グルメ 一覧

【裏メニュー】サイゼリヤの「ディアボラ焼肉丼」がサイゼ史上最強レベルのウマさ! しかもたったの469円

サイゼリヤに裏メニューが存在した!?その名も「ディアボラ焼肉丼」らしいのですがこれをそのまま注文してもダメらしく、ディアボラとライスを単品で注文しさらに焼肉とハンバーグの盛り合わせの焼肉だけを注文します。そうです、サイゼリヤの裏メニューとは焼肉とハンバーグの盛り合わせの焼肉だけを注文できることのようです。ちなみに、価格は200円ですから合計469円。あとは、運ばれてきたライスの上に焼肉を乗せさらにその上にディアボラを乗せて完成!これは確かに美味しそう!しかも安い!さすがサイゼリヤ!でも、一つだけ言わせて貰えるなら丼物ではないよね!?まぁ、そんな細かいことはどうでも良いですよね。重要なのは味ですから気になったかたはぜひ試してみてください。私は裏メニューを注文する勇気が無いので試さないか、もしくは焼肉だけという注文はせずに本来のメニュー通りハンバーグ付きで注文してしまいそうです。ただ、問題なのはサイゼリヤにはもう何年も行ってませんしこれから行く予定も全く無いということです。

数多くのファミレスの中でも “コスパ最強” といえば、ご存じ「サイゼリヤ」である。ファミレスが好きではない人はいても「サイゼリヤが嫌い」という声は聞いたことがない、愛され系イタリアンファミレスチェーン店だ。

サイゼリヤのメニューはどれもリーズナブルで激ウマだが、自称 “サイゼリヤのプロ” に言わせると「メニューには載っていない最強の裏メニュー」が存在するという。その名も『ディアボラ焼肉丼』──。ちょ、名前はメチャメチャ美味そうではないか……!

・サイゼリヤを愛し、サイゼリヤに愛された男

今回、裏メニュー『ディアボラ焼肉丼』の存在を教えてくれたのは、当編集部の篠宮だ。彼は超が付くほどサイゼリヤ好きで「僕ほどのサイゼリヤンは日本にも数人しかいないでしょうねぇ~」と豪語するほど、サイゼリヤ愛にあふれた男である。

またの名を「サイゼリヤを愛し、サイゼリヤに愛された男」だが、果たして『ディアボラ焼肉丼』とはどんなメニューなのだろうか? 今回は「食べたいなら一緒に行きますかぁ~?」と誘われたので、近所のサイゼリヤに同行することにした。

・衝撃のオーダー

そもそもの前提として、サイゼリヤに『ディアボラ焼肉丼』なんてメニューは存在しない。「ディアボラ」を単品で注文できることは知っているが、焼肉とはどういうことなのか? メニューを見ても焼肉なんて見当たらないぞ……? 戸惑っていると篠宮は店員さんに慣れた口調でこう注文した。

「ライスとディアボラを単品で。あと “焼肉とハンバーグの盛り合わせ” の焼肉だけを単品でお願いしますぅ~」

や、焼肉の単品だと……? 篠宮いわく、サイゼリヤでは「200円で焼肉の単品オーダーが可能」らしく、店員さんもあたり前のように注文を受けていた。サイゼリヤは好きだけど焼肉に注目したことはなかったし、しかも単品でオーダーできるなんて……!

あとはお察しの通り、ライスの上に焼肉……

ディアボラの順に盛り付ければ、裏メニュー『ディアボラ焼肉丼』の完成である!

というか、焼き肉丼の時点でウマいことが確定しているのに、さらにディアボラが加わっちまうなんて……激ウマの予感しかしない。さっそく、食べてみると……!

爆ウマァァァァアアアアアア! ライスと濃いめに味付けされた焼肉の相性は言うまでもないが、ニンニクが強めのディアボラが全体を3ランクほど上の料理に昇天させている!! さらにディアボラのシャキシャキ食感が最高ォォォオオオ! うんまぁぁぁああああああ!!!!!

