ローソンと日本郵便がロボット“無人配送”実験

ヤマ運輸や佐川急便が値上げしたため日本郵便のゆうパックが人気を集めているようですが、このような無人配送が全国的に普及させることに成功し配達員の負担が少しでも減ると良いですね。しかし、ドローンのように空を飛んで目的地まで送り届けられるシステムなら良いですが、地面を移動するようなものは事故や盗難などをどう対処するかが大きな課題となってしまいそうです。こういうニュースが出るたびに防犯対策はどうするのか気になってしまうのですが、詳しく言及されることが全然無いため不明なままなんですよね。まさか性善説に任せるなんていう無責任なことにはならないと思いますが、システム面では問題なく実装できる段階なのに防犯対策が上手く行かず実装できないことに業を煮やして問題が解決されないまま実装ということにならないことを願うばかりです。ところで、この無人配送用のロボットの顔何かに似てると思いませんか?格好いい真っ赤なボディに目の周りが黒いイカしたやつと言えばそうマーベルの人気キャラクター「デッドプール」ですね!

ローソンは12月21日、日本郵便と連携し、自律で陸上を走行する配送用ロボットによる無人配送の実証実験を、福島県南相馬市で実施する。

これは、ロボットの社会実装に向けた取り組みを積極的に進めている南相馬市のスポーツセンターの敷地内にローソンと郵便局の仮想拠点を設置し、郵便物やローソン商品を仮想の配達先まで、配送ロボットによって無人で配送する実験。

日本郵便は、ドローンや配送ロボットの新しい技術を物流に活用する検討を行っており、今回、初めて配送ロボットを用いた実験を実施することで、配送ロボットによる荷物等の輸配送実現に向けた取組みを進めていく。

また、南相馬市は「福島ロボットテストフィールド」を核とした「ロボットのまち南相馬」としてロボット産業の推進に取り組んでおり、今回の実験場所の提供のほか、配送ロボットの社会実装に向けた検討を行っている。

そしてローソンは、今回の実証実験を通じ、配送ロボットを活用して、注文を受けたローソン商品と郵便物を一緒に配送する仕組みの構築を検討していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加