ゲームに30万円、親に怒られる…巡査4日失踪

スマホゲームに30万円も課金した男性が失踪!その理由は親に怒られるのが怖かったからだそうです。これだけの情報を見たら失踪したのはきっと小学生なのかなと思ってしまいますが、驚くことにこんな理由で失踪したのは20代の男性でありしかも長崎県警の巡査だそうです。もはや呆れて何も言えません。しかし、この男性は幼い頃から親に何もかもを制限されて育ってきて、少しでも言うことを聞かないときつく叱られるという洗脳を受けて来たんだろうなと思うとすごく同情してしまいます。自分の意思が一切尊重されず全て親の言われるがまま行動していると大人になってからもこのようなあり得ない行動を取ってしまうとどこかで聞いたことがあります。もちろん、そんな事実は一切無く普通の家庭で育ったにも関わらずこんな大人に育ってしまったという可能性もゼロであるとは言い切れないかもしれません。ただ、一般的な家庭で普通に育てられたにも関わらずこんな成長を遂げたのならそれはそれで恐ろしいですけどね。

長崎県警の男性巡査(20歳代)が今年2月、スマートフォン向けゲームに約30万円を使ったことを親に怒られるのが嫌で4日間失踪し、県警が巡査を本部長訓戒処分にしていたことがわかった。

処分は11月24日付。

県警監察課によると、巡査は県中央部の警察署に所属。2月2日の勤務中、ゲームで使った約30万円について、クレジットカード会社から支払いを求める督促状が届いたと、実家の母親から連絡を受けた。これ以前にも十数万円を使い、親との間で「ゲームをやめる」と約束していたという。同日は早退し、自宅に「捜さないでください」との書き置きを残して、失踪した。

書き置きに気付いた両親が、巡査が勤務する警察署に行方不明届を提出。山口県警が同月5日に、同県下関市内を車で走行中の巡査を見つけた。巡査は長崎県警に、「怒られるのが嫌で、お金が尽きるまで逃げようと思っていた」と話しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加