「焼肉丼だけで食べるのは素人ですねぇ~。美味しいのは間違いないですが、食べ盛りの学生でもない限り、少々重いんですよぉ~。でもディアボラがあれば全体的にサッパリして普通に食べ切れちゃうんですぅ~」

パンチの強い焼肉と、酸味が効いたディアボラの組み合わせは、この上ない相性の良さ。これまでサイゼリヤで色々と食べてきたが、もしかしたら『ディアボラ焼肉丼』は同店最強レベルのウマさかもしれない。しかも税込469円とは恐れ入った。『ディアボラ焼肉丼』最高です!

ちなみに、篠宮は「月に1回しかサイゼリヤに行かない」らしいが、足を運ぶ前日は眠れないほどワクワクするという。彼は1度の濃さを大切にするタイプのサイゼリヤンなのだろう。……おそらく。

──そんなことはどうでもイイとして、『ディアボラ焼肉丼』はマジのマジでウマかった。「今まで色んな店舗で注文しましたけど、断られたことはないですねぇ~」とのことだから、興味がある人はぜひチャレンジしてみてくれよな!

参考リンク:サイゼリヤ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


製麺機オタクが作る年越しそばはどんな味? 秋葉原「あきば」の主人に聞いてみた

立ち食いだからと侮る無かれ!秋葉原にある立ち食いそば店「あきば」は、ミシュランの一つ星を獲得した名店で修行していた蕎麦職人でありその時に磨いた腕を惜しみなく発揮した贅沢すぎる蕎麦が食べられるお店なのである。私は近所に新しい蕎麦屋さんを見つけると必ず食べに行くほど蕎麦が大好きでなのですが、東京にもよく遊びに行くため「あきば」のお蕎麦を食べに行くためだけにちょっと秋葉原に寄ってみたくなります。今年はこの贅沢な蕎麦を年越しそばにしたいと思いますが、やはり大晦日と言えど混んでそうですよね。ただ、年末はほぼ間違い無く東京の友達のところにいると思うのでちょっと提案してみようかな。立ち食いそばというだけで偏見を持たれて拒否されてしまいそうですがこの記事を見せればきっと大丈夫でしょう。

バブル時代の頃、「ベルリン・天使の詩」という映画をみた。天使がベルリンに降りてきて、詩を語りながら人間になるというストーリーだったように記憶している。蕎麦の世界にも、手打ち蕎麦界から大衆立ち食いそば界に降りてきた蕎麦打ち達人が経営している店がある。秋葉原にある「あきば」である。

ミシュラン一つ星の手打ち蕎麦職人が、立ち食いそばに

「あきば」のご主人である石月準二さん(63歳)は日本橋室町にある「手打蕎麦むとう」で修業して腕を磨いた。ミシュランの★を獲得した名店である。その後、北区中里で「手打蕎麦いし月」を6年にわたり経営。紆余曲折あって一旦閉店し、2010年に「あきば」を開業し現在に至っている。

石月さんが最新の製麺機を購入し、「あきば」で破格に安いそばを提供し始めた時、師匠筋から「どうかしちゃったんじゃないか」と随分心配されたそうである。本人も「プライドのかけらもない」と自嘲している。

石月さんがなぜ手打ちから下界に降りて来るような経緯に至ったのか。それには深い理由があるようだ。

「手打蕎麦いし月」の時は、頂点に位置するような洗練されたそば粉を使って営業していたそうだ。しかし、売れ残ればそんな上質なそばも大量に捨ててしまうことになる。多くの手打ち蕎麦屋の個人店主が遭遇するつらい行為である。

「できればそんな無駄なことはしたくなかった」と石月さんは言う。そして、次のような結論に至った。「売れ残ってしまうような高級なそばにこだわるよりは、大衆そばでも安く食べてもらえるそばを作ろう」と決心したという。そばに対する深い愛情があることが想像できる。

「製麺機オタク」への道

 そして、ここからがすごいところだが、大衆立ち食いそば屋になったからといって、手を抜くことは微塵も考えなかったことだ。さらに面白いのが最新の製麺機を使っていくと、手打ちの時代には気がつかなかった発見が多かったという。石月さんは試行錯誤で作る様々な粉の配合や麺線のデータを蓄積していった。「製麺機オタク」といってもいいくらいに夢中になったそうだ。そして、製麺機と手こねを合わせる方法や、つながりにくいそば粉の対処法とか、普通のそば粉でもおいしくする方法もわかってきたという。

