嵐・松本潤も思わず「引きますよ」。二宮和也の“あるもの”への情熱の傾け方に「レベルが違います」

先日、人気の陰りから4割減益したことが判明したパズドラですが、あの国民的アイドル「嵐」の二宮和也さんはまだまだハマッているようです。これは、パスドラの開発を手掛けるガンホーにとっては朗報でしょう。有名人が熱中しているというだけで良い宣伝になりますからね。ところで、二宮和也さんと言えばゲーム好きで有名ですが、嵐としての仕事をしっかりとこなしつつ、大好きなゲームもただの片手間ではなく全力でやり込む姿勢は本当に尊敬してしまいます。私もゲームは大好きですが、どうも飽きっぽい性格なのでやり込む前に別のゲームに移行してしまいます。でも、その割りに積みゲーも多いんですよね。Steamだけで100本以上の積みゲーがあるかもしれません。

21日放送の日本テレビ系「PON!」で、アイドルグループ・嵐の二宮和也と松本潤がゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」への愛を語る場面が話題になっている。

同ゲームの5周年記念記者発表会の様子が放映された同番組。大のパズドラファンを公言している二宮だが、「どんな時にパズドラをしてる?」という記者側の質問に対して「どんなとき……」と返答に悩む。そこですかさず松本が「どんなときもです」と返し、二宮のパズドラにかける本気ぶりをアピールした。

松本は「(二宮は)パズドラをやるためにスマホがズレないためのシートがあるんですよ。シートの上にスマホを置いて、専用のペンでずっとやってるんですよ」と二宮のプレイスタイルを明かす。さらに「レベルが違いますよ、引きますよね」と二宮の“ガチ”プレイぶりに困惑する表情を浮かべていた。

同ゲームが5周年を迎えることを記念して、今月21日から「嵐」を起用した新作TVCM「5周年」篇が全国でオンエアされる。パズドラの盤面に見立てたカラフルなステージで、嵐のメンバーがステップを踏みながら巨大ドロップを受け渡していく様子を、賑やかな世界観とともに表現している。


<金正男氏殺害>逮捕の女、ジャカルタで予行か 1月訪問

何事も少しでも成功率を上げるために予行練習は重要でありますが、まさか金正男氏殺害事件においても予行練習が行われていたとは驚かされます。やはり、実際に手を下した女性がプロではないため事前に練習しておく必要があったのでしょうかね。しかし、金正男氏を殺害した女性は「日本人にドッキリを仕掛ける番組」だと思っていたと供述していますが、本当にそんなことがあり得るのでしょうか?ドッキリ番組の撮影だと思っていたら実は暗殺計画だった。事実は小説よりも奇なりとも言いますが、にわかに信じがたい内容です。どうですか?皆さんは、この女性の供述を信用できると思いますか?

マレーシア・クアラルンプール国際空港で13日に起きた金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件で、実行犯として逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)が事件前の1月下旬、「いたずら番組の撮影がある」と家族に話し、インドネシアの首都ジャカルタを訪れていたことが分かった。シティ容疑者はテレビ番組の収録と信じて金正男氏を襲った疑いがあり、犯行グループがジャカルタで予行演習をしていた可能性が浮上した。

殺害時の監視カメラの映像から、実行犯の女2人は数秒の間に金正男氏を襲って毒物を与えており、訓練されていたとの見方が出ていた。ジャカルタで予行演習をしたとすれば、こうした見方を裏付けるものだ。

シティ容疑者の義理の姉マラさん(25)によると、容疑者は1月22日、ジャカルタの西約80キロにある実家を訪れ、「ジャカルタでいたずら番組の撮影がある。上司から宿泊費をもらったがホテル代が高いので実家に泊まることにした」と説明。シティ容疑者は家族に、シンガポール対岸にあるインドネシア領のバタム島で女性用下着の販売店員をする一方、副業として、日本で放送するいたずら番組に出演するためマレーシアに度々行っていると話していた。

事件で指名手配された指示役の4人の北朝鮮国籍の男も、うち3人が事件当日にジャカルタ経由で逃走したほか、残りの1人についても1月19日にジャカルタからバンコクに出国した記録が残っている。

インドネシアは、初代大統領のスカルノ氏が北朝鮮の金日成主席と親交があったため、国民の北朝鮮に対するイメージは比較的悪くない。北朝鮮側は伝統的な友好国を利用し、計画を準備した可能性もある。


