少年がすごく分かり易く良いコメントをしてくれていました!どのスポーツもそうですが、試合にて自分の納得できる動きをできるようになるだけでも大変なのに、頻繁にポジションチェンジをするような状態で自分の力を発揮できるわけがありませんよね。しかし、ホームでの試合にも関わらずブーイングが起きるとは相当酷い試合内容だったのでしょう。ただ、中途半端な順位にいるよりは最下位の方が目立って良いかもしれません。

 サッカー明治安田J2最終第42節は19日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬などで行われ、ザスパクサツ群馬はホームで長崎に1―4で敗れ、リーグ参入1年目の2005年以来となる最下位でシーズンを終えた。通算成績は5勝5分け32敗の勝ち点20。シーズン32敗はクラブ史上最悪の数字となった。

 ザスパは試合開始直後から長崎に押し込まれ、前半9分、15分と立て続けに失点。持ち直せず迎えた31分にもゴールを奪われ、後半28分には相手のコーナーキックからオウンゴールで4点目を献上した。

 同40分には、J通算300試合目の出場となったFW盛田剛平が前線の起点となり、FW姜修一(カンスイル)の今季通算10得点目のゴールで1点を返したが、追い付けなかった。

 最終節の来場者は5712人だった。

 試合終了後の式典では都丸晃社長と森下仁志監督が成績不振を謝罪、欠場した山岸祐也も「思うような結果が出せなかった。申し訳ない気持ちでいっぱい」と頭を下げた。

◎「責任の重さ痛感」 あいさつ時、言葉遮るほどのブーイング

 ザスパクサツ群馬の最終戦セレモニーが試合後に行われ、都丸晃社長、森下仁志監督、山岸祐也選手の3人が応援を続けたサポーターに感謝の意を伝えた。社長と監督のあいさつではサポーターからブーイングが起こる場面もあった。

 都丸社長は「結果は最下位。責任の重さを痛感する」と述べた。「新しい体制にしっかりとバトンタッチすることが私に課せられた使命。これからスタートラインに立てるよう、尽力する」と訴えた。

 森下監督は「皆さんの期待に応えられず申し訳ない。これからもチーム、選手たちのことをよろしくお願いしたい」と述べた。

 2人のあいさつの時、言葉を遮るほどのブーイングがとどろいた。スタンドには「群馬県フットボール界に問う」「協会を含め真の未来は在るのか」と書かれた横断幕が掲げられた。

 選手を代表して山岸選手は「こういう状況でも、最後まで応援してくれたことは本当にありがたかった」とし、言葉を詰まらせながら気持ちを伝えた。

 その後、選手はスタンドのサポーターとハイタッチで交流した。大きな拍手とともに「来年も一緒に戦おう」と力強い後押しの言葉が響いた。

◎サポーター 新体制に期待 来季巻き返しを

 サッカーJ2ザスパクサツ群馬が長崎と対戦した19日、正田醤油スタジアム群馬(前橋市)では今季最終戦を白星で飾ろうと、サポーターが大声援を送ったが報われなかった。ザスパはリーグ最下位が確定しており、今後のJ3の結果次第でJ2から降格する。サポーターは低迷したチームを叱咤(しった)激励し、新体制で臨む来季の巻き返しに期待を込めた。

 「選手の起用や戦術に疑問を感じることが多かった。来季は負けても見ていて楽しいサッカーをしてほしい」。試合後、安中市の会社員の女性(41)は注文を付けた。

 今季の戦いぶりに不満を持つサポーターは多い。前橋市の栄養士の女性(35)は「点を取ってやるという意識に欠けていた気がする」と肩を落とした。藤岡市の男子小学生(10)は「選手のポジション変更が多く、あまり良い試合ができていなかった。来年は勝つ試合を見たい」と望んだ。

 成績低迷の中で、サポーターはフロントや森下仁志監督に不信感を募らせた。クラブは今月初旬、社長とゼネラルマネジャー(GM)の辞任と監督の退任を発表した。

 「勝ち点が昨年の半分以下という成績は監督の責任」。前橋市の会社員の男性(50)は指摘した。高崎市の会社員の男性(29)は「今季のフロントの状況を見れば、J3に降格しても仕方ない。立て直してザスパらしいサッカーを見せて」と期待した。前橋市の自営業の男性(49)も「フロントの刷新で改善に向かってほしい」とした。