「あきば」では、1日5食限定で「十割そば」800円を販売しているのだが、以前は手打ちの店の時と同じ麺の太さ1.8mm、茹で時間1分25秒と頑固に決めていた。しかし、製麺機を使って試行錯誤していくと、自分が好んで使っているそば粉は2.0mm、茹で時間3分のやや太い麺の方がそばの香りや味が良いことに気がついたという。しかも、練り・荒のしを手で、仕上げのし・包丁切りは製麺機でやるという。麺を変えていったことで徐々にお客さんが増えて行ったという。

「完全なそばバカ」

 そんな話を聞いていると、仕入れ先の須賀商店の須賀謙一郎さんが秋田産の新そば粉を納品にやってきた。須賀さんいわく、「石月さんは品質に厳しい」、「手打ちから大衆立ち食いを始めた人は他にいない」、「完全なそばバカ」だと。

「あきば」で食べるそばは確かに洗練されている。つゆも高級なかつお節を使って引いた本格的なもので、老舗の味とでもいえばいいのだろうか、上質である。温泉玉子、もやし、わかめ、たぬきなどが載った「冷やかけあきばそば」560円は他では見ないメニューで人気である。しかし、「天ぷらそば」410円、「もりそば」360円、「かけそば」310円と大衆立ち食い価格で提供しているし、天ぷら種も春菊やかき揚げなど立ち食いそば屋のラインナップだ。

うどんにも手を出した

 うどんも製麺しているのだが、茹で置きはしたくないので、細うどんにしてそばと同じ茹で時間で提供しているという。手ごねうどんは隠れた人気メニューだ。

夏には仕入れた小麦粉から中華麺を作って、冷やし中華デーを開催したり、不定期だがそば打ち教室も開催する。今年も永平寺産のそば粉を使った十割の年越そばの予約を始めているが、うかがった11月30日にはすでに、予約が埋まりつつあるという人気ぶりだ。

手先や指の感覚はAIとは別物だよ

 帰り際、手打ちから機械派に転じ、今や麺線データも扱う石月さんに真面目に「来るべきAI社会をどう思うか」と質問してみた。

すると石月さんは「そば打ちのあらゆるデータが取れるなら、それは素晴らしいこと。でも、手先や指の感覚はそういうAIの知識とは別物だよ」

たまに食べに行くと、厨房から出てきて、最近のそば粉の情勢について舌も滑らかに説明してくれる。石月さんはそば打ちに対する情熱が非常に高い、(天使でなく)仙人のような存在なのだ。

「あきば」の入りやすさは立ち食いそば屋並みではある。しかし、その味のベクトルは老舗や手打ちの味に向いている。

INFORMATIONあきば

東京都台東区台東1-10-3 第95新井ビル 1F
営業時間 月~土 6:30~15:00
定休日 日祝


私、昆虫食べたかったの! そんなアナタに「昆虫食福袋」30個限定で販売中!

またまた、ヴィレッジヴァンガードの通販サイト「ヴィレッジヴァンガード オンライン」の商品紹介記事で申し訳ありませんが、紹介したくなるような面白い商品が次々と発売されるため関連記事が頻出してしまいます。今回は、クリスマスパーティーや忘年会など大勢で集まる機会が多いこの時期にピッタリ!?プレゼントとして使っても罰ゲームとして使っても間違いなく盛り上がる「昆虫食福袋」です。しかし、30個限定な上に限定価格でも3,500円、通常販売でも4,500円とかなり高い商品になっています。これだけの金額を出すならもっと相手に喜んでもらえそうなプレゼントを買った方が断然良い気がして来ました。そういえば、以前友達に新宿にある昆虫などのさまざまな珍味を食べられるお店に行こうと誘われたのですが、話を聞いただけで食欲が失せてしまうほど凄いものばかりでとても行く気になれませんでした。

