ゲームは依存症を引き起こさない 学者が証明

オンラインゲームに依存症がないことが、英カーディフ大学の研究チームによって証明されました!しかし、悲しいことにオンラインゲームにハマっている人は現実世界に満足しておらず、職場や私生活での深刻な問題から逃避するためだったといことが判明してしまいました。つまり、リアルが充実している人ほどオンラインゲームには熱中せず、リアルに不満があればあるほどオンラインゲームにどっぷりハマり込んでしまうというわけです。まぁ、全てのオンラインゲームのユーザーが深刻な問題を抱えているわけはなく、あくまでそういった傾向が強いということが証明されただけですが、単純作業の繰り返しを強いられることが多いMORPGやMMORPG、もしくはソシャゲと呼ばれるスマホゲームに何年も熱中している人はこれに当てはまる人が多いように感じます。毎日毎日飽きもせず「日課」をこなすばかりで、本当に楽しんでいるのか本気で疑問です。

オンラインゲームへの熱中は「完全」な薬物・アルコール依存症と同様のものではない。「ゲーマー」にとって、ゲームは社会的ないし心理的不快感を鈍くさせるために必要なのだ。

研究者の観察によると、オンラインゲームをプレーする時、人々は本当の問題からバーチャル世界へと「逃げよう」としている。論文は科学誌『PeerJ』に掲載された。

英カーディフ大学のネッタ・ワインスタイン博士は「ゲームは心理的依存症の新しい形ではない。従って、ヒトが自らの人生に満足していなければ、ゲームは魅力的になるし、逆もまた然り」と述べた。

ワインスタイン氏らは、「ゲーム中毒」はアルコール依存症や薬物依存症と類似しているかを研究した。

チームは20〜40歳の参加者6000人を集めた。そのうち半分は友人や家族から「インターネットゲーム中毒」の犠牲者と考えられていた人々で、もう半数はゲームで遊んだことがない人々だ。

ワインスタイン氏が指摘するところ、双方の間に生活スタイルや行動に大きな差は確認されなかった。

唯一の差は、自身を幸せと感じている度合いだった。ゲームが好きな人々が述べるところ、ネットに「ハマり」始めたのは、そのプロセスが好きだからではなく、職場や私生活での深刻な問題から気をそらすためだった。

「ゲーマー」のわずか1%のみが、ゲームが生活に深刻な問題を引き起こしたと回答した。

従って、「ゲーム中毒」対策に必要なのはリハビリ施設に送り混むことではなく、その人物を幸せにすることだと論文は結論付ける。


マクドナルドのハッピーセットに「人生ゲーム」等が登場!―タカラトミー公式「よくできてる…楽しいじゃんか」

もう何年もマクドナルドには行ってませんし、ましてやハッピーセットなんて十数年以上も注文した記憶がありません。しかし、これは久しぶりにハッピーセットを注文したくなるようなおまけが登場しました!いい年してハッピーセットを注文するのは非常に恥ずかしいのですが、マクドナルド限定の「トランプ」「UNO」「モノポリー」がとても欲しいと思ってしまいます。特に、トランプ収集が好きでいろんなデザインのトランプに興味が湧いてしまう私としてはトランプだけは絶対に入手したい!というわけで、来週は久しぶりにマクドナルドに足を運んでしまいそうです。普通のセットと一緒にハッピーセットも注文すれば、子供に買って行ってあげると勝手に解釈してくれることでしょう。

マクドナルドは、タカラトミーが販売するパーティーゲームのマクドナルド版を「ハッピーセット」より発売しました。

本日11月17日より発売されるのは、「マクドナルドクルー 人生ゲーム」「UNO マクドナルド」「マクドナルド フィンガーツイスター」の3種類。これらのゲームがマクドナルドデザインに刷新されており、上記ゲームで遊んだ経験がある人でも新鮮な気持ちで楽しめるそうです。タカラトミー公式Twitterの中の人も、早速ハッピーセットを購入し、「マクドナルドクルー 人生ゲーム」のクオリティの高さに驚いていました。

11月24日からは「マクドナルド モノポリー」「マクドナルド トランプ」「ドナルド 危機一髪」の3種類のパーティーゲームが登場。なお、11月18日・19日限定でハッピーセットのおまけとして「ドナルドをみつけよう&ビンゴシート」が同梱されます。