 応援を続けようと決意を新たにするサポーターも。高崎市の会社員の男性(39)は「1年でJ2に戻ってこれるように頑張ってほしい」と力を込める。玉村町の会社員の男性(39)は「チームがある限り応援を続ける」と宣言した。

 リーグ最下位という結果をクラブ改善のきっかけととらえる意見もあった。伊勢崎市のパートの女性(48)は「ザスパは県内のサッカーをけん引し、子どもたちに夢を与える存在であってほしい。フロントと選手、サポーターのみんなで、群馬にザスパがある意味を見つめ直す機会としたい」と前を向いた。前橋市の保育士の女性(31)は「クラブとサポーターの関係を修復し、来季は応援を楽しめる雰囲気になってほしい」と要望した。

◎J3降格はまだ確定せず

 J2の下位2チームは本来、自動的にJ3へ降格となるが、現状ではまだ降格は確定していない。19日現在、J3の上位3チーム中2チームがリーグ参入資格となるJ2の「クラブライセンス」を保持しておらず、ザスパにもJ2残留の道は残されている。

 J3の順位は1位秋田(勝ち点58、得失点差22)、2位栃木(同58、同20)、3位沼津(同57、同33)となっており、このうち秋田と沼津が来季のライセンスを交付されていない。

 今季の規定では両チームが上位2位までを占めると昇格がなくなり、J2からの降格もなくなる。J3は残り2試合。状況次第で最終戦(12月3日)までもつれる可能性もある。


フランス「北朝鮮の核状況悪化時は平昌五輪に不参加の可能性も」

北朝鮮は、正確には大韓民国と未だに戦争状態が続いているわけですから、こんな情勢の中でオリンピックが開かれるようなら参加したくないと考えるのが自然です。今後、北朝鮮の核問題がどのように発展していくのかは誰にも分かりませんが、少しでも全人類にとって良い方向に進むことを願うばかりです。しかし、北朝鮮に期待するのは間違っており、核やミサイルは他国との交渉の道具に利用するためと分かっていても油断は一切できません。また、日本列島に着弾していないとは言え、何度も上空を通過させる軌道でミサイルを発射している以上、もはや北朝鮮自ら交渉する余地も絶ってしまったと考えるほかありません。

フランスが、北朝鮮の核の脅威が高まった場合は来年2月に開かれる2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックに参加しない可能性があると明らかにした。

21日(現地時間)のAFP通信によると、フランスのローラ・フレセルスポーツ相は同日、RTLラジオに出演して「(北朝鮮の核の)状況が悪化したり安全が保証されない場合、フランス代表チームは(オリンピックに出場せず)ここにいる」と明らかにした。フレセル長官は「私たちのチームを危険に陥れることはできない」と付け加えた。

フレセル長官は「4年以上熱心に練習してきた私たちのチームに対して心配しなくていいと話す」とし、「外交部と協議し、状況を注視する」と話した。

フレセル長官は北朝鮮の核の脅威のために平昌冬季オリンピックに参加しない可能性があるということを公開的に明かした1人目のフランスの政治家だ。

AFP通信は「来年2月9日~25日に行われる平昌冬季オリンピックは、休戦ラインから80キロメートルしか離れていない場所で開かれる」と説明した。

フレセル長官の発言はトーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長が最近韓半島(朝鮮半島)の状況による安保への懸念を一蹴した翌日に出たものだ。

バッハ委員長は「北朝鮮と他国間の緊張と関連してゲームの安全が脅威を受けているという兆候は何も現れていない」と明らかにした。

続けて「IOCは韓国、北朝鮮政府と接触しており、2018年冬季オリンピックに対する如何なる疑いも提起されていない」と話した。

また、他のIOC関係者も「プランBはない」と断言した。北朝鮮の核問題のために平昌冬季オリンピックが取り消される可能性はないという意味だ。


大阪桐蔭との試合で1塁手の足を蹴っていた!? 仙台育英の選手の走塁がネットで議論・炎上中

毎年大きな盛り上がりを見せる「全国高等学校野球選手権大会」ですが、先日の大阪桐蔭と仙台育英との試合にて仙台育英の走者が、ファーストを守る大阪桐蔭中川卓也選手の足を故意に蹴ったのではないかと話題になり炎上しています。私は、動画を見る限り故意に蹴っているようにしか見えませんが、中にはこれは故意ではないと擁護する声も少なくないことに驚きを隠せません。もし、1塁を目掛けて全力疾走していたらたまたま左足が当たってしまったのだとしたら、まるでサッカー選手がPKにてサッカーボールを思いっきり蹴るようなフォームになるでしょうか?また、故意であるかどうかに関わらず蹴ってしまったことは事実なのだから、まずは相手の選手に対して謝罪をするべきなのに謝るどころか言い訳をしていることが火に油を注ぐ原因となり大きな炎上となっています。なお、この仙台育英の選手は宮城県予選の日本文理戦でも足蹴りの疑惑が持たれているようです。果たして、こんな偶然があるのでしょうか?

