八角理事長「私としては貴ノ岩本人の体調が心配。協会としても一番の被害者だから」

この発言がもっと初期の頃から出ていれば相撲協会の印象も大分変わっていたでしょうに。「元気でいてくれれば…」なんて何で今更言うのですか?今まで散々誰が被害者なのかをちっとも発言せずに、横綱擁護ばかりだというのに呆れてしまいますね。どうせ「一番の被害者は我々相撲協会だ!」って思ってるんでしょう?順列を付けている時点で「他にも主張したい被害者がいる」と明言してるものですよ?今回の件に対して、正確な思惑が分からなければ貴乃花親方に関しては言及できませんけど、貴ノ岩以外の関係者は全員加害者か加害者同然の立場でしかありません。こころに疚しいものを抱えてる人間と言うのは発言の節々で、意図せずとも思惑が滲んでしまうんですよ。特に保身に走るタイプは。本音や事実ではなく話を盛ったり作ったりしてますからね。ボロが出るのが早い。


 日本相撲協会の八角理事長(54)=元横綱・北勝海=が6日、理由不明のまま大相撲の冬巡業を休場している幕内・貴ノ岩(27)=貴乃花=の現状を気遣った。「私としては貴ノ岩本人の体調が心配。協会としても一番の被害者だから」と語り、協会トップとして一関取の状態をおもんぱかった。

貴ノ岩が九州場所を休場するために提出した診断書は、協会が作成根拠を確認すると場所前には、ほぼ完治していることが証明された。それでも場所の全休に加え冬巡業も休む事態に。師匠の貴乃花親方(元横綱)によると症状が悪化しているそうで、貴ノ岩自身の所在も協会ではつかめていない。「元気でいてくれればいいが、どう悪化しているのか…。貴ノ岩が一番かわいそう」と理事長が休場した一関取を心配して言及するこの日の異例の発言につながった。

前日5日には協会執行部が休場理由を説明する診断書の提出を、貴乃花親方に文書で求めたが、この日は反応なし。通常は巡業前の番付編成会議での提出が義務だが、いまだに回答がない。危機管理部長の鏡山親方(元関脇・多賀竜)は「来ると思うよ、あしたくらいには」と診断書が届くことを期待した。早ければ今週中にも元横綱・日馬富士関が鳥取県警から書類送検され、貴乃花親方が協会に貴ノ岩の聴取を許可する流れになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。