<日馬富士暴行>内容異なる診断書2通 県警提出に骨折なし

さまざまな憶測を呼ぶ日馬富士による暴行事件ですが、日本相撲協会と鳥取県警に提出された診断書の内容が異なることが発覚した模様。一体何が真実で何が嘘なのか?なお、現場にいて日馬富士の暴行を止めに入った白鵬が、日馬富士はビール瓶では殴っていないと話していることも判明しています。たしかに、頭蓋骨が骨折しているにも関わらず全治2週間というのは違和感がありますし、髄液が漏れていたかどうかは見ればすぐに分かるのに”疑い”となっていることも不可解に思います。そもそも、頭蓋骨が本当に骨折していたらそのことが周囲にバレることなく巡業をすることが本当に可能なのでしょうか?外傷ですぐに異変に気付かれそうなものですけどね。しかし、暴行があったことは日馬富士自身が認めているため、全てが嘘ではないということも確かであり、何が真実で何が嘘なのか全く分からない状況です。また、これまでのさまざまな問題により角界が腐ってると思う人は多く、誰の言葉を信じれば良いのか分からないことも状況を複雑にしてしまっている要因に思えます。

大相撲の横綱・日馬富士関(33)が巡業中の鳥取市内で前頭・貴ノ岩関(27)に暴行した問題で、貴ノ岩関のけがの状態について、日本相撲協会と鳥取県警に提出された診断書の内容が異なることが17日、捜査関係者への取材で分かった。協会に対する診断書には頭部骨折などで全治2週間とあるが、別の病院が暴行直後に作成したとみられる県警への診断書には骨折の記載がなかった。県警は記載が異なる経緯を確認し、けがの状況などを詳しく調べる。

日馬富士関は10月25日夜、鳥取市内の飲食店で同じモンゴル出身の力士らと酒席を開催。貴ノ岩関の態度に激高し、暴行を加えたとされる。貴ノ岩関は翌26日の巡業「鳥取場所」に参加し、29日に師匠の貴乃花親方が県警に被害届を提出。その際、病院で作成された診断書も提供されたという。

貴ノ岩関は11月5~9日に福岡市内の病院に入院。九州場所初日の12日から休場し、13日になって日本相撲協会に「脳しんとう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋(ずがい)底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」という内容の9日付の診断書を提出した。

捜査関係者によると、県警に提出された診断書は暴行直後に病院で作成されたとみられるが、骨折の記載はなかった。後に日本相撲協会に提出されたものより症状が軽かったという。

暴行事件を巡っては発生当日に警察に通報がなく、被害届の提出も事件数日後と遅れている。県警は2通の異なる診断書が作られた経緯も含め、暴行とけがの因果関係などを捜査する。【園部仁史】


クア・アイナ人気バーガーをポテチで再現

「クア・アイナの人気バーガーとカルビーのポテトチップスがコラボレーション!」とのことですが、クア・アイナって何!?どこで流行ってるの!?私は、ポテトチップスが大好きなのですが、厚切りモッツァレラアボカドバーガー味なんて全く食べたいと思えません。なお、クア・アイナが何か気になって調べてみたところ、株式会社フォーシーズというところが経営し日本以外にもハワイやイギリスなどに出展するハンバーガーとサンドイッチのレストランのようです。日本は、東京のごく一部にしか出展してないんだろうなと思って店舗情報を見てみたら、意外なことに東京だけでなく地方でも多数出展している有名なお店だったようです。何てこったい!私、全然知らなかったよ!でも、ハンバーガーはモスバーガーとバーガーキングだけで十分だよ!

ハワイアンテイストのグルメバーガー&サンドウィッチレストラン「クア・アイナ」は、日本進出20周年を記念して、カルビーとのコラボによる「ポテトチップス 厚切りモッツァレラアボカドバーガー味」を発売する。12月下旬終売予定で、価格はオープン(想定価格は150円前後/税込み)。

「クア・アイナ」は、今年11月29日に日本進出20周年を迎えるにあたり、店舗以外でも「クア・アイナ」の美味しさと楽しさを届けたいとの想いを込め、カルビーとのコラボ商品開発を決定。人気メニューの「厚切りモッツァレラアボカドバーガー」をポテトチップスで再現した。

今回のコラボを記念して、11月26日の1日限定で、各店にて先着20人限定で「厚切りモッツァレラアボカドバーガー+ポテトチップス+ドリンク」の「20周年コラボセット」を20円で販売(通常価格1557円)。