現在行われている、全国高等学校野球選手権大会。

8月19日に行われた大阪の大阪桐蔭と宮城の仙台育英の対決は、1-0でむかえた9回裏に仙台育英が2点をとり逆転サヨナラ勝ちとなった。

この試合、9回裏2死の場面で内野ゴロでゲームセット、大阪桐蔭の勝利か……と思われた場面で1塁手の中川卓也選手がベースを踏んでいなかったとしてセーフに。その後サヨナラの展開となった。

その前の7回裏の仙台育英の攻撃にて、渡部夏史選手が内野ゴロを打って1塁を駆け抜ける際に右足でベースを踏み中川選手の足を蹴っていたことが物議を醸している。

試合後、車椅子で甲子園を去ることになったという中川選手。このプレーがなければ、9回は普通に1塁に足をつけたまま捕球しアウト、大阪桐蔭の勝利だったのではないかということのようである。

7回裏の走塁、「故意に蹴った」「わざとじゃない」とネット上では議論が紛糾する。仙台育英、渡部選手いずれもネット上で大炎上し、渡部選手はSNSをやっていたが監督の指示で閉鎖したと報じられている。

20日の試合では、仙台育英は広島の広陵に敗れる。渡部選手はスタメンを外れ出場することはなかった。

試合に敗れたものの、7回裏の場面の動画は『Youtube』に検証動画がアップされたり、GIF動画にされるなどして(http://imgur.com/zIC7BbS)、仙台育英の過去の不祥事リストなどとともに拡散され炎上は続いている模様である。

※画像は『Youtube』より

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』


ビーナス・ウィリアムズ会見で涙 交通事故の質問続き…

やはり、どこの世界でもマスメディアが他人の気持ちを考えられない人種なのは同じのようです。テニスの四大国際大会である「ウィンブルドン選手権」に出場し見事一回戦をストレート勝ちしたビーナス・ウィリアムズ選手のインタビューにて、テニスと関係ないばかりか先日彼女が起こしてしまった交通事故を責めるかのような質問が相次ぎ涙を流す場面があったようです。なぜ、勝利を収めたことを褒め称える場所でそのような質問を投げつけてしまうのか?相手の気持ちを一切考えられない障害を持っているとしか思えません。日本でも、本来の趣旨から大きく離れた質問を投げつける記者が多いのは日常茶飯事ですし、、マスメディアがマスゴミと呼ばれているのは日本だけでなく世界共通であるようです。

◇テニス ウィンブルドン選手権第1日(2017年7月3日 英ロンドン・オールイングランド・クラブ)

女子シングルス1回戦でストレート勝ちを収めた第10シードのビーナス・ウィリアムズ(37=米国)が試合後の会見で涙を流した。6月上旬に交通事故を起こし、相手の車に同乗していた男性が死亡していたことが開幕前に判明。この日の試合後の会見には会場ぎっしりのメディアがつめかけた。

最初は「辛い時期があっての今大会だったと思うが」「先月からここに至るまでどんな心境だったか」などと婉曲的な質問が続き、V・ウィリアムズも「20回もこの大会に出られるとは思っていなかった」「テニスはいつも喜びを与えてくれる」などとかわしていた。しかし、終盤に「フェイスブックに事故について心からの謝罪をかいていたが、他に何か言いたいことはあるか」と“直球”を投げ込まれると、うつむいてしばし硬直。こらえ切れずに泣き始めた。司会者にうながされて中座し、気持ちを落ち着かせてから再び会見場に戻った。

再開後は司会者がテニスの質問に限るように要請。それでも「テニスの世界に戻ってくるのは、君の傷を癒やすことになるか」という質問も出たが、これは司会者がさえぎって手短に会見を終えた。