ヴィレッジヴァンガード(神奈川県横浜市)の通販サイト「ヴィレッジヴァンガード オンライン」は2017年12月15日まで、昆虫食を専門で取り扱う通販ショップ「TAKEO」(東京都台東区)の「昆虫食福袋」を30個限定で販売している。

「昆虫食福袋」の中身は、粉末コオロギを20%使用したクリケットパスタ1箱と、「幼虫ミックス」1袋、キョクトウサソリ1缶だ。

サソリの毒は心配無用

クリケットパスタの原料は、食用管理の施設で養殖した粉末コオロギだ。通常のパスタと比べ、タンパク質やカルシウム、鉄分、ビタミンB12、オメガ脂肪酸を多く含んでおり、ソースなどの味付けとも相性が良い。

「幼虫ミックス」では、ミルワーム、サイズの大きいスーパーワーム、サゴワーム、カイコの4種を混ぜている。ミルワームは、魚や動物の餌として知られ、メキシコをはじめ世界各地で食べる習慣があるという。

キョクトウサソリの缶詰には、約4~5センチのサソリが2匹入っている。十分に加熱処理を施しているため、尾の毒針も心配せず食べられる。

価格は、税込3500円。通常の販売では、税込4500円に相当するという。

クリスマスや年末年始のパーティーで用意すると、盛り上がるかもしれない。悲鳴の大きさがそれを上回るかもしれないが。


からあげクン「ブラックホール味」 見た目に困惑も味は好評

真っ黒なから揚げというインパクト大な見た目と、ブラックホール味というこれまたインパクト大なネーミングをした今話題の「からあげクン ブラックホール味」。人気コミックス『宇宙兄妹』とコラボした商品のようです。黒い色をしたから揚げは最初は抵抗があるかもしれませんが、一度口の中に入れてしまえばピリッとした辛さがクセになる美味しさとの事です。まるで、口がブラックホールになったかのように次々とから揚げを吸い込んでしまいそうです。おそらく、ただの「ブラックペッパー味」として宣伝していたらここまで話題にならなかったでしょうから、「ブラックホール味」という名称を考えた人はかなり有能だと思います。「忖度御膳」にてファミリーマートが盛大に滑っていましたが、ちょっと変わった面白い名称を付けるのは重要なことですよね。

ローソンの「からあげクン」に「ブラックホール味」という謎のバージョンが登場し、話題を集めている。

からあげクンは、ローソンが1986年から発売している同社の看板商品。これまでも地域限定味やコラボ商品が数多く発表されてきたからあげクンだが、今回のブラックホール味は、人気マンガ『宇宙兄弟』とのコラボ商品だ。

『宇宙兄弟』は、宇宙飛行士になることを目指す兄弟を描いた物語。ローソンは現在、からあげクンを「宇宙日本食(※注)」として申請しており、その縁でコラボが実現した。今年の5~6月にかけ、『宇宙兄弟』10周年を記念して、「宇宙で食べたい味」のアイデアを募集し、そのグランプリに選ばれたのが「ブラックホール味」。ブラックホール味は、ブラックホールをイメージし、竹炭パウダーとイカ墨を使用し、ブラックペッパーが効いたピリ辛味だという。

【(※注)JAXAに認証されると、ISS(国際宇宙ステーション)で宇宙飛行士に提供される】

ブラックホールは極めて高密度かつ大質量の天体で、光さえも脱出できないという“宇宙の墓場”のような場所。どこか恐ろしげなイメージも漂うものを商品名に冠したからあげクンに対し、Twitterには、

“味の前に色がやばい。真っ黒”
“ブラックホール味??? ブラックホール食べたことないから想像できなーーい!(笑)”
“「ブラックホール味ください」って言うのが中二病ぽくて恥ずかしかったw”
“からあげ君ブラックホール味なるものを買ってみた。 見た目とか分からず買ったんだが…… なんじゃこりゃー!?!?!?”