「LINE グルメ予約」が3月21日にサービス終了へ

えっ!LINEにこんなサービスがあったの!?初めて知りました。でも、これからも使うことはまず無いと思うのでサービスが終了してしまっても全く困りません。なお、以前はフードデリバリーサービスを利用できる「LINE WOW」というサービスもあったようですが、こちらもサービス開始から一年ほどで終了しているようです。LINEにグルメサービスのイメージが全く無いことに加え、新たなサービスを開始してもそれをユーザーに知ってもらえてないように思えます。LINEにどんな新サービスが追加されたかなんて自ら調べに行ったりまずしませんからね。今年の年始にやってた「LINEお年玉キャンペーン」も友達が送ってくれるまで全く知りませんでした。

LINEは、2015年7月から提供している飲食店ネット予約サービス「LINE グルメ予約」を、3月21日をもって終了することを発表した。同社では「さらなるLINEの事業拡大のために、既存サービスや新サービスの開発・運営に力を注いでいく」と説明している。

LINE グルメ予約は、お店探しから予約手続きまで、すべてLINEアプリ内で完結できるサービス。ユーザーはエリアと「デート」「ランチ」などのシーンを選択するだけで、Rettyやその他の飲食店口コミサイトで高評価の店舗を見つけられる。ユーザーが希望の店舗を選ぶとオペレーターが予約手続きをし、完了後は「LINE グルメ予約」公式アカウントから通知が届く。

2月20日時点の導入店舗数は約6万店で、ユーザー数は非公開。

同社は2014年10月にフードデリバリーサービス「LINE WOW」を公開したが、こちらも約1年で終了するなど、グルメ領域で立ち上げたサービスを短期間で閉じている。今後の飲食店予約事業については、他事業者によるLINEアカウント経由での予約対応の推進(機能追加)など、プラットフォームとして寄与していくとしている。


折り紙の老舗、大與紙工(株)が破産開始決定

今の時代、折り紙を売ることで利益を上げるのは非常に困難でしょうね。折り紙自体の需要が縮小していることに加えて、更に今は百円ショップでも取り扱っているため、そちらの方に数少ない需要を取られてしまっていたように思えます。自分が子供の頃に使ったことがある折り紙が消えてしまうのは少し寂しい気も少しましたが、良く考えてみたら折り紙という文化そのものが消えるわけではないためどうでも良い問題でした。

大與紙工(株)(TSR企業コード:570514568、法人番号:1120001024241、大阪市天王寺区空堀町16-8、設立昭和30年1月、資本金2000万円、浪花正夫社長、従業員16名)は1月31日、大阪地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には新宅正人弁護士(新宅法律事務所、大阪市中央区北浜2-1-3、電話06-6233-7474)が選任された。

負債総額は推定3億円。

明治24年に創業した染色紙の製造業者。第二次世界大戦中に一時中断したが戦後、事業を再開した。ピークとなる平成3年12月期の売上高は約6億7500万円を計上したが、以降は減収で推移していた。

18年12月期には、老人ホーム向けの「おりがみ塾チャレンジ」を開設して潜在需要の掘り起こしを図るほか、近年もアメリカやヨーロッパに販路を開拓し需要拡大を目指したが、思うような効果を上げられなかった。業績は低迷し一時、本社不動産に差押登記が設定されるなど資金繰りは厳しく、限界に達し、再度の資金ショートを起こし29年1月19日、行き詰まりを表面化した。


はるな愛、交際相手が自分名義で2億の借金 ニューハーフ専門詐欺師だった

オネェタレントであるはるな愛さんが、二十代の頃に交際していた男性に自分の本名である「大西賢示」名義で一億円以上もの金額を勝手に借金されていたことを明かしました。なお、その交際相手はニューハーフ専門の詐欺師との事ですが、そんなものが存在することに驚きます。しかし、他人の名義で勝手にお金を借りられることにはさらに驚きます。正直、「その話本当なの?」と疑ってしまうほどです。日焼け止めの新商品を宣伝するための作り話、もしくは似たようなことはあったけど内容をかなり盛っているのではないかと疑ってしまいます。また、「気をつけて」と呼びかけるなら、どういう形でその詐欺に気付けたのか、どういう点に注意したらいいのかも指摘するべきだと思います。

タレントのはるな愛が21日、日本テレビ系「スッキリ!」で、20代の頃に交際していた相手が、はるなの本名・大西賢示名義で勝手にお金を借りていたという驚きの理由で破局したことを明かした。