ボウリングの「両手投げ」でピンを倒す力が15~20%アップする

今後のボウリングは、「片手投げ」から「両手投げ」が主流に!?現在世界的に有名なプロボウラーのジェイソン・ベルモンテ選手が、これまでの常識を打破る特殊な投げ方で好成績を収めたことで一気に広まったと考えられている「両手投げ」ですが、日本にも彼の投げ方を研究して真似たことで飛躍的にスコアを伸ばしている選手がいるようです。両手を使って投げることで、片手で投げるよりも回転数が高くなり、ピンに当たった時に吹っ飛ばす力が増すためストライクが取りやすいとのことです。そういえば、昔よくボウリングに行っていた友達が、「両手で投げた方が良い」と言いながらこの投げ方をしていました。当時は、「何言ってるんだ?」「変な投げ方だな」と思っていましたが、その友達の言葉は間違っていなかったことが証明されました。もし、友達があの投げ方を練習し続けて極めることができていれば、今頃ボウリング界のトップに君臨していたかもしれません。

話題の「両手投げ」について、全日本ボウリング協会に話を聞いた。

ボウリングの「両手投げ」が注目

両手でボウリングの球を投げる「両手投げ」が近年、注目を集めている。

今年3月に開催された「第47回神奈川新聞社優勝旗争奪大会」の個人戦で、両手投げをする15歳の畑秀明さんが優勝。

畑さんは小学4年でボウリングを始め、わずか5年で「両手投げ」をマスター。全日本中学ボウリング選手権と国体も連勝したという。

ネット上で「ボウリング革命」と話題に

「両手投げ」はテレビなどで放送されたのを機に、ネット上でも話題に。

「知らなかった」「私の知っているボウリングと違う」「奥が深い」「ボウリング革命では?」「やってみたら、結構安定するしメチャ楽しかった」「両手投げが主流になるのか」など、さまざまな反響が寄せられている。

最後の一歩と同時に、両手でボールを送り出す

「両手投げ」とはどのような投げ方なのか、「公益財団法人全日本ボウリング協会」に話を聞いた。

右利きの場合、ボールの指穴に右手の指を入れた状態で、左手を添えるかたちでボールを持ちます。

助走しながら、ボールは体の右側でやや後側で抱えて保持し、助走の最後の一歩と同時に、両手でボールを前方に送り出します。

ルールには「手で投げる」ことだけ規定

正式な投げ方なのか聞いたところ、

ルール上は手で投げることのみ規定されているので、試合でも両手投げはOKです。

とのことだ。

両手投げの選手が全米トッププレーヤーに

「両手投げ」は15年くらい前に両手投げのジェイソン・ベルモンテ選手(オーストラリア)が国際大会に出場して好成績を残したのを機に、注目されるようになったそう。

同選手は2002年世界ユース選手権大会で銀メダル、2004年アジアユース選手権大会で3種目で金メダル獲得し、全米プロボウリングのトッププレイヤーになった。

また、他にも両手投げで活躍している選手が徐々に増え、動画で情報が得られるようになり、若い世代を中心に憧れてまねる人が増えてきたことも影響しているという。

片手で投げるより「回転」を増やせる

「両手投げ」のメリットを聞いた。

通常ボウリングでは親指、中指、薬指の3本をボールに入れますが、親指の抜け具合がボールの回転に大きく影響します。

両手投げの場合、もう片方の手でボールを支えられるので、親指を指穴に入れなくても投げることができたり、早めに親指を抜くことができます。

それにより、片手で投げるよりもボールの回転を増やすことが可能と言われています。

ボールの回転数が増すと、ボールの曲がりを生み出しやすくなります。

ストライクは、ボールがピンに当たる際に一定の角度がつくと出やすくなり、この角度をつけるには、ボールを曲げる必要があるそう。

それによりピンを倒す力が15~20%増すと言われていて、これがメリットになります。

両手投げの選手が優勝した大会の動画を見ると、確かに力強い回転力が見て取れる。

両手投げはまだ少数派

世界では「両手投げ」が主流になってきているのだろうか。

まだまだ少数派です。現状では片手投げが大半を占めていて、両手投げは珍しい存在なので注目されています。

しかし、今後は「両手投げ」の比率が上がっていくことも十分考えられるという。

ボウリングのボールはとても重いですが、小さな子供(3歳くらいから)でも両手でなら投げられます。

小さいころから両手投げに慣れていると、そのまま成長して両手投げを続けていくということが考えられます。

ボウリングが「アスリートスポーツ」に?

