スマホ画面に突然表示、偽の「ウイルス感染」警告 目的は?

とりあえず慌てる前にURLを確認しましょう。あれ名札みたいなものなんですから、素人でも簡単に出来る防衛手段ですよ。訪問してくる詐欺や偽警察に対して身分を証明してもらうよりも全然楽。ついでに類似したURLに似せてくる例もあるので、本物と見比べたり、ネットで真偽を確かめられたら完璧。まあその行動に及べる方はそもそも被害に遭ったりはしませんよね。あらゆる恩恵は詐欺とワンセットと覚えておかなければ絶好のカモにされるだけです。ただ今回の一件については多くの方が詐欺関連だと理解した上で、ひたすら広告の様に開かれることでの実害を被っている状況。ページを無駄に閉じさせるだけでも面倒ってお怒りが随分集まっているようです。


 「あなたのシステムは4つのウイルスによってひどく損なわれています!」――トレンドマイクロは11月15日、スマートフォンやタブレットでWebサイト閲覧時に突然表示される偽の警告について解説したブログ記事を公開した。対処法は「ブラウザのタブを終了せること」としている。

ウイルス感染を想起させユーザーをだます「偽警告」は、主にネット広告経由で拡散されている。偽警告の内容はさまざまだが、同社がAndroid端末で検証したのは(1)警告画面で「Virus」「Scan」などの単語やスマホの機種名を表示、(2)警告内の「OK」を押すとGoogleを偽装した画面に遷移し、アプリの入手と実行を促す、(3)画面内の「ウイルスを今すぐ除去」を押すと、「Play ストア」の特定のアプリに誘導する──というもの。2014年ごろから目立つようになったという。

同社によれば、アダルトサイトなどの閲覧時に遭遇することが多いが、「まとめサイト」やブログ、Wiki、掲示板などでも表示が確認されている。

誘導先のアプリは、セキュリティソフトやパフォーマンス改善のためのシステムユーティリティーソフトなどで、不正アプリを確認した例はまだないという。同社は、「Pay Per Install」(PPI)によるアフィリエイト収入がサイバー犯罪者の狙いではないかと考えている。

ユーザーの同意なく自動的に不正アプリをインストールできる方法は未確認だが、正規の「Play ストア」に偽装したアプリストアや、「Play ストア」上でも不正アプリが頒布されているのを複数確認しているという。同社は、セキュリティソフトなどを活用し、不正アプリや不正サイトをブロックするよう促している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。