はるなは、日焼け止めの新商品発表会に登場。その後の番組インタビューで、はるなが20代の頃に交際していた相手と破局した理由がクイズとなって出題された。

はるなによると、その交際相手はセレブ感たっぷりで、身につけているものも高価なものばかりだったというが、実は、はるなの本名でお金を借りまくっていたという。

はるなによると、相手の借金額は「1億とか2億とか」と驚くほどの高額。「(当時は)戸籍とか取りやすかったのかな。彼の見た目も“大西賢示”に見えるし」と振り返り、「今まで食べたものや買ってもらったものも、全部その借金からだった」と衝撃の事実を明かした。

「あとで聞くと、ニューハーフ専門の詐欺師だった」で「今は全然どこに行ったかもわからない」という。そして最後には「気を付けて!オネエの皆さん!」と呼びかけていた。結局、弁護士に相談し、返済責任は免れたという。


コンビニ「セーブオン」 全店「ローソン」に変わる群馬県民の衝撃 消える看板 どうなる「焼きまんじゅう」?

先日、「セーブオンが消滅!」というニュースが群馬県民に小さな衝撃を与えたことは記憶に新しい。セーブオンとは、群馬県で生まれたご当地コンビニであり、上州名物「焼まんじゅう」が販売されていること以外に全く取り得の無いコニニである。そりゃあ、全店舗ローソンに生まれ変わってしまうのも仕方ありません。むしろ、その方が群馬県民にとってもいい気がしますけどね。なお、現時点ではローソンに生まれ変わったあとも焼まんじゅうの販売を継続するかは明かされていないようです。でも、群馬県民ってよく焼まんじゅうを食べてるものなんですかね?普段は全然食べないくせにこういう時だけ「無くなるのは寂しい」と言ってる人が多いイメージです。


パズドラ、人気陰り4割減益 ガンホー、対戦機能などでテコ入れ

一時期の人気は凄まじいものがありましたが、現在はその見る影も無く4割もの減益になっていることが判明しました。ユーザーを楽しませることではなく、いかに苦しませるかいかに課金させるかばかりを考えた末路ですね。しかし、長い間オワコンと言われ続けた割にはだいぶ持った方だと思います。未だにこのゲームで遊んでる人のほとんどはただの惰性だと思いますが、パズドラのこの惨状をV字回復させる起死回生のアイデアがガンホーにあるのか、それともこのまま終焉を迎えてしまうのか見ものです。グラブルやモンストもいつパズドラと同じくオワコンになってもおかしくありませんが、数十万円から数百万も課金したユーザーたちは一体何を思うのでしょうかね。課金した金額分楽しめたと心から思える人が一人でも存在するのか気になります。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは20日、主力のスマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」で、利用者同士の対戦ができるようにするなどの機能を2017年度中に追加すると発表した。同社の業績を牽引(けんいん)していたパズドラだが、2日に発表した2016年12月期連結決算は4割近い減益という厳しい内容で、人気に陰りが出ている。新機能でてこ入れし、業績改善につなげたい考えだ。

パズドラは12年2月に提供を開始しており、5年を迎える20日に記念のイベントを開催。この中でガンホーが発表した新機能は対戦のほか、3人で協力して遊べるようになることと、ゲーム内で取得したキャラクターを他の利用者と交換(トレード)できるという機能だ。森下一喜社長は、「3人協力とトレードは今春、対戦も年度内には実装する」と述べた。

パズドラをてこ入れする背景には、業績不振がある。16年12月期は売上高が前期比27.1%減の1124億円、営業利益が36.4%減の460億円、最終利益は35.7%減の279億円と大幅な減収減益だった。売上高の8割超を依存しているパズドラからの課金収入が減った。

昨年7月から中国で現地企業と共同でパズドラの配信を始めたが、定着率が低く、今年3月の撤退を決めた。今後はパズドラのてこ入れの成否とともに、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」向けの「LET IT DIE」など、他のゲームで収益力を高められるが課題だ。


文科省天下り、新たに17事案で違法確認 中間調査結果

文部科学省による天下りあっせん問題にて、新たに17件の国家公務員法違反が確認されたようです。えっ!たったの17件!?そんなに少ないわけありません!もっと何倍もの件数が存在するはずですから、引き続き厳密な調査を続けて全ての天下りを消滅させて欲しいものです。そして、違法であるのだからしっかりと法的処置を取っていただきたいものです。しかし、現実派いくら調査を続けてもこの国から天下りを無くすことはできないでしょうね。他人には厳しく自分たちにとことん甘いのが警察や政治の世界であっても当たり前のようにまかり通ってますから。

文部科学省の組織的な「天下り」あっせん問題で、文科省は21日午前、新たに17事案について国家公務員法違反が確認されたとする中間の調査結果を公表した。これまでに再就職等監視委員会に指摘されていたものと合わせ、法違反は計26事案となった。調査は継続し、3月末までに最終報告をまとめる。