また、両手投げは片手投げに比べて体幹部の強さがより求められるため、こんな未来も予想されるとか。

両手投げでボウリングを極めようとするならば、フィジカル面を十分に鍛える必要があります。

両手投げの発展によって、今後はレジャースポーツのイメージからいっそうかけ離れたアスリートスポーツへと変貌していく可能性が高いです。

「目指すのは同じストライク」

最後に、「両手投げ」が注目されていることについてこう話す。

両手投げは当初、目からうろこの投球方法で、それまでの常識を打ち破ったと言っていいと思います。

投球フォームは躍動的ですし、スピード感やダイナミックさがありますので、見た目にも派手で面白いと思います。

一方で、伝統的な片手投げも非常に緻密な技術を必要とするものです。

両手でも片手でも、目指すのは同じストライクです。

ストライクへのアプローチの仕方が増えたということは、ボウリングというスポーツの幅が広がることにつながります。

ボウリングの多様性が増して、新たに楽しんでくださる方が増えればと、大いに期待しています。


スポーツ中継、新映像技術が実証段階に NHK技研などが3D技術で臨場感

スポーツ中継に革命が起こる!?より分かりやすく解説し、そして臨場感たっぷりな映像をお届けするために、2020年の東京五輪に向けてさまざまな映像の新技術を実験しているようです。もしかしたら、今後はVR(バーチャルリアリティ)技術を用いて、まるで自分がその場にいるような感覚でスポーツ観戦を楽しめるようになるかもしれませんね。でも、専用のゴーグルを装着しなければいけない時点で、3Dテレビと同様に大して普及しなそうではありますが。ところで、すでに世間では東京五輪に対する期待や興味が薄れてきてしまっている感がありますが、また2020年が近づけば盛り上がることができるのでしょうかね?東京でオリンピックを開催したことで良かったことよりも、圧倒的に悪かったことのほうが多いという感想を持つような結果だけにはならなければ良いですけどね。

■選手のプレー、視覚的に解説

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、スポーツ中継を盛り上げる新たな映像関連技術が実証段階に入っている。バレーボールなどの球技においてボールの軌道を即時に把握し実際のプレーに合成して表示する技術や、視聴者が自由な視点で競技を視聴し楽しめる技術などが登場している。4年に1度の舞台で選手のプレーとともに、最新の技術を世界に発信する。

バレーボールの軌道が緑色で即時に表示され、選手が決めたアタックのコースやサーブの軌道の変化などが鮮明に分かる―。

NHK放送技術研究所(東京都世田谷区)はカメラを通じて被写体の3次元(3D)位置を算出する技術などを活用し、コンピューターグラフィックス(CG)でボールの軌道を即時に合成するシステムを実現した。リプレー映像での活用を見込んでおり、選手のプレーを視覚的に解説できるようになるという。

NHK放送技研の立体映像研究部に所属する高橋正樹氏は「選手らのプレーのすごさなどを分かりやすく伝えられる」と力を込める。バスケットボールや卓球など他の球技でも利用できる。

この技術は複数台のカメラでボールを追跡し、各カメラの向きやズーム値を基に3D空間におけるボールの位置を算出する。その位置情報を利用し、ボールの軌道をCGで即時に合成する。ボールの軌道だけでなく速度も割り出せる。今後は実際のバレーボールの試合などで試験し、ボールの位置を算出する際の明るさの影響などを検証する。

このほかNHK技研は音声合成技術を活用し、試合経過を自動で発話するシステムを構築した。NHKによると、五輪では国際オリンピック委員会が試合経過の情報を文書データで各放送局に配信している。同システムはそのデータを基に日本語の文章を自動で生成し読み上げる。人手の問題などで実況が付かないインターネット配信の試合映像に付加し、試合経過を聞きながら視聴できるようにする。韓国で18年2月に開かれる平昌五輪での実証を目指す。

一方、KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)はサッカーのリプレー映像などを自由な視点で楽しめる技術を開発中だ。複数台の高精細カメラで撮影した映像を基に3Dの映像を構成。これによりカメラを設置できない角度からの試合映像などが視聴できる。

視聴者が家庭で視点を自由に変えながら、リプレー映像などを楽しめる仕組みの構築を目指す。実用化に向けては「3D映像の作成までにかかる時間の短縮が課題」(KDDI総研)という。