また、抽選で1人に「ポテトチップス 厚切りモッツァレラアボカドバーガー味」が最大200ケース(2,400袋)が当たるプレゼントキャンペーンも実施する。詳細は「クア・アイナ」公式Twitterなど参照。


『ファンタスティック・ビースト』最新作、来年冬に日本公開へ! ファーストルックが一斉公開

世界中で大ヒットしたファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズの新作である『ファンタスティック・ビースト』ですが、最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が2018年冬に日本で公開されることが決定したと発表されました!最新作の主演キャストが勢揃いしたファーストルックも公開されたのですが、注目すべきはやはり中央の椅子に座るジュード・ロウ演じる若き時代のダンブルドア校長先生ではないでしょうか。とか言いつつ、私はハリーポッターは全作見たのですが、ファンタスティック・ビーストはまだ見ていないので今年中に前作を見ようと思っています。たしか、AmazonプライムでもNetflixでも無料で視聴できたはずですからね。もし、こちらの記事を読んでこれらの動画ストリーミングサービスを利用している人はぜひ視聴してみてはいかがでしょうか?

世界中で約900億円の興行収入を記録した『ハリー・ポッター』新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』の最新作が、来年冬に日本公開されることが決定した。邦題は『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に決まり、エディ・レッドメイン演じる主人公の魔法使いニュートら、主要キャストのファーストルックが全世界一斉公開された。

本作では、ニューヨークからロンドンの魔法界に舞台を移し、その先ではパリの魔法界へと舞台が繋がっていく。脚本は1作目に続き『ハリー・ポッター』シリーズの生みの親J・K・ローリングが執筆。デヴィッド・イェーツ監督のもと、『ハリー・ポッター』シリーズ第1作目より魔法界のホームグラウンドとなっているワーナー・ブラザースの英国リーブスデン・スタジオで撮影を行っている。

最新作で登場するダンブルドア校長の先生時代を演じるのは、『コールド・マウンテン』、『リプリー』で2度のアカデミー賞ノミネートを誇るジュード・ロウ。マグル(魔法が使えない普通の人間)よりも魔法使いのほうが優れているという思想を持つ、魔法使いグリンデルバルド役をジョニー・デップが務める。そのほか、ゾーイ・クラビッツがニュートの過去にかかわる女性リタ役を、カラム・ターナーがニュートの兄テセウスを演じ、キム・スヒョンが魔法サーカスの若手人気スターとして、ブロンティス・ホドロフスキーがが“賢者の石”を作ったとされるニコラス・フラメルとして登場する。

公開されたファーストルックには、レッドメイン演じる本作の主人公であり魔法動物学者のニュート、闇払いのティナ(キャサリン・ウォーターストン)、妹のクイニー(アリソン・スドル)、シリーズ初となる人間のジェイコブ(ダン・フォグラー)ら4人の仲間の続投キャストに加え、前作で未確認の結末を迎えた、謎めいた人物クリーデンス(エズラ・ミラー)と魔法動物に変えてしまう呪いの血の運び屋マレディクタス(クラウディア・キム)の姿、そして新キャストのダンブルドア先生、巨大な敵グリンデルバルド、謎の女性リタ、ニュートの兄テセウスらのビジュアルが収められている。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
来年、冬公開


日産経営陣、検査員不足「認識せず」 きょう最終報告書

「認識していなかった」と言えば責任から逃れられるとでも思っているのでしょうか?そもそも、上の人間がこの問題を認識していないわけがありません。また、もし仮に本当に認識していないのであれば、それは現場と全く意思の疎通ができていない証拠ですから、最低な企業であり最低な職場であることはまず間違いありません。本来は、認識していたことを認めた上で誠心誠意謝罪し問題を解決できるよう努力するしかないはずなのに、顧客の安全よりも自分の保身が一番大事だからこそこんな言葉が出て来てしまうのでしょう。日産自動車を購入してしまった人たちが不憫で仕方ありません。顧客を騙して売ったのと同義なのだから返品はできないのでしょうかね?