など、多数の困惑の声が寄せられたが、肝心の味に関しては、

“見た目はあれだけど美味しかった~”
“ブラックペッパーがピリ辛。美味しいですよ! ブラックホールにのみ込まれずに、からあげクンを飲み込みました”
“「ブラックホール味」を早速買ってきました(^^) 少し辛かったけど、美味しかったです”
“ブラックホール味だってw 見た目チョコブラウニーに見えるくらい真っ黒~ 食べたらスパイシーで、超ビール飲みたくなった”

といった具合に、概ね好評だ。なお、ブラックホール味は全国の店舗で販売されるが、210万食限定とのこと。決選投票に残った「ギャラクシー味」(七味醤油マヨネーズ)、「地球は青かった味」(こだわりの塩と魚介類)、「煌めくオーロラソース味」(マヨネーズ+ケチャップ)なども気になるが、とりあえずブラックホール味を試してみる?
(金子則男)


【徳島 最新レポ】 栄養豊富な「ヤギアイスクリーム」 その味は?

「”ヤギアイス”って何だ!?」と思ったら、ヤギのミルクを使ったアイスクリームのようです。ヤギのミルクは栄養豊富だと話題になっているようですが、味に少しクセがあるとのことですから、食べ慣れていない味だとすぐに拒絶反応を起こしてしまう私が食べるのは少し危険かもしれません。でも、アイスクリームは大好きなのでぜひ食べてみたい!全国的に注目され始めているようですから、もしかしたらすでにどこかのコンビニが商品販売を視野に入れ行動を起こしている最中かもしれません。コンビにやスーパーなどで売られるようになったらぜひ食べてみたいので全国展開して欲しいですね。

ヤギのミルクを使ったアイスクリーム、全国的に増えつつあります。一体どんな味がするのか、気になる人も多いはず。徳島にも、ヤギのミルクで作られたというアイスクリームが、道の駅などで販売されています。

「ヤギアイスクリーム」は、ノーマル味のクリームに加え、プリンとヨーグルトがあります。製造は、徳島県南部の那賀町にある「ヒィジャーファーム」。

ヤギのアイスクリーム、試しに買って食べてみました。

なかなか濃厚な味ながら、サラッとした食感。普通の牛のミルクのアイスクリームと比べると、やや味にクセがあるとも感じました。好きな人にとってはこれはやみつきになりそうな味、ただ人によっては、プリンやヨーグルトの味がついたほうが美味しいかもしれません。120mlとボリュームあり、満足度は高いかと。

ヤギのミルクは栄養豊富であることからも、全国的に注目され始めています。徳島に行って見かけたら食べてみてはいかがでしょうか。


銀だこ もち+チーズ+明太の最強トリオ

美味しいけど高いたこ焼きとして有名な「銀だこ」から、「もち」「チーズ」「明太子」という最高の組み合わせが楽しめる新メニュー「もちチーズ明太」が発売されます。お値段は、なんと8個入りで680円!た、た、高すぎるー!!!たこ焼きは大好きですし銀だこももちろん好きなのですが、たこ焼きにこの値段を出す気にはならないためここ数年は全く食べていません。しかし、年末大感謝祭として11月29日から12月1日までの3日間は、なんと定番メニューの「たこ焼き(ソース 8個入り)」が100円引きの450円で販売されます!この機会に久しぶりに銀だこを食べに行きたいと思っていたのですが、驚くことにテレビCMで宣伝しているため間違いなく混雑し、たこ焼きを買うためだけに待ち時間が発生してしまいそうなので遠慮しておきます。たこ焼きを買うのに並ぶ気になんてなりませんからね。でも、ちょっとだけお店の前を通ってみて、空いてそうなら寄ってみようかな。

築地銀だこは「もちチーズ明太」を12月8日から全国の各店舗(一部店舗をのぞく)で発売します。価格は680円(8個入り)。

定番商品の中でも女性に人気という「チーズ明太子」に、特製もちソースをトッピングした期間限定の新作。

モッツァレラとパルメザンの2種のチーズをトッピングし、さらに特殊製法で作った固まらないもちソースと、博多の明太子を使用した明太子マヨネーズをのせ、明太子パウダーで仕上げたとのこと。