東京五輪は技術力を世界に宣伝する舞台にもなる。その舞台で披露するため、各研究所は技術精度の向上や課題解決を急ぐ。


ロッテ新キャラ「謎の魚」“世界レベル”の知名度に 英BBC「世界で最も奇妙」

プロスポーツの世界では、それぞれのチームにマスコットキャラクターが存在することは珍しくなく、それは野球の世界でも例外ではなく各球団には個性豊かなキャラクターがチームを盛り上げています。特に、東京ヤクルトスワローズの「つば九郎」は選手やファンなどに一切媚びを売らない姿勢や自由奔放な性格がとても人気であり、「天に向かってつば九郎」というタイトルの漫画まで連載されるほどです。しかし、最近登場した千葉ロッテマリーンズの新キャラクターが、あまりにも奇妙でシュールであると日本だけでなく世界でも話題になっています。この注目度の高さは、さすがのつば九郎も嫉妬してしまうのではないでしょうか。

MLB公式サイトに続いて英公共放送が特集「ミステリーフィッシュが席巻」

ロッテの新キャラクター「謎の魚」が、米国だけでなく、英国でも注目を集めている。これまでMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が2度に渡って取り上げていたが、今度は英公共放送「BBCスポーツ」が「日本の野球チーム、千葉ロッテマリーンズには奇妙な新マスコットが存在する」とのタイトルで特集記事を掲載。シュールすぎるキャラクターの“詳細”を伝えている。

「謎の魚」は11日のヤクルト戦で第3形態を披露し、本拠地ZOZOマリンのファンを唖然とさせた。第2形態を披露した際に「NPBの新キャラ魚を観察しよう」と特集していたMLB公式サイトの「Cut4」はこれを受けて再び取り上げ、「頼む、助けてくれ」と“悲鳴”を上げていたが、その“波紋”はついに野球が盛んではない英国にまで広がった。

「BBCスポーツ」は、「千葉ロッテマリーンズは、これまでのマスコットに加えて、“ミステリー・フィッシュ”(謎の魚)を紹介した。どうやらこれはアンコウをモチーフにしているようだ」と推測。そして、「数週間前に球場へ初登場してから、球団のソーシャルメディアを席巻している」と伝えた。

ツイッターでも紹介「これが世界で最も奇妙な球団マスコット?」

記事では「謎の魚」の写真や動画を多く使い、「モチーフ」と予想した本物のあんこうの写真まで掲載。その上で「野球は日本で多大な人気を誇っており、代表チームはWBSCランキングで首位につけている」と、日本の野球人気についても“補足”。いかに日本で話題となっているかを強調している。

さらに、「BBCスポーツ」は公式ツイッターでも「謎の魚」の画像を掲載。「これが世界で最も奇妙な球団マスコット?」と一文を添えている。

ロッテは「謎の魚」が12日午前10時に幕張浜から海に戻ったと発表。「疲れました。昨日は反響の大きさにビックリ玉手箱でした。目立ち過ぎて街も歩けなくなりました。当分は静かにします。そっとしていただけると嬉しいです。6月末頃に戻ってこようと思っています・・・」という「謎の魚」のコメントも紹介した。

今後の展開も期待される中、この新キャラクターが世界中で反響を呼んでいることは確か。「BBCスポーツ」は「現在、千葉ロッテマリーンズはわずか19勝でパ・リーグ最下位となっている」とも説明を加えており、ロッテの球団名も急激に知名度を上げているようだ。


<東京五輪>大型バス「現状、全く足りない」関係者やきもき

何もかもがグダグダな2020年に開催予定の「東京五輪」ですが、果たして大丈夫なのかと本気で心配になってしまいます。ただでさえ渋滞が深刻な日本の交通事情なのに、東京五輪にて多くの人たちが集中してしまったら一体どうなってしまうのだろうか。東京五輪に向けて東京のタクシーの初乗り料金が下がったものの、一定以上の距離を走る場合は実質値上がりであるため、お客にとってもタクシードライバーにとっても不評です。やることなすことのほとんどがニーズに合ってないトンチンカンなイメージしかない東京五輪がどうなってしまうのかオラワクワクすっぞ。