日産自動車の無資格検査問題で、日産が最終報告書を17日に国土交通省に提出する。生産拡大で多くの工場で検査員が不足したが、経営陣は認識せず、経営計画を推し進めて現場に無理が生じた▽不正を問題視する従業員もいたが内部通報制度が機能しなかった――などの調査結果や再発防止策が盛り込まれる。経営陣の意識改革も促す。

報告書は、カルロス・ゴーン会長や西川(さいかわ)広人社長ら役員約10人を含む計約500人から聴取した第三者調査などをもとに日産が作成。関係者への取材で、全容が判明した。

それによると、今回不正が発覚した「完成検査」は、新車の安全性をチェックする国の役割をメーカーが代行する重要な工程だが、日産本社は、検査の重要性を考慮した人員配置を怠った。

検査への意識が薄いまま、近年の生産拡大を推進。業績を伸ばすカギを握る米国と国内市場でのシェア拡大を目指し、2016年ごろから国内工場で増産や生産車種の移管を進めた。検査員の不足や配置のひずみが広がったが、経営陣は窮状を把握していなかった。


シャープのロボット掃除機、第三者が遠隔操作できる恐れ

最近は、IoT(Internet of Things)と言って何でもかんでもインターネットに接続する動きが盛んですが、このまま各メーカーが家電とインターネットを接続する需要が無いことに気付かずに突き進んだ場合、ハッキングを受けて外部から勝手に操作されてしまい、真冬の寒い日に家に帰ったらエアコンが冷房の最低温度設定になっていたとか、冷蔵庫の電源が勝手に切られてしまって中の物が全部腐ってしまったなどの悪戯が発生してしまうのでしょうかね。ただ、今回のロボット掃除機のように遠隔操作されたところで特に被害が出ないようなケースも多そうです。ところで、ロボット掃除機を実際に使ったことがないのですが本当に役に立つのでしょうかね?実際に使用している人の正直な感想を聞いてみたくても、住んでいる家の広さや間取りなどが全然違うためあまり参考にならなそうな気がします。

シャープのロボット掃除機「COCOROBO」を第三者が遠隔操作できる可能性があると、情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターが11月16日に注意喚起した。ファームウェアを最新版へアップデートするよう呼び掛けている。

発表によれば、COCOROBOのユーザーを区別する「セッションID」の管理に不備があった。同じLAN内の第三者がセッションIDを偽り、実際の所有者になりすましてCOCOROBOを遠隔操作できる恐れがあるという。

IPAの広報グループは「ロボット掃除機が外部から取得するデータは少ないが、情報漏えい・改ざんの可能性もある」としている。


「AIで弁理士が失業」に異議 「そんなに単純な仕事じゃない」 日本弁理士会の梶副会長

AI(人工知能)の進化により、今後は人間の仕事が減ってしまうと危惧する声が多数あります。しかし、弁理士さんが失業に追いやられることはまず無いと思います。仮に、あったとしても相当先の未来の話だと思います。たしかに、近年驚くほどAIの進化スピードが早まっているものの、現時点でAIが人間の代わりになれる仕事は計算によって答えが導き出せる分野や、決められた動作を繰り返すだけの単純作業が多く、クライアントとの対話や人間の気持ちを理解する必要がある分野にてAIが活躍するにはまだまだテクノロジーの進化が必要だと考えます。また、チェスや将棋だけでなく囲碁までもAIが最強となってしまった現代において、それらの競技のプロが失業していないことを考えたら分かりやすいですよね。いくらAIが優れているからといって簡単に人間の代わりになり、人間が不要になってしまうというわけではありません。

「AI(人工知能)が弁理士の仕事を奪う」――そんな報道に、日本弁理士会の梶俊和副会長が異議を唱えた。「弁理士業務は多岐にわたる複雑な業務で、人間味が必要な仕事。すぐに代替されることはない」と反論している。

弁理士業務は、定型的な書類作成や特許庁の手続きに始まり、発明者へのヒアリング、特許調査、明細書作成、商標登録出願、ライセンス交渉・契約、審決取消訴訟、侵害訴訟まで多岐にわたる。「30~40ほどの業務があり、かなりの部分を1人でやることが多い」という。

今年9月、日本経済新聞が「弁理士業務の92.1%がAIで代替可能」(野村総研と英オックスフォード大学の共同研究)と報じた。だが梶副会長は「これらの報道には具体性がない」と批判する。「弁理士業務の定義、92.1%という数字の根拠、ここで言うAIとは何か。代替する時期についても不確かだ」(梶副会長)