新潟ご当地グルメ「タレカツ丼」が全国の「かつや」で期間限定販売! 特盛りも

現在お昼前であるためお腹が減っており、この写真が目から離れずついつい紹介したくなってしまいました。「タレカツ丼」新潟県のご当地グルメとのことであり、見るのも聞くのも初めてですがとても美味しそうに見えます。とんかつ専門店「かつや」はこれまで一度も行ったことがありませんが、これを機に一度食べに行ってみるのもいいかもしれませんね。また、商品説明がシンプルなのもかなり好印象です。飲食店の商品説明やテレビ番組のグルメレポートなどを見てると、その商品の魅力を伝えようとするあまり必死になり、それらしい言葉を多く並べるだけで何一つ魅力が伝わらず、実際に食べてみたいと全く思えないことも珍しくありませんからね。

2017年11月17日(金)より国内におけるとんかつ専門店「かつや」にて、「タレカツ丼529円(税込)」、「特盛タレカツ丼745円(税込)」の販売が開始されます。

【商品概要】

今回のフェアメニューは、新潟発祥のご当地グルメ“タレカツ丼”を「かつや」自慢のささみカツを使い、ボリュームたっぷりに仕上げられています。揚げ上がったカツを特製の甘辛しょうゆだれにサッとくぐらせ、ご飯の上へ盛りつけ。

シンプルな一品ですが、もう一枚、もう一枚と食べたくなるような深い味わいがあり、これ以上もなく、これ以下もない、究極に無駄をそぎ落とした新潟の旨さの知恵を堪能することができます。

<タレカツ丼>
490円(税込529円)

<特盛タレカツ丼>
690円(税込745円)

【販売概要】

販売期間:11月17日(金)~1ヶ月程度
※在庫がなくなり次第終了となります。
販売店舗:とんかつ専門店「かつや」
販売時間:各店舗の営業時間


かっぱ寿司がフォトジェニックな「SUSHI CAKE」

かっぱ寿司が今年も超豪華な海鮮丼「SUSHI CAKE」を発売!なぜ英語なのか!?それは完全に謎ですが、不漁で高騰が続きサケのお腹を切り裂いて卵を奪う泥棒まで発生している北海道産のイクラを大量に使った贅沢すぎる海鮮丼になっています。写真を見ただけでもヨダレがたれて来そうな絶大なインパクト!これはあくまでもただのイメージ写真であり実物と大きく異なるという、まるでマクドナルドみたいなセコいことはしませんよね!?年末もしくは年始早々に大きな贅沢をしたい気もしますが、高級感が全く無いかっぱ寿司で1万円を使うのは少し抵抗があります。でも、やはり食べたい!

かっぱ寿司は12月6日から2018年1月8日までの期間限定で、昨年好評だった「至極の大桶シリーズ 冬 SUSHI CAKE」を発売する。完全予約制で価格は1万円(税別)。

「至極の大桶シリーズ 冬 SUSHI CAKE」は、卵のコクが強い北海道産のいくらを使用した鮮極いくら500グラムと、脂がたっぷりとのった大とろ25枚を贅沢に盛りつけた数量限定商品。

昨年の冬に販売したところ、多くの反響と再販要望が届いたことから、このたび再び販売する運びとなった。

直径約29センチ(約8人分)が盛り付けられた大桶は華やかさとインパクトがあり、年末年始のパーティーにぴったりのフォトジェニックな一品だ。


クア・アイナ人気バーガーをポテチで再現

「クア・アイナの人気バーガーとカルビーのポテトチップスがコラボレーション!」とのことですが、クア・アイナって何!?どこで流行ってるの!?私は、ポテトチップスが大好きなのですが、厚切りモッツァレラアボカドバーガー味なんて全く食べたいと思えません。なお、クア・アイナが何か気になって調べてみたところ、株式会社フォーシーズというところが経営し日本以外にもハワイやイギリスなどに出展するハンバーガーとサンドイッチのレストランのようです。日本は、東京のごく一部にしか出展してないんだろうなと思って店舗情報を見てみたら、意外なことに東京だけでなく地方でも多数出展している有名なお店だったようです。何てこったい!私、全然知らなかったよ!でも、ハンバーガーはモスバーガーとバーガーキングだけで十分だよ!

