友達のいない38歳がスケボーを始めたら悲惨な結果に「肩の骨を折って全治1か月、仕事も…」

若々しく体力勝負のようなスポーツをするようなご高齢の方もいるわけですし、年齢が原因と言うのは違うでしょう。怪我するときは若くたってやらかすんですから。むしろアラフォーからの運動って健康的にも良いものだと思いますよ。困窮生活になってしまったのは、単純に年収800万円の会社ながら、将来的な貯蓄も考えず意地で退社してしまったことと、デザイナーの仕事に固執していたからではないでしょうか?後は派遣という有給の無いタイミングで事故が重なってしまっただけのこと。要するに運が悪かっただけで、彼が挑戦しだしたこと自体は何ら間違いではなかったと思いますけどね。過去の失敗だろうと生かせず後ろ向きになっているとこの先こそお先真っ暗にしかなりませんよ。


 仕事もプライベートも代わり映えなく、毎日ルーティーンをこなすだけ。今まで付き合ってくれた飲み仲間も結婚し、一人で休日を過ごすことも多くなった。そんな寂しいアラフォーは新たな趣味を求めがちだ。一人キャンプ、一人ゴルフ、ツーリング、銭湯巡り……といろいろな趣味に手を出してしまうようだが、今回はその数ある趣味の中で、スケボーに手を出してしまった38歳の悲しい男の話をしていくことにする。

◆若者に交じってスケボーを練習する日々

錦野祐太郎さん(仮名・38歳)は、かつてはCM広告なども手がけるデザイン会社に勤務し、年収800万円を稼ぎ出してた。しかし、ワンマン社長に嫌気が刺して退社。その後、転職活動をするもいい職場に巡り会えず、現在の派遣デザイナーとして働くことに。年収は300万円。少しでも、生活費を浮かせようと、これまで住んでいた渋谷のマンションを引き払い、千葉県の松戸駅から徒歩20分の4万円アパートに引っ越したのが運の尽きだった。

「駅に出るのも大変。家の近くにはコンビニとガソリンスタンドしかなくて、休日ともなればやることがないんです。近所を散歩したりと引越してから1か月は郊外暮らしを満喫していたんですが、すぐに飽きてしまった。年収300万円じゃあ車を買うこともできませんからね。そこで、何か趣味をと思って始めたのがスケボーでした」

運良く家の近くの公園にはスケートボート広場があった。散歩途中、若者がスケートボートをしているのを目撃。意を決して一緒にスケボーをしてみることにしたという。

「中学生の頃、少しがじっていたというのもありますが、体を動かしたくて交ぜてもらったんです。交ぜてもらったといっても、スケボーを練習する列に並んだだけですけど。最初は挨拶程度だったんですが、技が決まったりすると“すげー”“今のかっこよかったっすよ”とか言ってくれるようになって、仲良くなったんです。そのときはスケボーってすごいなって思いました」

錦野さんがスケボー広場を訪れるのは夜22時頃。スケボー仲間の年齢層は10代の松戸ヤンキー風の若者がほとんど。中には仕事帰りの20代サラリーマン、何の仕事しているかわからない30代男性もいたという。そして、次第に打ち解けた錦野さんは彼らとLINEグループを結成するまでになった。

「初めてできた友達でしたね。40歳近くなると(技が決まって)褒めてくれる人っていないじゃないですか。でも、彼らは素直に喜んでくれる。お互いにLINE上で決まった技をアップしあったりして、喜びを分かち合いました。でも、調子に乗っていたんでしょうね。スケボーを始めて半年ほど経って、Kグラインドという技の練習をしていたときでした。思いっきり転んでしまって、肩の骨を折ってしまったんです」

自身がアラフォーだということも忘れ、調子に乗った錦野さん。全治1か月の左肩骨折の怪我を負うハメに。当然、右手一本ではパソコン作業をすることもできず、今の仕事を続けることもできなくなってしまった。

「若いコと一緒にいたから、自分もまだ若いんだって勘違いしちゃったんですよね。でも、こっちは仕事もあるアラフォー。派遣社員だから有給があるわけでもなく、すぐクビになってしまいました」

38歳でスケボーを始めたら、まさかの骨折に解雇。ますます困窮生活に陥ってしまったという錦野さん。その後、LINEグループからも脱退。スケボー広場のある公園に近づくこともなかった。38歳という人生の過渡期。閉塞感を打破しようと、何かを挑戦する心持ちは大切だ。だが、その方法は慎重に考えたほうがよさそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。