「最近はAIが人間の仕事を奪うという論調の記事も多い。作家、記者、会計士、医師などホワイトカラーの職業も例に挙がるが、果たしてそれはどれほどの脅威なのか」

梶副会長は、わずか1秒で天気予報記事を執筆したという西日本新聞の“AI記者”を引き合いに出す。人間の記者が日本気象協会から受け取った気温・降水確率など約20項目の天気予報データをソフトウェアに読み込ませると、1秒で文章を出力したというものだ。

ベースになっているのは、AP通信や米Yahoo!なども採用しているAI記者ソフト「Wordsmith」(米Automated Insights製)。西日本新聞では、記事のひな型となる文章、データに応じて使い分ける言葉や計算式などは人間が用意、設定したという。

「データを読み込ませたり、記事のひな型になる文章や言葉の選定など、重要な作業はまだ人間が担っている。このニュースを見て、どれほどの記者が職を失うと脅威に感じただろうか」

「人間が得意な部分は人間が、AIが得意な部分はAIに任せればいい」と梶副会長は話す。弁理士業務の中には「そう簡単にAIが代替できない部分が多い」という。例えば以下のようなものだ。

・知的財産とは「人間の生活を豊かにするもの」→AIに「人間とは何か」が分かるのか
・依頼人との空気感が重要→依頼人の放つ「空気」が読めるのか
・依頼人の意図を把握する必要がある→依頼人自身も気付いていない場合もある
・最適解は常に変化する→出願断念、応答断念が最適解の場合もある
・発明者を見抜く力がいる→発明者は往々にしてうそをつく

定型的な書類作成や情報検索、統計的分析などはAIに向くが、対人スキルが必要な場面は人間の方がうまく対応できるだろう。梶副会長は、AIで効率化できる業務はAIを活用すべきという考えだ。「発明者や依頼者の意図をくみ、いかに満足度の高い法的・技術的サービスを提供できるかが重要」とし、「人間とAIの協業」に可能性を見出している。


ガキ使年末SP、今年は 『アメリカンポリス24時!』 浜田「かなりのダメージ」

毎年恒例となっているダウンタウンのガキ使年末SP「絶対に笑ってはいけない○○24時」シリーズですが、今年は『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』であると発表されました。マンネリと言われていますが毎年視聴率は高いですし、やはり大晦日に放送されている番組の中では一番面白いことはまず間違いないと思います。一人で見ててももちろん面白いのですが、友達とお酒を飲みながら談笑しつつ見ると最高に楽しくて毎年楽しみな時間になっています。今年は一体どんなネタが組み込まれているのか今から非常に楽しみですね。やはり、ココリコの田中直樹さんの離婚について弄られるのでしょうか。以前、田中さんが息子さんからの手紙を読んで号泣するシーンがあり、それを見たときは私まで貰い泣きしそうになってしまいましたから、離婚報道を聞いたときはかなりショックでした。でも、田中さんが親権を持てたことに安心しましたけどね。

お笑いコンビ・ダウンタウンや月亭方正、ココリコらが出演する年末恒例の日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!』が『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』として12月31日の午後6時半から年をまたいだ深夜0時30分まで約6時間にわたって放送されることがわかった。

今回のテーマは「アメリカンポリス」。新人アメリカンポリスに扮した5人が、大物俳優が扮する署長との対面や訓練をはじめ、さまざまな研修を実施。これまでの“笑ってはいけないシリーズ”の実績を活かしつつ、新たな面白さが加わりスケールも拡大。豪華ゲスト扮する笑いの刺客たちが仕掛けるさまざまなトラップに挑む。

毎年注目のゲストも多彩で、新人アメリカンポリスになったメンバーの前には大物俳優扮する警察署の署長をはじめとして、板尾創路、ジミー大西などおなじみの常連ゲスト、人気俳優・女優、日本アカデミー俳優、有名文化人たち、スキャンダルタレント、メンバーの身内も登場。また、“笑ってはいけない”に加え、“驚いてはいけない”ブロックを設けられ、バラエティーに富んだ笑いを届ける。

収録は11月上旬、関東近郊の廃校になった学校二校を貸し切り、総スタッフ約500名、エキストラ数のべ130名、カメラ台数212台(CCDカメラ含む)を用意した大規模なロケを敢行。無事、“生還”した浜田は「久しぶりに○○頂きまして、かなりのダメージはありますけれども…」と意味深にコメント。松本人志も「今年とうとう、〇〇なのかなぁって諦めかけたんですが、まぁ間一髪、助かりました」と胸をなでおろしている。