ハワイアンテイストのグルメバーガー&サンドウィッチレストラン「クア・アイナ」は、日本進出20周年を記念して、カルビーとのコラボによる「ポテトチップス 厚切りモッツァレラアボカドバーガー味」を発売する。12月下旬終売予定で、価格はオープン(想定価格は150円前後/税込み)。

「クア・アイナ」は、今年11月29日に日本進出20周年を迎えるにあたり、店舗以外でも「クア・アイナ」の美味しさと楽しさを届けたいとの想いを込め、カルビーとのコラボ商品開発を決定。人気メニューの「厚切りモッツァレラアボカドバーガー」をポテトチップスで再現した。

今回のコラボを記念して、11月26日の1日限定で、各店にて先着20人限定で「厚切りモッツァレラアボカドバーガー+ポテトチップス+ドリンク」の「20周年コラボセット」を20円で販売(通常価格1557円)。

また、抽選で1人に「ポテトチップス 厚切りモッツァレラアボカドバーガー味」が最大200ケース(2,400袋)が当たるプレゼントキャンペーンも実施する。詳細は「クア・アイナ」公式Twitterなど参照。


駄菓子食べ放題の「駄菓子バー」新宿にオープン 過去最大級の店舗が昭和レトロ一色!

昔懐かしの駄菓子たちが食べ放題となる「駄菓子バー」が、過去最大級の規模で明日11月17日にオープン!現在の三十代以上の人たちは、小さい頃にお小遣いの100円玉を握り締めて駄菓子屋に走り、大好きな駄菓子の中から今日は何を食べようかワクワクしながら選んだ経験があるのではないでしょうか?私も、三十代ですからこのような経験があり、今でもその時の記憶が時々蘇ってノスタルジックな気分に浸ってしまいます。今では、駄菓子屋さんのほとんどが潰れてしまい、昔懐かしい雰囲気を味わえる場所が減ってしまいましたが、子供の頃に誰もが夢見た「駄菓子を好きなだけ食べたい!」という願いを叶えつつお酒も楽しめるバーが新宿にもオープンします。私は、以前別の店舗に行ったことがあり行く前は駄菓子をたくさん食べるつもりでいたのですが、アルコールが入り他のフードメニューも食べなくてはいけないため、駄菓子は最初の数個しか食べられませんでした。正直、駄菓子はお酒と一緒に楽しむものではないと思いましたね。

駄菓子食べ放題や昭和レトロ感あふれる店内が人気のエンタメバー「駄菓子バー」の新店が、2017年11月17日、新宿・歌舞伎町にオープンする。

あげぱん、なつかしナポリタンも

「新宿駄菓子バー」の目玉は、店内が昭和レトロな街並みの中、中央部にある巨大な「駄菓子屋ひよこ」だ。「店の中に店がある」ユニークなつくりで、ワクワク感が楽しめる。「ひよこ」の中にある常時100種類以上の駄菓子は食べ放題。懐かしいものから最近のものまで幅広くそろっている。

また、フードメニューでは、きなこ、ココア、アイスあげぱんなど「給食のあげぱん」(200円)や「なつかしナポリタン」(780円)など、大人世代が喜ぶものが多い。

また、たこせん(180円)、よっちゃんいかチヂミ(480円)、じゃがりこポテサラ(450円)といった駄菓子を使ったメニューも。

2003年11月、恵比寿に第1店舗目をオープンし、2015年には初のフランチャイズ店舗となる「川崎駄菓子バー」、2017年6月には「かまた駄菓子バー」がオープン。「駄菓子バー」直営店は2016年オープンの「しぶや駄菓子バー」を入れて現在都内に4店舗を展開中。今回オープンする「新宿駄菓子バー」は、「駄菓子バー」内では最大級の広さの店舗となる。

場所は、東京都新宿区歌舞伎町1-6-2 T-wing5階。

詳しくはグルメサイトまで。

価格はすべて税別。


1 2 3 4 15