◇試算で2000台必要も、確保できる見込みは半数

2020年東京五輪・パラリンピックで選手・役員、観客らを輸送する大型バスの確保の見通しが立たず業界や団体がやきもきしている。大会組織委員会の試算では期間中は約2000台が必要だが、夏休みで高校野球の応援や林間学校などが重なり、確保できる見込みは半数という。大会経費の費用分担は大枠で合意したものの、大会準備は約1年遅れていると指摘されており、東京バス協会は「現状ではまったく足りない」と訴えている。

同協会によると、東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県の協会加盟社が所有する大型バスは約3300台。学校の宿泊行事や高校野球の甲子園出場校の応援バスで、例年は約8割が稼働している。

大手の東都観光バスは「毎年利用してもらっている顧客もいる。五輪だからと急に言われても対応はできない」と説明する。すでに関東の他県にも協力を依頼しており、1都7県では4600~4700台と所有台数が増えるが、それでも見通しが立つのは組織委の試算の約半数という。

バス協会は約2年前から東京都や組織委などに現状を伝え、教育機関などとの調整を求めてきた。ただ、競技日程など未定の要素が多く、組織委は「発注方法などを検討中の段階」と説明している。

輸送は大会運営の根幹であり、政府も5月に都、組織委とともに「交通輸送円滑化推進会議」を発足した。バス確保だけでなく、交通規制など対策は多岐にわたるため、丸川珠代五輪担当相は「市民生活、経済活動に与える影響を最小限にして、大会輸送と一般交通の共存を図りたい」と述べた。【村上正】

◇組織委と都 第1弾の「輸送運営計画」提出

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は5日、選手や観客らの移動を確保する第1弾の「輸送運営計画」を国際オリンピック委員会(IOC)に提出した。五輪は約780万人、パラリンピックは約230万人の選手や大会役員、メディア、観客の輸送を見込んだ。18年度に専門家らの意見を基に詳細なルートや方法をまとめ、19年度にIOCの承認を得る。

計画では選手・役員と観客の輸送を分けた。選手らの関係者ルートはバスや乗用車を利用。空港や選手村、競技会場を結ぶ「大会ルート」を設け、事故や渋滞で大会ルートが使えない場合の「代替ルート」で備える。さらに練習会場に向かうルートも設置する。観客ルートは公共交通機関を利用し、最寄り駅からの経路を定める。

12年ロンドン、16年リオデジャネイロの過去2大会では五輪公園を中心に競技会場が集中していた。東京大会では首都圏を中心に分散した会場に輸送網を張り巡らせるため、組織委の担当者は「東京の輸送は挑戦が多い」と話している。【村上正】


メッシのテーマパーク、2019年に中国で開園へ

サッカーで有名なリオネル・メッシ氏が、2019年に中国でアミューズメントパークを開園!?「最新のアトラクションとサッカーをプレーする場所を組み合わせ、来訪者をメッシの宇宙に浸らせる」とのことですが、メッシが全世界で有名であるものの当然メッシに会えるというわけではないでしょうから、ただの広告塔でしかないという感じなのでしょうか。それとも、アトラクションや各種設備などに積極的にメッシの意見を取り入れたアミューズメントパークに仕上がるのでしょうか。何はともあれ、テーマパークが大好きな私にとって最近は新規テーマパーク設立発表のニュースが多くてとてもワクワクします。一体、どのようなアミューズメントパークになるのか今から楽しみですね。ただ、中国でオープンというのが少し不安になってしまいます。

サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシ(Lionel Messi)がレジャー産業に手を広げ、2019年に中国でアミューズメントパークを開園することが明らかになった。共同出資するベンチャー企業が1日、発表した。

「メッシ・エクスペリエンス・パーク(Messi Experience Park)」には、中国南東部にある南京(Nanjing)の約8万平方メートルの敷地内に、約20のアトラクションが作られる予定となっている。

中国の衛星テレビ局鳳凰衛視(Phoenix Satellite Television)やFCバルセロナ(FC Barcelona)に所属するメッシのマネジメント会社と共同でベンチャー企業を運営するメディアプロ(Mediapro)によると、アミューズメントパークは、「最新のアトラクションとサッカーをプレーする場所を組み合わせ、来訪者をメッシの宇宙に浸らせる」としている。

通算5度のバロンドール(Ballon d’Or)受賞を誇るメッシは、米経済誌フォーブス(Forbes)によると昨年のスポーツ選手長者番付で2位に入る年収8140万ドル(約90億円)を稼ぎ出している。【翻訳編集】 AFPBB News


1 2 3 4 5