■以下、メンバーコメント

遠藤章造(ココリコ)
今年も、無事に、怪我なく、終わりました。
ありがとうございました。

田中直樹(ココリコ)
ほんとに何度か、厳しい局面があったんですけども。
力を合わせて、乗り越えられたんじゃないかなと思います。

月亭方正
ぼくがほんと平均年齢で、
このガキの使いの、50歳の平均年齢。
ほんとに頑張ったと思います。

浜田雅功(ダウンタウン)
久しぶりに○○頂きまして、
かなりのダメージはありますけれども…

松本人志(ダウンタウン)
今年とうとう、〇〇なのかなぁって諦めかけたんですが、
まぁ間一髪、助かりました。

鈴木淳一番組プロデューサー
今回はアメリカンポリスということで、取調べやアクションものなど、笑いの仕掛けも超豪華です!
今の時代、「とにかく笑ってもらえるバラエティー番組」を制作できることは何よりも幸せです!


LINE、メッセージの「送信取消」機能を追加へ もう“誤爆“の心配ない?

LINEにメッセージの送信を取り消す機能が追加されることが発表されました!誤字や脱字のメッセージを送ってしまった、別の人に間違って送ってしまった、深夜のテンションや酔った勢いで変なメッセージを送ってしまったなど、さまざまな時に役立ちそうな新機能ですね。むしろ、今まで存在していなかったことが不思議に思うぐらいです。私も、何度メッセージの取り消し機能があれば良いと思ったことか!ところで、送った側が取り消しした場合は相手のスマホの通知画面からも消えるのでしょうか?それとも、LINEには表示されなくなるだけで通知画面はそのままなのでしょうか?いや、さすがに通知画面からも消えますよね。現時点では詳しくは分かりませんが、Twitterの通知がスマホに来た時にパソコンから確認するとスマホの通知も自動的に消えるので、おそらくLINEのメッセージを取り消した際も通知画面から消えるものだと予想します。というか、消えてくれないとあまり意味がないかも。

LINE株式会社は11月16日、コミュニケーションアプリ「LINE」で、送信したメッセージを取り消す機能を2017年12月以降に実装すると発表した。(生田綾/ハフポスト日本版)

これまでLINEでは、一度送信したメッセージを自分のトークルームから削除することはできたが、相手側には残ったままだった。今後は、24時間以内に送信したメッセージであれば、相手側のトークルームからも削除することができる。

同社の広報担当者によると、メッセージの取り消し機能を望む声はもともと利用者から上がっていたという。取り消し機能を追加することでアプリの使いやすさを向上し、コミュニケーションの選択肢を拡大させる狙いだ。「既読」がついたメッセージも対象になるかなど、詳細は12月の実装時に発表される予定。

24時間以内の「時間制限」を設けた理由について、広報担当者は「すべてのメッセージが取消対象になると、LINE上でのコミュニケーションのあり方そのものが変わることを考慮しました」と回答した。実装後、ユーザーの反応を見ながら機能をアップデートしていくという。

85%が「LINE誤送信」を経験

同社がLINE利用者を対象に実施したアンケート調査(※)によると、LINEでメッセージを“誤送信“した経験がある人は約85%。

誤送信の内容については、「誤字脱字があるメッセージを送ってしまった」とする回答がトップだった。その他にも、「メッセージの送信先を間違ってしまった」「意図しないスタンプを送ってしまった」などの回答が上位を占めた。

今後はこうして間違って送ってしまったメッセージはもちろん、送った後に「削除したい」と思い直した場合も、メッセージを取り消して「なかったこと」にできるようになる。

また、メッセージ取り消し機能の実装に先がけ、LINE利用者から「誤送信した体験談」を募るキャンペーン『#LINE 誤爆 Black FRIDAY』も11月16日から24日にかけて開催するという。

これまで「一度送ったメッセージは消せない」というイメージが強かったLINE。取り消し機能が付くことで、今後のコミュニケーションのあり方が変わっていくかもしれない。

——
(※)【アンケート調査概要】
調査方法:公式アカウント「LINE チーム」 Research Platform を利用した、スマートフォンによるモバイルアンケート
調査対象:「LINE」ユーザー
最終有効回答数:8577サンプル
調査期間:2017年11月10日~12日


1 2 3 4 236