中間報告では、同省人事課OBを介したあっせん構造について、複数の人事課職員が再就職などに関わる作業を引き継ぐ際のメモの存在が確認されたことも明らかになった。遅くとも2010年7月には存在していたとみられるという。


KANA―BOON飯田、清水富美加との不倫告白…事務所が対応検討

先日、宗教法人「幸福の科学」に出家した清水富美加さんが突如出版した暴露本の中にて書かれていた不倫関係にあった好きな人とは、人気ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシストである飯田祐馬さんだったようです。ていうか、飯田と書いて「いいだ」でなくて「めしだ」と読む場合もあるということを初めて知りました。清水富美加さんの暴露本が書店に置いて無くコピーした本を読んだと自ら割れ厨であることを暴露したラサール石井が、「中身はスッカスカでした」と発言していましたが暴露された側には確実にダメージが入ってることが確認されましたね。それにしても、コピーした本を読んだと堂々と発言してしまう頭の悪さに一番驚きました。

宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)の交際相手だった既婚者のバンドマンが過去に不倫関係にあったことを認め、所属事務所に報告したことが20日、分かった。

スポニチ本紙が19日付で報じた元交際相手のバンドマンは、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)。清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。

この日、飯田の所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」と説明した。飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かした。

一方の教団側は「本に書いてあることが全てです」と不倫関係については否定も肯定もしなかった。

飯田の所属事務所は「今後の活動などに関しては協議中」とし、近く対応を発表する見通し。別の音楽関係者は「本で清水さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、2人の中で気持ちの整理はついている。処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは」と話している。

◆KANA―BOON(カナブーン) 高校の同級生だった谷口鮪(ボーカル)、古賀隼斗(ギター)、小泉貴裕(ドラムス)に飯田を加えた4人組。12年に音楽オーディションでグランプリを受賞。13年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。メジャーでシングル10枚、アルバム3枚を発売。オリコン最高位はアルバム「DOPPEL」(13年10月)の3位。


「電波少年」のあの芸人 家族と金銭トラブル、絶縁状態 家族が無心し続けた理由

自分の息子から何度もお金を要求し続け、合計2000万円以上もの大金をせしめるような親なんて捨てて当然。誰も坂本ちゃんのことを親不孝者だなんて思いません。坂本ちゃんの弟が説明した身内の借金を肩代わりした発言も非常に怪しく、裏が取れるまでは絶対に信用してはいけない発言ですが、そもそも裏を取る必要などなくこのまま絶縁状態でいるようが坂本ちゃんにとっては幸せだと思いますけどね。坂本ちゃんの家族がどのような人たちなのかは全く知りませんが、客観的に見れば無心したお金を全て返却されない限り復縁は絶対に考えてはいけない家族に思いますけどね。

お笑いタレントの「坂本ちゃん」(50)が、20日放送のテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル」に出演。35歳でブレークしてから、家族との金銭トラブルに苦しんできたことを赤裸々に語った。

約17年前、当時大人気を誇ったバラエティー番組「進ぬ!電波少年」(日本テレビ)で「東大出身の美人家庭教師・ケイコ先生」と同居しながら二人三脚で東京大学合格を目指す企画でブレークしたのが35歳。最高月収は900万円あったが、現在は新宿ゴールデン街の「おともだちがやっているバーで週に1回アルバイトをさせてもらっている貧乏生活」という。

人気絶頂の時代、家族との金銭トラブルがあった。数日おきに数万円ずつ母親から無心されるようになり「今回だけ…」「本当に、これで最後だから」と言われ続け、結局は2000万円ほど振り込んだという。それでも要求は止まず、03年9月に電話番号を変え、引っ越し先の住所も知らせず、現在まで絶縁状態が続いていると打ち明けた。

弟は番組の取材に答え、兄の上京後、身内の借金を肩代わりした坂本家は多額の借金を背負ってしまい、資金繰りに苦しんでいたのだと説明し、「兄には申し訳ないことをした」と話した。今も息子を気遣う母の様子を聞かされた坂本ちゃんは、大粒の涙をハンカチで拭いながら「もう仕事もないし、貯金もないし…またお金をくれって言われたら、どうしようって、会うのが怖かった」と絞り出し、問題が起きたときは、きちんと家族と向き合うことが必要だと力説。会えずにいた自分が親不孝だったと悔みながら、また会いたいと嗚咽した。


1 2 3 4 93